ブログパーツ

04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nitro+のススメ2。 

前回に引き続き、nitro+のススメをやっていきます。


五つ目、「斬魔大聖デモンベイン」(PS2版は機神咆哮デモンベイン)
数あるnitro+の作品の中でも、一番有名なのがこの作品ではないでしょうか。
コンシューマ化、シリーズ化、アニメ化、漫画化など、多彩なジャンルに進出しています。
ジャンルは荒唐無稽スーパーロボットADVです。
熱血を得意とするnitro+ですが、
その中でもトップを争うほどの超熱血ストーリーであることは間違いないですね。
燃えるストーリーや、スーパーロボット物が好きであればやってみて損はないと思います。
余談ですが、マスターテリオン役の緑川光さんなどは、
デモンベインの「スーパーロボット大戦」シリーズ出演を希望しているそうですw。
出て欲しいですけどねw。

機神咆吼デモンベイン KADOKAWA The Best機神咆吼デモンベイン KADOKAWA The Best
(2006/04/27)
PlayStation2

商品詳細を見る



六つ目「塵骸魔京」(未プレイ)。
個人的に、このゲームはイグニス一択のゲームではないかとw。
それぐらいイグニスが魅力的です。
イグニス最高、やった事ないけどw。
話の設定も中々面白そうですが、若干ストーリーに難ありの様子。
雰囲気や絵柄やキャラが気に入ればいけるのではないでしょうか。

塵骸魔京 イグニス (1/7スケール PVC塗装済み完成品)塵骸魔京 イグニス (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
(2006/10/27)
不明

商品詳細を見る


七つ目、「月光のカルネヴァーレ」(未プレイ)。
nitroの新鋭、下倉バイオの処女作。
このカルネヴァーレは今までのnitroユーザーからは賛否両論ですが、
それでもなかなか高い評価を受けている作品です。
この作品はキャラがかなり魅力的だそうで、というか全員良キャラらしいですね。
主人公がチンピラらしいですがw。
サンプルCGを見れば分かりますが、塗りが相当巧いですよね。
艶があるというかなんというか・・・。まぁとにかく上手いんですw。

月光のカルネヴァーレ月光のカルネヴァーレ
(2007/01/26)
Windows

商品詳細を見る


八つ目、「続、殺戮のジャンゴ」
これは以前紹介しましたね。
久しぶりにnitroでシナリオを書いた虚淵先生の作品です。
個人的には一番オススメしたい作品ですね。
シナリオ展開にはワクワクしますし、ラストは本当に綺麗にスッキリと締めてくれます。
演出や音楽も一級品なので、単純に楽しめること請け合いですよw。
ただ、若干短いのが残念。
スケールもかなり大きいですし、まだまだ書ける余地もあったような気がしますが・・・。
しかしあのラストだからこそ良いって気もしますし、問題ないでしょう!
とりあえず、オススメです。

続・殺戮のジャンゴ  ~地獄の賞金首~続・殺戮のジャンゴ ~地獄の賞金首~
(2007/07/27)
Windows

商品詳細を見る



ふー、びっくりした。
まさか8作品もあげてしまうとは・・・。
まぁそれだけnitroが安定しているって事でしょうが・・・。
個人的イチオシは、ジャンゴとPhantomですね。
まぁ少しでも興味持っていただければ幸いですね、それでは今日はこの辺で。

nitro+のススメ。 

さて、長らく放置してた「ススメ」シリーズ第2弾を今日は書こうと思います。
・・・忘れてた訳じゃないんです、ただめんどかった、じゃない時間が無かっただけなんですw。

では早速、今日は「nitro+のススメ」です!

nitro+と言えば燃えゲー、燃えゲーと言えばnitro+、これはもう周知の事実ですね。
「燃えゲー=nitro+」という図式はテストに出てくるくらい有名です。
そして高水準の作品を輩出し続けているため、「ススメ」をやるのにピッタリな素材だったわけですw。
数ある作品の中から特にオススメしたい作品を選んでいこうと思います。



まず一つ目、「Phantom ~Phantom of inferno~」
えー皆さんは「nitroはいまだに処女作を超えられない」
という言葉をご存知でしょうか?
多少なりとも違いはありますがこういったニュアンスの評価がこの作品にはあると思われます。
その問題の処女作がこの「Phantom」なのです。
笑いなど必要ない、硬派一直線のこの作品は今も、
nitro+の看板作品として君臨し続けています。
nitro+の骨子とも言えるハードボイルド、燃え、バトル、人の生き死に等の要素を、
処女作ながら全てつぎ込んだ魂の一作。
これを書ききった虚淵氏、見事です。

ファントム Phantom of Inferno 廉価版ファントム Phantom of Inferno 廉価版
(2002/07/12)
Array

商品詳細を見る



二つ目、「鬼哭街」(未プレイ)。
「きこくがい」って、読むん、ですよね・・・?私は未プレイなんです、スイマセン・・・。
ある男の復讐の物語なんですが、ご他聞にもれず主人公が鬼強い&カッコいいw。
なにかの機会で戦闘シーンを見たんですが、台詞回しがカッコ良すぎる。
虚淵さんはマジでここら辺スゴイです。厨二病のドツボを突いてくる感じw。
後何気に妹ゲーとしても有名。ルイリーですね。
ニトロロワイヤルでは田村ゆかりさんがCVをやっていましたねw。はまり役でしたw。
鬼哭街鬼哭街
(2002/03/29)
Windows XP

商品詳細を見る



三つ目、「”Hello,world.” 」(未プレイ)。
nitro+初の萌えゲーというキャッチフレーズのこの作品。
確かに絵も可愛らしくなり、かなりゆるーくなった印象ですが、
まぁ「萌えゲーの皮をかぶった燃えゲー」というイメージが私にはあります。
あらすじは、
作られたロボットである主人公が人間の感情の調査のために学園に赴き、
様々な生徒達と交流を深めていく。
その中で、主人公は自分の意思を持ち始め、彼だけの価値観を深めていくのだが・・・。
と言った感じです。
主人公はロボットなのですが、彼が経験をつみ理解を深めていく心理描写が良く描かれているようです。
話のスケールも大きく、バトルも燃え、ラストは感動できるという高い評価を受けていますね。
ただ、「長すぎる」と言う声も良く聞きます。長すぎるのはキツイですよね、正直。
しかし個人的には、nitroの中で一番やってみたい作品です。
Hello, worldHello, world
(2005/11/25)
Windows

商品詳細を見る


四つ目、「沙耶の唄」
nitroの作品の中でもかなりの異色作。
この作品を機に、虚淵氏はしばらくnitroのシナリオから離れることになりますが・・・。
ジャンルはサイコホラーADVと言った所でしょうか。
まぁ紹介ページ見ればどんなのかは大まかながら分かるはず。あえて触れませんがw。
しかし、テーマに「純愛」が入ってます、この作品。
サイコホラーと純愛という、かけ離れているようなこのテーマを巧くまとめた良作。
予備知識無しでプレイしたら、一番最初のシーンの衝撃度はスゴイですw。あれは忘れられない・・・。
沙耶の唄沙耶の唄
(2003/12/26)
Windows

商品詳細を見る



ハッ、予想以上に長くなってしまった・・・。
あんまり長くなるとだれるし、私の日本語もおかしくなってくるので、とりあえずここらで締めます。
次の更新で全部紹介しきりたいと思います。それでは。

2005年のススメその3。 

さてさて、前回前々々回に引き続き今日もススメシリーズです。
いい加減にせいやボケェと思ってる方もどうかご付き合いください。
今日で最後ですんでw。へへっ、すいませんね。




じゃぁ早速!


1、「処女はお姉さまに恋してる」(OHP
女装物です。
エロゲーで女装物といえば私はコレが一番に上がってきます。
確か去年フルボイス版を買いました。
へへ・・・実は私女装物が好きでして・・・w気づけばamazonが発送完了してたって訳ですよ・・・w
でも今だに積んでます。誰のルートもクリアしてないのに・・・。
まぁとにかく、主人公が遺言か何かで女装して女子高に通うって話なんですが、
女装物って言うのも魅力ですがw、雰囲気が良いんですね、コレ。
「マジお嬢様校ってこんなのなんかな?」というネジの外れた考えが浮かんじゃうくらいw。
・・・ヤバいですかね?こんな感想持つのはw。



2、「最果てのイマ」(OHP
「家族計画」「CROSS†CHANNEL」などの様々な名作を生み出してきた田中ロミオ氏
迷作です。
この作品は人によって様々な解釈がされているんですが、
私はコレはかなり評価しがたい作品だと思います。
まず、作品の内容が長い。・・・とんでもなく長いらしいですね。
次に、1回プレイしたくらいでは話をまったく理解できないらしいです。
つまり何回も何回もオールクリアをするべき作品ということです。
これはどうなんでしょう?ただでさえ長いのに周回プレイ推奨・・・。正直厳しいですよね。

しかし、「面倒な思いをしてでもやるべき作品」という評価をすることも多いです。
それだけの価値がある、と。そういうことでしょうね。
普通のエロゲに飽きたり、じっくりとストーリーを楽しみたい人にはもってこいの作品でしょうね。
決して万人向けではありませんがw。




3、「GALZOOアイランド」(OHP
これは女の子モンスターを仲間にして悪い奴をやっつけるゲーム、らしいです。
ジャンルはRPGなんですが、アリスソフトのゲームだけあって中毒性のあるバランスに仕上がっているようです。
まぁ語らずとも分かるかと思うのですが、アリスソフトですから。
つまらないRPGな訳が無いw!
純粋にゲームとして楽しめる、アリスソフトらしい作品ですね。




4、「DUEL SAVIOR JUSTICE」(OHP
上のGALZOOとは違い、こちらはアクションゲームです。
さすがバルドフォースを作った会社だけあって、アクション部分はかなり面白いらしいですね。
後、ファンタジー物で主人公は中々モテモテらしいですw。
いやぁ、スマガで思い知りましたが、ハーレムゲーも良いもんですよね・・・w。
世界観は剣と魔法と、主人公は救世主の候補?だったかな?
そういう設定もまた、ベタだけど良いですよねw。
あと、主題歌最高!!



5、「グリーングリーン3 ~ハローグッバイ~」
エロゲーでシリーズ物で学園物といったらコレでしょう。
1と2をやっておくほうが良いみたいですが。
友人達とバカやったりと、青春って感じの内容ですよね。
コメディ要素あり、キャラクターの魅力あり、シナリオもきちっと〆る、
学園物のお手本みたいな作品だと思います。
気楽に作品を楽しみたい方にはピッタリかと。
後、すでにブランドが解散しているためリンクは張りませんでした。あしからず。



今日はこの5作品です。て言うかこれでこのシリーズは終わりです。
お疲れ様でした。

この記事で過去作品に興味を持つささやかなきっかけになってくれると嬉しいですね。

・・・しかし、やはり2005年恐るべし・・・。
私が紹介したのなんて一部ですよ・・・。まだまだ私の知らない良作が隠れているんでしょうね。
コレオススメっていう作品があれば、ぜひ教えてもらいたいです。



さてさて、今日はこの辺で。
それではまたー。





「メイドさん」大全 完全保存版―僕たちの大好きなメイドさんが大集合 (INFOREST MOOK)「メイドさん」大全 完全保存版―僕たちの大好きなメイドさんが大集合 (INFOREST MOOK)
(2005/05)
不明

商品詳細を見る

2005年のススメその2。 

さてさて、昨日も言ったとおりススメ第2弾です!



じゃあまぁちゃちゃっとやっちまいますか!



1、 「Fate/hollow ataraxia」(OHP

まずやるためには条件が一つ。
「Fate/stay night」をプレイすること。
これ、絶対条件です。
なんてったってステイナイトのファンディスクですから。
Fateが好きなら絶対にやるべき作品です。
ボリュームがハンパではなく、さらにファンディスクとは思えないほどしっかりしたストーリー。
さらにはミニゲームなどのおまけも充実と、まさに夢のような作品。もちろんファンにとってはですがw。
正直私的には、stay nightよりこのファンディスクのほうが面白かったですねw。
ラストバトル、最高でした!



2、「群青の空を越えて」(OHP

エロゲーではあまり見ない、ミリタリー、つまり戦争物です。
まず特筆すべきは、その世界観でしょう。
かなり本格的に練られています。日本が東と西に分かれて内戦になるんですが、
時代背景とか設定が綿密で、正直覚え切れないくらいでしたねw。
この作品は「オールクリアすることに価値がある」タイプのもので、
グランドルートをやってこそこの作品のキモが見えてきます。
こういったオールクリア推奨の作品は、最後にきれいな終わりを見せてくれる物が多いので、私はかなり好きですね。




3、「SWAN SONG」(OHP
この作品は、地震によって極限状態に追い込まれる人間達の物語です。
まぁつまり、狂気を主軸としている作品ですね。
ザッピングシステム(複数視点)による、シナリオの構成が素晴らしいそうですね。
正直かなり鬱な内容なんでしょうね・・・。ご都合主義な展開はほぼ無いみたいですし。
人の狂気をキチンと描いている、ある意味エロゲーだからこそ作れた作品ではないでしょうか。
ただの萌え作品が嫌いな人にオススメしてみたい作品ですねw。・・・ダメかな?



4、「夜明け前より瑠璃色な」(OHP

通称、キャベツ けよりなですね。
私は明け瑠璃って略してましたが・・・。
簡単に言うと、エロゲの入門作品って感じですか。
て言うかその一点に尽きるかと。
素晴らしく可愛いべっかんこう氏の絵、ツボを押さえたキャラクター、癖のなく読みやすいテキスト。
まさに初心者にはうってつけですよ!
一押しキャラは妹の麻衣ちゃん。いやー、 安玖深音さんの演じる妹キャラはすでに芸術の域ですねw!
あと、何気に声優が豪華です。手塚まきさんに三咲里奈さんに羽桜涼子さん。
この名前じゃ分かんないかも知れませんが、まぁ第一線で活躍している人たちですよw。
そういえば今度、PS2版を逆移植する、つまりリメイク版が出るらしいですね。




5、「ToHeart2 XRATED」(OHP
今のギャルゲーエロゲーの礎を作ったといっても過言ではない伝説の作品「ToHeart」の続編です!
いや、昔のエロゲとか良く分かんないんですが、私得意の「知ったか知識」でw。
内容としてはオーソドックスなんですが、雰囲気やらキャラやらがキチンとまとまっている、
よく出来た王道萌えゲーですね。
キャラクターが最大の魅力だから、キャラゲーとも言うのかな?
Leafの汎用人型決戦機、甘露樹さんが原画家を勤めているため、
キャラが最高に可愛い訳ですね、ハイ。
この作品も初心者にも安心して薦められる内容ではないでしょうか。
すべて高水準でまとまっていますし。
主題歌が良いですよね、タカ坊(主人公)の環境にずっとずっと憧れてますよw!





今日はコレぐらいにしときましょう。
明日が2005年のススメのラストです!
あ、あと紹介した作品だけでなくそのメーカーの関連作品も見ておくべきですよー。
人生と言える程の作品に出会えるかもしれませんww。


それでは今日はこの辺でノシ。





「妹ゲーム」大全 完全保存版―僕たちの大好きな妹キャラが大集合!! (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)「妹ゲーム」大全 完全保存版―僕たちの大好きな妹キャラが大集合!! (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)
(2004/06)
不明

商品詳細を見る

2005年のススメ。 

今日からカテゴリに新しく「ススメ」を追加しました。

このススメというカテゴリは、
紹介したい作品が多すぎる時や、
私自身は体験していないけど「評判が良い」、という作品を、ざっくばらんに紹介するコーナーです。


まぁ例えば、「nitro+のススメ」とかを次はやってみようかなと思ってます。
私はやったこと無い作品もありますが、nitro+には紹介したい良作が多いんで、それをまとめて紹介するみたいな感じです。




ちょっと分かりにくいですかねw。まぁいいや。
で、今日やる紹介は「2005年のススメ」です。

知っている方も多いと思いますが、2005年はPCゲーム業界の大豊作の年なんです。
私的にはコレを越える年はないんじゃないか、と思えるほどw。

んで、今回はその中でも特にオススメな作品を紹介していきたいと思います。
(リンクできるものはしていきます)



1、「 パルフェ ~ショコラ second brew~」
まぁこれは言うまでも無いというか。一度このブログで紹介しましたしw。
2005年を代表する作品の一つですね。


2、「車輪の国、向日葵の少女」OHP
これも前に軽く紹介したような・・・。
これも2005年の代表作でしょうね。
非常に独特でしっかりした世界観は体験する価値ありです。
あと、とっつぁんには名言が多すぎですw。「リラァックスしていいぞ」www。


3、「つよきす」OHP

この時期が一番旬だった「ツンデレ」をテーマに取り扱った作品で、登場するヒロイン全員ツンデレという異色作。
「あねしよ」を書いたライターということで、前評判も高かったんじゃないでしょうか。
この作品最大の魅力は、キャラとキャラの掛け合いにあります。
とにかくフカヒレやらカニやらの会話は爆笑必死なんじゃないでしょうか。
私もちょろっと作品の中身をプレイしましたが、かなり面白かったのを覚えてますねーw。



4、「あやかしびと」(OHP

はい出ました。私がいつか必ずやって見たい作品。
まぁそんな私情は置いといて。
ジャンルは伝奇物で、バトル物です。
とにかく熱いです。燃えまくりです。
こういったジャンルの中なら、群を抜いて評価が高いんではないでしょうか。
エロゲーってこういう作品があるから良いんですよねーw。


5、「プリンセスうぃっちぃず」(OHP)
とりあえずホームページにでも行ってキャラの絵を見てください。
・・・バリバリ萌え系ですw。
しかし!!これはただの萌え作品ではないのです!
後半に入るとかなりシリアスで、なんか聞いた話だと鬱展開になるらしいです・・・。
こんな可愛い絵柄なのに・・・。
とはいえ、話自体はとても面白く、萌えと鬱のギャップが良い感じらしいですね。
カードバトルも中々面白いらしいです。




・・・とりあえず今日はこの辺にしときます。
本当はまだまだいっぱいあるんですが、長すぎるのも良くないでしょうし。
ていうかまだ3分の1くらいしか紹介してないw。あらためて2005年の凄さが分かります。
ということで続きは明日、また紹介して行きます。

この時期の作品ならかなり安くなっていると思いますので、
気になった作品は思い切って購入するのもいいと思います。


そういえば、もやぎすさん「G線上の魔王」を購入した上に
「あかべそふとつぅ」さんの過去作品にも興味をもたれたようですし。
たまには過去の作品に目を向けるのも良いものですよねw。


それでは、明日また続きを書きます。
今日はこの辺でーノシ。







ツンデレ大全 完全保存版?僕たちの大好きなツンデレキャラが大集合!!ツンデレ大全 完全保存版?僕たちの大好きなツンデレキャラが大集合!!
(2005/09)
不明

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。