ブログパーツ

08 | 2017/09 | 10

イプシロンの方舟。 



KOTOKOさんのニューアルバム「イプシロンの方舟」、個人的には名盤「硝子の靡風」に勝るとも劣らぬ素晴らしい出来だったと思います。



イプシロンの方舟 <初回限定盤>イプシロンの方舟 <初回限定盤>
(2009/10/14)
KOTOKO

商品詳細を見る




今回のアルバム「イプシロンの方舟」は3rdの硝子の靡風のようにしっとりと聞かせる曲は少なく、トランス色を全面に出した「I'veのKOTOKO」らしさがハッキリと現れているのが特徴ですね。
それもそのはず、このアルバムはKOTOKOさんが作曲した曲が一曲しかなく、他は高瀬一矢氏、C.G mix氏、中沢伴行氏、luchi maiko氏などI'veの名だたる方々が手がけているのです。そのため「KOTOKOらしさ」と「I'veらしさ」のどちらも楽しめる仕様になっています。



では曲の感想を。


1.ε~Epsilon~
今回の題名にもなってる曲です。まだまだこれから無限の宇宙(可能性)が広がっているんだ!という強いメッセージを感じることの出来る、アップテンポで小気味良い曲。
2.リアル鬼ごっこ
映画の方は興味は無かったけど、劇場でこの歌が流れる所だけはその場で見てみたかったと今でも思ってますw。
3.-∞-DRIVE
ε~Epsilon~と連動しているような内容の歌詞。未来へ未来へ未来へ輝ける時へと飛ぶんだ、と言う思いのこもった曲だと思いますね
4.scene
非常に聞き心地の良いメロディーが印象的。この曲も「少しずつでも進んで行こう」というテーマの曲ですね。ここら辺りでこのアルバムのコンセプトというものが見えてきます。
5.雨とギター
題名からするとバラードなのかと思っていたのですが、意外に早いテンポの曲でした。このアルバムの中では歌詞の示す風景が非常に浮かびやすい作詞になっています。Amazonレビューの方の投稿によると「バンドメンバーの入れ替わりでの別れと出会いをモチーフに」しているとの事。なるほど、かなり切ないものがありますからね・・・・。
6.限界突破
「UZU-MAKI」から3年・・・・。この歌詞を見てから「KOTOKOさん大分悩んでたんだなぁ」と今更ながら気づきました。タイトルの限界突破と言うのはまさにKOTOKOさんの決意を表したものだった訳ですね。
7.モネラの絆
このアルバムの中でもかなりのお気に入りになっている曲です。歌詞が、かなり噛み砕かなければ解釈できない固く濃いものになってます・・・・・。Amazonレビューのべれ様の文を拝借すると「人間の体は宇宙だというけど私達自身が何かの細胞の一部かもしれないと考る」とラジオでKOTOKOさんが解説してらしたとの事。
8.ハヤテのごとく!
前の曲がシリアスだっただけに明るくノリのいいこの曲に入ったときのギャップが気持ちいい。強い意思のこもった歌詞は聞いててテンション上がりますね!ハヤテのごとく!の主題歌になってたのでこれからKOTOKOさんを知ったという方も案外いるでしょうね。そういう意味でも良い曲です。
9.RI←SU→KU
言葉遊びを用いた曲の題名はKOTOKOさんの魅力の一つ。リスク、クスリ。リスクを負う行為はクスリの様に魅惑的なもの、という意味だそうです。
10.HELLION
ヘリオン!!
でもよく聞くとヘロン!!って言ってる。しかもそのヘロンってのにも意味がある?らしい。奥が深い・・・・w。
11.Geoglyphs
伸びやかな声を強く意識する曲でした。今更ですが、歌かなり上手くなりましたよねー。
12.BLAZE
シャナの主題歌でしたよね?確か。この曲も素晴らしいのですが個人的にはSciometryの方が好きだったりするんですがw。でもこの歌も良いですねー。楽曲の効果音が心地良いです。
13.LITTLE BABY NOTHING
個人的にこのアルバムで一番の曲。なにやらカバーだそうです、更に全英歌詞、さらに初の男女デュエット、さらに男性ボーカルは高瀬一矢氏。
もう一発で虜になりました。KOTOKOさんはもちろん、高瀬さんの歌声もホント素晴らしい。もうこの曲大好き。

作詞というのは言葉の芸術、奥深い言葉遊び。限られたワードの中でどれだけ多くの思いを込めて魅力的にみせることが出来るか。
そう考える私にとっては巷に溢れる「出来事をそのまま描いた」歌詞よりも「抽象的で人によって様々な解釈の出来る」歌詞の方がとても素晴らしいと感じます。(もちろん出来事を描いた作詞にもメチャクチャ魅了される内容のものはいくつもありますが)
そのためKOTOKOさんの作詞は本当に自分のツボにはまります。何度も聞いて「この歌詞はこういうことが言いたかったのか」「こんな意味があったんだ」と自分なりの考えにたどり着いたとき、かなり嬉しく感じますw。



今回の歌は無限の未来へ向かって進んでいくという思いを込めて作った曲が全体的に多かった印象です。KOTOKOさんの心中を如実に示しているのかもしれないですね。

とりあえず今回のアルバム個人的には大満足!!気になる方は是非聞いて見てください!!オススメです!



ファン失格だよ!!。 



知らなかった・・・・・。
KOTOKOさんの新アルバムが発売されてたなんて・・・・。




イプシロンの方舟 <初回限定盤>イプシロンの方舟 <初回限定盤>
(2009/10/14)
KOTOKO

商品詳細を見る



ぼかぁファン失格だよ・・・・。1ヶ月も知らなかったなんて・・・・。
早速ポチらないと・・・。ニワカ乙と笑われてしまう・・・・・・。


今回の曲リスト

1. ε~Epsilon~
2. リアル鬼ごっこ
3. -∞-DRIVE
4. scene
5. 雨とギター
6. 限界打破
7. モネラの絆
8. ハヤテのごとく!
9. RI←SU→KU
10. HELLION
11. Geoglyphs
12. BLAZE
13. LITTLE BABY NOTHING


この中でテーマ曲として使われた曲は三つ、かな?
「リアル鬼ごっこ」「ハヤテのごとく!」「BLAZE」。どれも作品との雰囲気バッチリな良い曲ばかりです。

ということは、10曲も新曲があるわけですか!?最高じゃないですか!1はやく買わなければ!!


ちなみに限定版がどうやらメイキングDVDがついてくる様子。500円ほどしか値段変わらないし、どうせならこちらを購入しようかな・・・・。


曲の感想とかはまた届いたら書こうと思ってます・・・。




おまけで・・・・・・これで笑わない人はいるのだろうか・・・?w

Swinging Popsicle。 

Swinging Popsicleのニューアルバムが発売されました!!


LOUD CUTLOUD CUT
(2009/09/02)
Swinging Popsicle

商品詳細を見る


早速買ってみましたよー!!
カバージャケットは津路参汰氏が書いてますw。こういう絵柄もまた良いですねー!


あ、まずSwinging Popsicle(スウィンギング・ポプシクル)を知らない方に。
えーと、このブログ的な紹介をするならば、スマガ、スマガスペシャルの主題歌を歌っていた方です!!


私はスマガをやるまでこの方達を知りませんでした。しかしスマガのデモムービーが配信された時点でこの方達の歌う(a)SLOW STARの虜になってました、マジですw。
ムービーを見ていただけると分かるように、軽快なテンポから始まる非常に心地よい歌声がポプシクル最大の魅力。藤島美音子さんの上品な声が最高です。


他にこの方達の歌っているもので有名な曲といえば、またこのブログ的に紹介するなら、
「サテツの塔」でしょう。


この曲は型月のスタッフから秋葉のイメージソングとして認定されていまして、ポプシクルの歌と知らずに聞いていた時期がありました・・・・・w。たしかMステか何かにも出ていたと思いますが・・・・・。




とりあえず今回の曲ラインナップを・・・・・。

1. Perfect Loop (スマガスペシャル OP)
2. (a)SLOW STAR(スマガ OP)
3. Our Day Will Come
4. 静寂と流星
5. Good Time
6. Meet U
7. くるり 桜 ひらり(Swinging Popsicle Ver.)
8. 絶対的悲劇のテーマ(仮)
9. I just wanna kiss you
10. スノーイズム
11. 哀しい調べ
12. Aftergrow
13. Let Me Fry
14. Go on



とりあえず個人的に気になった曲に注釈を・・・・。

1. Perfect Loop (スマガスペシャル OP)
個人的に今回の目玉だと思っている曲。前作に負けないくらいの素晴らしい曲だと思います。ラストの方の盛り上がりが良いですねぇ・・・・。

3. Our Day Will Come
この曲実はですね、正式なタイトルは「UN-K.O~Our Day Will Come~」なんです。そしてなんとスマガの日常でのメロディのアレンジを使っているので(多分)、スマガをプレイしている方ならニヤリとなる筈。これは事実上ウンコマンのテーマ曲の様なものでしょうか。

8. 絶対的悲劇のテーマ(仮)
こちらはタイトル(仮)となっていて、CDでの正式なタイトルは「Tragedy in your brain」です。歌ではないんですけどね。

12. Aftergrow
この軽快かつ心地よいメロディこそポプシクルの真髄、と思える楽曲。何か一つの演劇を見ているような、そんな気分にしてくれます。歌詞も噛み砕きがいのある深い物になっており、このアルバムの中でもかなりの良曲かと。

9. I just wanna kiss you
10. スノーイズム
11. 哀しい調べ
14. Go on
こちらは何がしかのアレンジを加えているのかと思ったのですが、それはなかったようで・・・・・残念!!普通にアルバムから抜き出しただけですのでトランジットとGo on持ってる人にはあまり意味は無いかもですね。




最後にまとめとして一言・・・・・
ポプシクルの凄いところはBGMとして非常に役立ってくれる所。
まぁいわゆる作業用BGMのような聞き方でも全く邪魔にならないのです。
よくニコニコ等にある作業用BGMというのは何かを作業中にはどうしてもやかましく聞こえがちなのですが、ポプシクルは全く作業の妨害にはならない、まさにバックグラウンドミュージックとして、どんなシーンにも相応の雰囲気を持って答えてくれるアーティストさんだと思っています。・・・・・あくまで個人的にですよ?念のためw。


他のアルバムについてもまた紹介します。独特な作詞や作曲で確かな良曲を数多く作っている方達なので興味があれば是非アルバム等買ってみて下さい!!

Ducaさん。 

先日も言ったように、Ducaさんはもっと評価されるべき。


と言うことで及ばずながら私が、Ducaさんの布教活動にいそしんでみますw。
この方の歌う曲は普通にJ-popとして有線とかで流れていても全く違和感の無い出来だと思っています。
結局ニコ動に頼ってしまう訳ですが、私の思うオススメの曲をいくつか紹介してみますね。
ちなみに読み方はデュッカ、です。




一つ目、「アイの庭」
CUFFSさんから、「Garden」の主題歌ですね。マジで良いです、マジで良いですw。


作品は未完成商法と認識され、もう少し作りこめば名作になったろうに、と惜しまれていましたが。それでもこの曲の良さは色褪せる事はありません。まぁもちろん名作だったらもっと知名度上がったんでしょうけどw。
残念ながらフルではありません、フルは是非とも手に入れて聴いて欲しいなぁと思います。アルバムとかありますので。



二つ目、「Happiness」


この曲もDucaさんの代表曲だと思うのですがどうでしょうか?
個人的に一番好きな曲、すごく感情のこもった歌声が本当素晴らしい・・・・。



三つ目、「アマオト」。


「アメサラサ ~雨と、不思議な君に、恋をする~」と言うゲームの主題歌。
なんかのドラマで使われてそうな曲w。このライトなロックさ加減が私の趣味ど真ん中にw。ホントハスキーな声が魅力的でたまりません。



四つ目、「ラムネ」。


多分作品の知名度も相まってこの曲が一番Ducaさんの中で有名じゃないかと思いますが。
私はこの曲を聴いていると、かなりセンチメンタルな気分になってしまいます。まぁ色々と思い入れみたいのが入るんですよね・・・・w。なんかホント切なくなるw。




とりあえず四つ紹介しました。本当はまだまだまだまだ紹介したい曲がいっぱいあるんですが。
まぁここからは気になる方が手に入れてくれればと思います。
Ducaさんの所属している会社のホームページだったかな?に行けばDucaさんのアルバムを購入する事が出来ます。欲しい方は是非!!
本当に埋もれてしまうには惜しすぎるシンガーさんだと思うので、気に入ってくれる方が増えると嬉しいですねマジで。これからも布教活動をちょくちょく続けてみようかな・・・・・・w。

kotokoさんが、好きです。 

ν速で記事を見ていたら、「ブレイブルー」がPS3と360に移植決定だとか。
やったー、私は僅かながらもギルティに手を出していたので、その製作チームによるこのブレイブルーは兼ねてよりやりたいと思っていました!
本当ならばゲーセンでやりたいところですが、近所にはどこにも置いていないので・・・。


その記事によると、主題歌はkotokoさんが担当との事で。更に嬉しい仕様になってくれましたw。
・・・と思っていたら最後のほうに・・・・。
>なお、kotokoさんは4月21日でメジャーデビュー5周年を迎えるにあたり、
名前をKOTOKOからkotokoに変更している。

そうかぁ、KOTOKOさん改名かぁ・・・・。私は前のほうが良かったような気がするのですが、本人が考えて出した結果なのですから、他人がどうこう言う必要なんか無いですよね。
私は「好きなアーティストは?」って聞かれれば間違いなくkotokoさんを挙げますね。誰になんと言われようが「さくらんぼキッス」や「Mighty Heart」は名曲だと思いますし。一般の方には理解されがたいですけどねw。


という事で、個人的kotokoさんオススメ曲と言うか、私が気に入っている曲を、うーん・・・・11曲挙げたいと思います。中途半端ですが・・・・w。
今回は有名な曲はあえて選ばず、比較的マイナーな所から選びました。


1、unsymmetry
ダークな雰囲気が大好き。バラードはkotokoさんの声が堪能できるんで良いですよね。

2.Sledgehammer Romance
大好きですこの曲。ブレイブの曲はどちらも最高w。これだけテーマに沿ってしっかり歌詞書けるのって本当にすごいですよ。

3.Cream+Mint
歌詞もメロディもなんか甘ーい1曲。甘いだけでなくちょっと苦味のある歌詞があるのもスバラシイ。

4.Crossed Destiny
シリアスな中に疾走感のある曲。アリスソフトがkotokoさんを起用するって言うのもあまり見ない感じでGOODですねw。

5.room
きみあるのレビューで「EDテーマは普通」という意見をちらほら見て我が目を疑っていた時期が私にもありましたw。これ、名曲だと思うんですが。

6.HALLUCINO
kotokoさんの曲の中では一番最初の頃に知った曲。何でか分かんないですが、メロディも歌詞もガツンと来ましたw。

7.loose
エロゲの歌でこんな曲調でこんな歌詞の歌があるなんて・・・w。kotokoさんの凛々しい声が最高です。

8.Leaf ticket
この曲の歌詞センスには脱帽・・・。作品自体への感情も相まってkotokoさんの曲の中でもトップクラスに好きです。

9.遮光
歌詞が切ない・・・・。それにあった曲調がまた・・・・(;;)。

10.amethyst
「吐いた息だけが 明日を探している」・・・・この歌詞凄すぎません?w

11.Restoration~沈黙の空~
BALDR SKYの主題歌。ゲームをプレイするうちに大好きにw。曲調は若干ですが、わざと「Face of Fact」に似せていますね。



まだまだいっぱい好きな曲ありますけどねー。挙げだしたらキリが無いw。
kotokoさんの新曲、楽しみに待っておきます!!