ブログパーツ

03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百機夜行 って言う作品について。 




今日はちょっとこの作品に注目。



百機夜行 百機夜行 百機夜行
百機夜行


「百機夜行」
っていう最近発売された作品だそうなのですが。


絵が良すぎるでしょおおおおおおおおおおおお!???????






製作ブランドは地味に○○ゲーを連発する「G.J?」です。(いやホントただのイメージなのであしからずホント
に勝手に持ってるイメージなので)




G.J?って言うブランドの売りは10人に聞いて10人が「原画家の佐野俊英さん」と答えるんじゃないかなってくらい、佐野俊英さんの絵が魅力だと思っています。
巷の評判でも「佐野さんは恵まれない良絵師」とか「所属するブランド間違えてる」とか言われているのを何度も見てきてます。
それに、G.J?は「抜き」に重点を置く作品が大体なので、「これほどの実力を持つ佐野さんを使うのは贅沢というかもったいないというか……」って言うのがぶっちゃけ私の素直な感想でした。


自分は正直誇張なしに、Tonyさんと双璧を成す原画家さんじゃないかなと思っているくらいです。


そんな佐野さんの絵の魅力を、ようやく活かせる作品がG.J?から発売されたのか!と、思わせてくれる作品が今回のこの百機夜行になるわけです。
エロゲ批評空間見ただけですけど、評価はG.J?の中でもかなり高いらしく、しかもゲームジャンルはRTS(リアルタイムストラテジー)だそうじゃないですか!


今回の作品の方向性といいゲーム性といい、G.J?に何か合ったのかなと思わざるをえないほどびっくりな製品仕様。
しかもそのゲーム部分も決して悪くはないらしい……。
RTSとかバランス調整が大変そうなんですけどねー、そんな作品をいきなり出してきた経営陣の判断っていうのはまさしく謎ですが……w。


まぁそんな感じで、ようやく佐野先生が報われる時が来たのか!って思うとちょっと我慢できないものがあったのでこうして記事組んだ次第ですw。
合わせてグラフィッカーチームも良いお仕事をしているようで、時代に合わせた色使いというか、あまりケバケバしくない色調がまた作品の雰囲気にベストマッチしているように感じます。
もう正直キャラ紹介部分だけで言うとコンシューマ機でRPGとして出ててもおかしくないだろうってくらい素晴らしい出来だと思うんですよ。


うーん、これ旧世代の戦争モノが好きな友人そそのかして買わせてみようか……w。






ってことで「百機夜行」という作品の紹介でした。

本当個人的に佐野せんせいにはもっと合うべき作品があるはずってずっと思ってたので、今回のG.J?の挑戦には本当に敬意を評したいです。
エロゲーマーが求めているものは絶対RTSでは無いはずですから、その中でのチャレンジするって勇気にちょっと感動w。


後は……佐野せんせいもうちょっと色んなブランドなり作品なりで是非原画担当して欲しいなぁ……。それに足る絵を描けることはもう分かりきってることだと思うんですがねー……。

コメント

Re:百機夜行 って言う作品について。

佐野俊英さんって不遇絵師の代表格ですよね。絵は肉感的で好きなんですけどね。それにしてもいきなりリアルタイムストラテジーってハードル高すぎです・・・まあ評判良さそうでよかったですね。

Re:百機夜行 って言う作品について。

Tonyさんもよっぽどですけど、シャイニングシリーズが売れてるからまぁ……って感じですw。
まぁほんとどんな判断なんでしょうねRTSって。まぁ案外遊びで社員の誰かが作ったのが意外とよく出来ててみたいな感じなのかも知れないですねw。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/976-da5edc02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。