ブログパーツ

04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KindleFireHD買ったいました(スクショもあるよ)。 

Kindle Fire HD買いました!!


Kindle Fire HD 16GBKindle Fire HD 16GB
(2012/12/18)
Amazon.co.jp

商品詳細を見る



アマゾンリンクは16GBってなってますけどちゃんと32GB買いましたよ。






早速色々試してみたい!とは思ったんですが、やっぱり主な目的は電子書籍であるので。。。
適当に設定を済ませた後、まず一冊購入してみて感じを確かめてみました。


Screenshot_2012-12-26-00-38-13.jpg
まずここが言うなればデスクトップ画面。
ここから書籍を読んだり動画や画像を見たり音楽を聞いたりアプリを取ったりゲームしたりするわけですね。


Screenshot_2012-12-26-00-15-43.jpg
これが表紙の絵になります。
実際はもう少し鮮やかなんですが、アップローダーの関係で圧縮せざるを得なかったので…。



Screenshot_2012-12-26-00-16-00.png
そして実際の書籍部分がこちら。
実際の画面ではもうちょっと字が大きい感じですね。一段回拡大したぐらいが実際に見えるサイズなんじゃないかなと。
見てもらえれば分かる通り、字のにじみも全くなく拡大しても全然問題なし。
普通の書籍と見比べてみても全く遜色ない見た目になってます。
この上文字サイズやフォントも変更できるので、読みやすい環境って意味では実際の本に勝るとも劣らないものがあると思いますね。

もちろんインターフェースもしっかりしているし、動作も非常にスムーズでストレス無く読むことが出来ます。
大抵の人の想像以上に「使いやすい、読みやすい」と思える環境なんじゃないかなと思います。

ただ、素早くフリック操作して何度もページを捲りまくると画面描写が間に合わないです。
ページを間違えて戻ってしまった時に「ここ読んだ、ここ読んだ」って感じで捲り進めるときにはちょっとイライラしそうです。
ただ普通に読む文には全く問題無いのでそこはご安心を。


それから、スクショを撮った「こころ」は無料書籍です、一応報告までに……。






それから物は試しと、Kindleに動画を放り込んで再生してみました。


Screenshot_2012-12-26-00-39-25.jpg
周りの枠が若干暗いのは再生コンソールを表示しているためです。

Screenshot_2012-12-26-00-42-23.jpg
こちらが通常再生画面。


実際に動画を再生してみて、改めてその綺麗さにびっくりしました。
あまり7インチがどれくらいの大きさがイメージがつかない方も多いかと思いますが……7インチって結構でかいんですよホントに。
その画面でHD画質の動画を見ることが出来るっていうのは、自分の予想以上に自分を驚かせてくれました。

十分鑑賞に耐えうる、どころか美麗と言ってもいいほどのその画質は個人的には「思わぬ収穫」といったところで非常に嬉しい要素です。







何度も書いている通り、電子書籍を目的で購入しました。
実際に試してみて、自分の要望をしっかり満たした非常に満足の行く出来で、素直に「買ってよかったな」と思っています。

また、それとは別に高画質の画像や動画を楽しめたり、音楽やウェブブラウジングもしっかりこなせる…。
自分はタブレット端末っていうのを完全に侮ってたようですw。
元々電子書籍以外に全く興味がなかったので知らなかったのですが、ここまで色んな動作をこなせる端末だったとは……。
個人的には嬉しい誤算って感じでしょうか(無知ゆえの、ですがw)



まぁまとめとして
・電子書籍部分はとても良い、これから読書ライフが更に捗りそう
・画像や動画閲覧、音楽鑑賞インターネットなどなどこれ一つで様々な事をこなせる
・Kindleストアが若干もっさり動作
・Kindleストアのコンテンツ数がまだまだ少ない


最後の2つは初めて出ましたが、書いているとおりです。
Kindleストアで商品探している時、確実にもっさりしてます。もっさりというより……ラグ?って言ったほうが表現的には正しいかも知れませんが。

コンテンツ数に関しては、確かに少ないとは感じるのですが個人的にはAmazonの今までの実績を信頼してちょっと気長に待ってみようと思っています。
現時点ではこの少なさは不満であると同時にまぁしょうがないのかなと。
まぁ、Amazonの顧客サービスを鑑みるに楽天のkoboみたいにはならないだろうと踏んでいるので、そんなに心配はしてないわけですw。


電子書籍に取っつきにくさを感じる人もいると思うのですが(友人にひとりいましたw)、実際に触ってみるとそれは偏見だったって思うこともあると思います。
それくらい書籍を読むって点に貸しては個人的に不満はなかったです。

電子書籍を使うメリットデメリットをしっかり把握してから触ってみれば、電子書籍ってのも十分これからの視野に入ってくる代物だって感じることが出来るんじゃないかと私は思います。


以上、KindleFireHDを数日使ってみた感想でした。




追伸
最初に買った書籍はもう読み上げたのでまた今度感想を書きます。


それから、スクリーンショットの撮り方は「音量マイナスボタン + 電源ボタン」です。
一瞬パッと押すようなのじゃダメで、気持ち長めに押すようにしましょう。


それから。左上に出てくる文字(上のスクショで言うと「My kindle」の部分)。
ここはもし本名が出ていて、それが嫌だったら↓
Amazonの「My Kindle」から「端末の管理」、「Kindleの名前」欄のところの「編集」で設定を変更しましょう。
自分も本名が出ていたんですが流石にそれはちょっと……ですよねw。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/968-5335e0cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。