ブログパーツ

10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ブレイクブレイド 5,6章 感想。 

劇場版ブレイクブレイド5章6章の感想です。
是非「劇場版ブレイクブレイド 1~4章 感想。」と合わせてお読み下さい~。




劇場版 ブレイクブレイド 第五章 死線ノ涯[Broken Blade Vol.5] [Blu-ray]劇場版 ブレイクブレイド 第五章 死線ノ涯[Broken Blade Vol.5] [Blu-ray]
(2011/05/27)
保志総一朗、斎藤千和 他

商品詳細を見る


ジルグとの一騎打ちが描かれる5巻。
一騎打ちからの話は原作においても未だにライガットが引きずっているような超大きな出来事なのですが、ここで原作改変が入ってしまった…。まぁ製作者にしても尺が足らず泣く泣く、って言う感じだったと思うのですが(思いたいのですが)


なんというか……。
原作を薄めて作りましたって感じの展開だったかな。
個人的に納得行かなかったのは
・ジルグとライガットが味方ほっぽって一騎打ちする
・ナルヴィがニケに完敗する
・ナイルがイオに完敗する
・ジルグとライガットの関係が構築されていく描写が薄い



一騎打ちは味方が戦っててヤバイって時にいきなり始めたからびっくりしました。
さすがにその状況でそれは無理あるんじゃないかなと。一騎打ちキタとかそんなどころより何やってんのこいつらって思いが強かった。ナルヴィとかヤバイのにアホかお前らと。

ナルヴィはニケに機体完全破壊され、ナイルは軽くあしらわれてたのもすっごい不満。

まぁ、あくまで5章の本筋はライガットとジルグの信頼関係が生まれる点で間違い無いと思います。
ただ、それに至るまでの展開が無理矢理で、さらに2人の信頼を描く描写が弱い。
原作ではジルグが死ぬ時本気で悲しんだものですが、アニメでは
「あ、やられちゃった」としか感じませんでした。
そのくらい「アニメでのジルグ」に対して思う所が少なかったです。
スペルタ部隊に対する無双がなかったせいでジルグの圧倒的な強さもあまり感じることもなかったし、それによってライガットがジルグに対しての憧れや畏敬の念を感じる描写も説得力がない。

ジルグというキャラに対して何らかの感情というものを持つ暇もなく退場していった、っていうのがまさしくこの章のだめなところに繋がってるんだと思います。



まぁここまで結構酷評してますが、見れないほど酷い出来ではないなというのも素直な感想です。
完全に駄作って言うわけではなくて、思わず唸る場面とかもあったりはするんです。
ただ、やっぱり原作と見比べるとどうしてもここはこうして欲しかった、そこはそうして欲しかったっていうのが出てきてしまいます。今までが割と頑張って(無理して)原作準拠してただけに一気にしわ寄せが来ちゃった感じです。
でもジルグとライガットの関係をここまで薄めちゃったらブレイクブレイドという作品自体が歪んでくるんじゃないかなぁと、どうしても思ってしまうんですよね…。

あ、それから、戦闘シーンは相変わらず素晴らしい出来。どころかどんどん良くなってきてます、何度も見返してしまうくらいハイクオリティー。
戦闘シーンが主目的って方なら決して公開しない出来だと思いますよ、ホントに素晴らしいです。








劇場版 ブレイクブレイド 第六章 慟哭ノ砦 [Broken Blade Vol. 6] [Blu-ray]劇場版 ブレイクブレイド 第六章 慟哭ノ砦 [Broken Blade Vol. 6] [Blu-ray]
(2011/07/22)
保志総一朗、斎藤千和 他

商品詳細を見る


最終章となる6章。
正直5巻の時点で個人的には興味を失っていたんですが、まぁ一応見納めて置かないとなということで視聴。


「ああ…これは駄目だな…。」



5章の終わりあたりから怪しい感じはありましたが、最後の最後で完全にやっちまったなと思いました。
……ぶっちゃけもう感想書くのもめんどくさいなぁって思うくらい突っ込みどころが満載でした。
でもねー書いてもしょうがないんですよね…。もう終わったことだし、そもそもこうなったのは「6章構成の劇場版にした事」が一番の原因になってるわけですし。
実際に作り始める前からもうこうなることはほぼ決まっていたんじゃないかなと思っています。


本当に、こういうことを書くのは心苦しいし本意ではないんですけど、もうこれは「ブレイクブレイド」では無いんじゃないかと。
作品の最重要部分とも思える部分をないがしろにしちゃったら、もうそれはアニメ化をする意味なんて無いんじゃないかな…。






総評しますと、
1章 オススメ出来る!
2章 オススメ出来る!
3章 良作アニメ
4章 良作アニメ
5章 イマイチインパクト薄い
6章 色々と良くない



これは完全な原作信者の意見なので、原作を知らない方だとどう思うかは個人的には全く想像ができないのですが、それでも6章の無理やりっぷりはさすがにどんな人でも感じるんじゃないかなぁと。
もう他の感想やレビュー書いた方がさんざんおっしゃってると思うんで自分はあえて書きませんでしたが。


正直、ブレイクブレイドがアニメ化するって聞いたときは興奮したのものですが、蓋を開けてみればまさかの劇場版で…。
でもでも、そのころは空の境界がかなりのヒットを飛ばしていたのでブレイクブレイドもこれはブームが来る!!
と思っていたのですけど……。なんというかイマイチ盛り上がりきれない不完全燃焼感がすごかったですねー…。

なんとなく、邪推でしか無いのですがブレイクブレイドがいまいち乗りきれなかったのは、まぁ自分の感じてるままなんではないかなぁと。
スタッフさんがなんとか良い物にしようと頑張ってたと感じられる点は随所にあっただけに、やっぱり残念でならないです。

やっぱり尺の問題がなぁ…。もうちょっと時間掛けて丁寧に原作通り描いてたら、確実に名作になってただろうに。
全体的なクオリティは非常に高かったですし、実際オリジナル展開以外には不満点は全くと言っていいくらい無かったですから。
そう思わせてくれるくらいに制作側のポテンシャルも高かったのですが。





ま、あとは書いててもしょうがないのでこれくらいに。
以上が、個人的ブレイクブレイド劇場版の感想でした。

あ、今作の擁護って訳じゃないですが1章のBlu-ray買いました。
何度も書いていますけど、1章2章は出来素晴らしいですからね?自分の中で2章まではBlu-ray買うこと決定してますから。信者なんだからお金落とすのは当たり前じゃないですか!
とりあえず、興味があれば2章まで見てみることをオススメします。絶対時間の無駄にはなりませんから是非!(2章までは)

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/959-a6b9f8ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。