ブログパーツ

07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AURA PV公開。 

AURA、公式サイトにMOVIEが公開されています!!


劇場版AURA 公式サイト




以前、youtubeにPVっぽいのが上げられていまして、それで「PVキター!!」って喜んでたらそれは人類は衰退しましたのDVD特典だったようで……。
製作者さん誠に申し訳ありませんでした。人退の特典と知らずに、公開されたものとしてついつい見てしまいました…。
ホントに申し訳ない気持ちでいっぱいですマジですいません……。





このAURA~魔竜院光牙最後の闘い~は、現在私が一番楽しみにしている作品です。それはもうベルセルクよりも、ブレイクブレイド(公開当時)よりも。
元はガガガ文庫より発刊されたライトノベルで、「CROSS✝CHANNEL」や上述の「人類は衰退しました」などのストーリをー担当してきた(その業界では)超著名な方です。
今作AURAはその田中ロミオ先生が青春学園モノとして初のライトノベル出版をした作品なのです!!

ロミオ先生といえばキャラにアホみたいな会話させつつ、ストーリーの核に迫ると心をえぐるような展開を用意している恐ろしいシナリオライターさんですが。
このAURAでもそのロミオ節と言いますか、実際の学校社会の現実をリアルに書き出し時には風刺しつつ紡いでいくストーリーは健在です。もうこれがたまらない。

そしてストーリーもそうですが、本当に中学生に妄想するような事、そしてそれに伴う感情の機微を繊細に描いていて、まさしく青春小説!という内容なのです。
元々青春小説などの爽やかなラスト、気持ちのいい涙を流せるような作品が大好きな自分にとって、この作品ほどツボにハマるラノベはありませんでした。

なので自分は(若干冗談交じりながら)「映画は?」「映画化はよ」「さっさと映画化どっかやれや」とずっと言い続けてましたw。今回それが叶ッタとあっては、流石に見ないわけにも応援しないわけにも紹介しないわけにも行かないでしょう!!(映画館で見るつもりです)

個人的にはこの作品はラノベの層ど真ん中である中高生よりも、それを過ぎて少し冷静な目で見られる大人になった方にこそ読んで欲しい作品だと思っています。
そういう人たちだからこそ、一郎や良子の心情を痛いほどに理解できるはずだって考えていますから。
普通に生きる難しさを知りつつ狭量な世界を嘆く、酸いや甘いを少しずつ理解しだした時期の人にこそ……是非。





ということで、まぁ内容的にはAURAのムービーが公開されましたよってことです。
それに便乗してAURAへの自分の熱い思いを語らせていただきましたw。

私本当に映画化楽しみにしてますからね!本当に制作陣の皆さんお願いしますからね!!面白かったらゴリ押しでもステマでもなんでもかましますんでとにかくまずしっかり仕上げて下さいお願いします!!



…以上です。私の今作に対する熱い思いを少しでも理解できた方、是非「AURA~魔竜院光牙最後の闘い~」を手にとって見て下さい。
古本ならばかなり安く手に入ると思いますし。(古本勧めるのはどうなんだって感じですが、新刊としてはもう置いてなさそうだなぁって思いまして…w)
もちろん出来れば新品で買っていただければさらに良いですが。(多分帯がついてきますよ知らないけど!)


気になった方是非是非!!


AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る

コメント

Re:AURA PV公開。

AURAはJulyさんが度々宣伝していたから気になったという本なので、熱い紹介がなかったら読んでなかったと思います。そういうラノベがあると知ってはいたけど「魔竜院光牙最後の闘いってなんだよwww」って感じでしたしw

Re:AURA PV公開。

しゅないださんが手にとってくれて嬉しいですー!
もし気に入ったのでしたら、一風変わった青春ラノベとして他の方にもちょこっと勧めたりしてくださると嬉しかったりしますw。

内容を知らないと「魔竜院光牙最後の闘いとかwwwくせえwwww」ってなりますけど、読み上げた後だとこんなにセンスのある題名はなかなかないなぁって思いますよw。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/956-a82528b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。