ブログパーツ

05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーベルブラット12巻 感想。 




ユーベルブラット新刊出ましたねー。まぁ割と前ですけどw。
まぁ軽く感想を。


ユーベルブラット(12) (ヤングガンガンコミックス)ユーベルブラット(12) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/09/25)
塩野 干支郎次

商品詳細を見る



作者さんのコメントを見ていると、意識がかなり海外の方へ向いてきていると感じますねー。
海外での人気は日本のそれと比べても無視できないレベルのものがありそうですから当然といえば当然だし、喜ばしいことですけどねw。

それにともなってかは分からないですが、なんだかファンタジー成分が強くなった気がします。
いや、ホントに気がするだけで、実際には変わってないんでしょうけど、なんか雰囲気ががっつりファンタジー物って感じがする…ような…。
まぁこれ元々ファンタジーなんですけどねw。


後特筆すべきは絵でしょうね。
色々作品を掛け持ちしていたりのの影響がモロに出てるのか、非常に絵がうまくなってらっしゃると思います。
全体的に画力向上、特に女の子がしっかりと丸みを帯びた可愛らしい顔になってるのがとてもイイです。

背景も書き込み量が凄い。珠に出てくる見開きのシーンとかはベルセルクやヒストリエを彷彿とさせるくらい丁寧に書き込んでいます。
絵の上達と相まって非常に良い雰囲気を醸しだしてくれるんですが、この書き込み量でこれからずっとやっていけるのかなと、少々不安になったりもします…w。、
前例に挙げたヒストリエやベルセルクは連載が不定期になっちゃってますしね…w。



というわけで12巻全体的に楽しめたんですが、一つだけ不満が…。
もうちょっとエルサリアとケインツェル会話増やしてくれればよかったのにw、。
尺の都合上しょうがないとしても、あんだけ待ち望んでだケインツェルの復活に全員ちょっと淡々としすぎてたような気が。そこだけ残念でしたかね。



この巻で一番目を引かれたのはやっぱり画力ですね。
あとは絵の書き方、マンガとしての表現力も引き出しがどんどん増えてると思います、劇画調とか効果的に使ってる感じ。
これからの展開がますます楽しみですねこれは。


あと、やっぱあの人出てきたよね…w。

コメント

Re:ユーベルブラット12巻 感想。

ホント絵がうまくなりましたね。まあもともと上手い方なんですけど。いろんな新連載で鍛えた成果ですね。でも正直そろそろユーベル1本に集中して欲しいです・・・

この漫画ではエルサリアがヒロイン的な立ち位置のはずなので、もっとケインツエルとの絡みを描写して欲しかったですね。アルテアとは昔あんなことまでしたのに、エルサリアとは会話シーンすら少ないんですよねw

Re:ユーベルブラット12巻 感想。

現段階でも3つほど…?連載してますよね。
ブロッケンブラッドは終わったんでしたよね確か。

そういえばアルテアとはヤッてましたよねちゃっかりとw。
あの頃はまだなんか青年マンガ寄りな雰囲気が出てたような気がしますね。
エルサリアといずれ、みたいなのは……なんとなく無さそうですw。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/932-f73fa19b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。