ブログパーツ

09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死霊のえじき 感想。 




ゾンビモノ好きじゃあああああああ!!!(五代くん風)



死霊のえじき 完全版 [DVD]死霊のえじき 完全版 [DVD]
(2004/10/22)
ロリー・カーディル、テリー・アレクサンダー 他

商品詳細を見る





映画「死霊のえじき」見ました。



巨匠はやっぱり巨匠なんだ!!って心から思いました。



もう個人的にゾンビ映画で備わっていて欲しいものがすべて網羅された感じ。
シリアス、その中にあるコメディ、馬鹿っぽさ、人間不信、偉がるボス、野蛮人、ゾンビ世界の籠城戦…。

何もかも揃ってる、最高。



基本的にシリアスなのにたまに笑える馬鹿っぽさを含んでいるのはゾンビ映画ならでは。
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」にはそれが足りなかった。


しかも今回はゾンビを懐かせるとか言うめちゃ興味深いこともしてるし。
あまりそういう発想を実践してるアホが出る映画って見たこと無いので非常に新鮮で引きこまれた。
若干世界観崩れたような気もするけど、あれはあれで皮肉効いてて良い演出だったと思う。


あとやたら音楽が良いのも面白かったw。
ゾンビ映画で音楽に惹かれるとは思ってもみなかったけど、とにかくテンポよくて耳に残る曲ばかりですごく良かった。
サントラ欲しい。



ローズ大尉は大事に装備してて遂に最後まで使うことのなかったガンベルトが、王様の証である帽子にこだわって死んだネズミだかの童話と被った。
所詮はお山の大将を"気取って"いたに過ぎなかったんですね、哀れ。
でも最後の何か叫びながらのチョコチョコ歩きは笑ったw。



自分がゾンビ映画に欲するものをここまで用意してくれてた作品は、デッドライジングとドーン・オブ・ザ・デッド以来。
そんなにゾンビものを数々見てきたわけじゃないけど、これはトップクラスに面白い。
最高でしたマジで。








ただな………
















グロ過ぎ。


それのせいで他人に勧められないし、DVDも買おうか迷うわw。


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/918-1c6c4420

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。