ブログパーツ

10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た映画を上げておかねば俺の記憶は薄っぺらい。 

見た映画リストに追加(SNSの機能っぽく)







メメント [DVD]メメント [DVD]
(2006/06/23)
ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス 他

商品詳細を見る


一回ボコった奴が仕返しにきた時、車越しに銃突きつけられてるのに無表情でブオーと走りだした主人公にめちゃくちゃ笑った。
本編は良質なサスペンスものでした。






ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世紀 [DVD]ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世紀 [DVD]
(2009/07/03)
トニー・トッド、パトリシア・トールマン 他

商品詳細を見る


ロメロの「ゾンビ」を自らリメイクした作品。
ただこれの続編になる二作目のリメイクって確か無いんだよなー。主人公のバーバラが違う人になってしまうのが残念。
「鏡ね、彼らは私たち自身よ」←この台詞には痺れた。





遊星からの物体X [DVD]遊星からの物体X [DVD]
(2004/07/07)
カート・ラッセル、ウィルフォード・ブリムリー 他

商品詳細を見る



遊星からの物体Xのリメイク作。
見所は間違いなく地球外生命体の特殊メイク。マジですごかった。
正直疑心暗鬼になるシーンとか心情の表現が今ひとつだったけれども、特殊メイクのレベルの高さでそれらを黙らせた。
静かに忍び寄る寄生体の恐怖。






サイコ [DVD]サイコ [DVD]
(2004/07/07)
アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー 他

商品詳細を見る


ホラー映画の金字塔。
導入部分のやっちまった、っていう演出は素晴らしい。これはCGが進歩しようが特殊効果のレベルが上がろうが関係ない部分なので、ここを見ると制作陣のレベルの高さが窺い知れる。
内容自体は(言っちゃっていいのかな汗)……まぁ正直今では手垢が付いてるようなお話ですね、ハイ。
もちろん、それらの映画の走り、お手本となった作品がこの「サイコ」なのですが、新鮮さは無かったと思います。これは仕方のないことです。

当時はおそらくアレの概念自体が無く、そうとうショッキングな作品だったんだろうなぁと思います。
ゾンビとかもそう。今ではギャグとかで使われてすらいる存在ですけど、「ゾンビ」発表時はそれはもう畏怖の対象だった……のだと思います恐らくw。






モーテル [DVD]モーテル [DVD]
(2009/07/03)
ケイト・ベッキンセール、ルーク・ウィルソン 他

商品詳細を見る


twitterで既に軽く感想書いてるんですが、アレ以上書くこと正直無い…。
以下twitterの文そのまま
「まぁ常習的な殺人犯がいるモーテルに泊まってしまったらどうなるかー…をそのまんま描いてみたって感じ。
主人公側も敵役も背景描写が薄くてまったく深みなし。ハラハラはしたけどそれぐらいって感じだったね」

以上。




アマデウス [DVD]アマデウス [DVD]
(2000/08/25)
F・マーレイ・エイブラハム

商品詳細を見る


神に愛された男モーツァルトの人生を、モーツァルトのケタ違いの才能を感じるしか出来ない音楽家サリエリの視点から描いた歴史物映画。
「3時間なんて長すぎんだよ!」って思いながら見てたらあっという間に見終わってたっていう……。

ラスト、サリエリとモーツァルトが音楽を通じて真に心を通わせるシーン。
二人のぎこちないやり取りを見て、なんというか自然と笑みがこぼれてしまいました。「良かったな、良かったな」みたいな(まぁ本当はもっと複雑な感情なんですがw)
やはり3時間の中で互いの人生をこれでもかと見せつけてくれたが故の、あの不思議なやり取りと感情があったのでしょう。

サリエリは結構悲運の人らしいですが、それを知る事が出来たって自体にありがたい気持ちがいっぱいです。
なんというか、サリエリの音楽を知ってみたくなる、そう思わせてくれる作品でした。





カリートの道 スペシャル・エディション [DVD]カリートの道 スペシャル・エディション [DVD]
(2012/04/13)
アル・パチーノ、ショーン・ペン 他

商品詳細を見る


アル・パチーノ演じるカリート。
マフィアから足を洗い好きな女性とのんびりとした人生を過ごしたいと願う男が、その義理堅さに縛られ、また自らが生きてきた道にがんじがらめにされてしまう…。

人はそんな簡単に過去を捨てることなんか出来ないんだなぁ。まして、自分自身と決別なんて出来るわけがないんだな…。

そんな気持ちになりました。
カリートは登場人物中一番のナイスガイでお茶目で圧倒的にカッコいい。
そんなカリートが自分を縛る鎖にもがく様……。悲しく切なく儚い夢でした。

とにかくあのクソ弁護士はもっと苦しむべきだったよね。そしてあの役を見事にこなしたショーン・ペンに拍手。死ね(名演技を褒めてます)




だいたい一週間でこれら見ました。やたら映画を見たい週だった…w。
あと未視聴で返した映画2つ…。
悔しいからまたすぐ借りて見ます!!



さてさて、せっかく映画のカテゴリ作ったからにはこれから今まで見た映画もポツポツと思い返していきますかね!!
ちなみにこの中で一番面白かったのはアマデウスですね。長いことに特に抵抗がなければ是非に。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/899-25c27e29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。