ブログパーツ

08 | 2017/09 | 10

いつも通りの目移り作品紹介。 




僕が今何を欲しいと思ってるか分かる?




正解はこれでしたーwwwwwwwwwwwwwww。








『彼女たちの流儀』応援中!


主人公、兎月胡太郎はすましていれば深窓のお嬢様で通るような可憐な美少年。両親の離婚以来、家を出た母と2人で暮らしてきたが、母の急死によって実家に帰る事になった。

元は華族だという、地方の旧家。
5年振りにその敷居をまたいだ胡太郎は、母といる間一度たりと会う事を許されなかった双子の姉たち、鳥羽莉と朱音に再会した。2人は5年も経つにしては驚くほど変わらぬ姿であったが、かつては感じ得なかった妖精めいた美しさに溢れていた。再会を喜ぼうとした胡太郎だったが、下の姉・鳥羽莉(とばり)の態度はあまりに冷たかった。

それから半年。

姉たちの通う学園に転校した胡太郎は、それなりに新しい学園生活を満喫していた。クラスメイトになった幼馴染の少女や変わった友人、病欠で留年しているもうひとりの姉・朱音。騒がしくも愉快な学生生活は、あわただしくも過ぎて行く。

しかし、鳥羽莉だけは胡太郎に笑顔を見せなかった。いつも一緒に遊んでいた、幼いころの鳥羽莉――優等生として慕われている学園とは違い、屋敷の中では淡々と振舞う姉は、どことなく嫌いだった父に少し似ていた。つまり、苦手だった。初めは打ち解けようとした胡太郎だったが、つれなくあしらわれて挫折した。もう、姉が自分を見てくれる事はないのだと思っていた。


――その夜までは。





と言う事で、今度は何故かやたらとこの作品が気になっています。
お話としては吸血鬼だかなんだかの内容だったかと思うんですけど、あんまり深くは知りません。
ただ結構独特な雰囲気で良さ気なので前々から気になってはいたんですけど、何故か今無性に気になり始めたっていう感じでしょうか。
結構背徳感溢れてる淫靡な印象があり、恐らくそれは間違ってないと思うんですが…。


って事で最近は新作ゲームよりも、こういったちょっと前のゲームの方がやたらと気になったりしてます。
この作品はみやま零さんの絵とfripsideによるテーマ曲が滅茶苦茶良いので、ぜひとも購入してプレイしたいんですが…。
そんな事言ってる作品が自分にはいくつあるのやらって感じですので、これもとりあえずは購入することを念頭に置いておこうかなと。

とりあえずこれで欲しいなって思ってる作品幾つあるかな…。果て青にアトリにとっぱらとか他にも色々とあったような気がするけど…。




『彼女たちの流儀』応援中!

とりあえずこの次の「今日の一曲」でこの作品の主題歌を紹介しましょうかね。

コメント

Re: いつも通りの目移り作品紹介。

彼女たちの流儀>
私がえろげー始めた初期にやった作品ですけど、今でも10本指には入る名作です!数ある吸血鬼ものの中でも最高の出来だと思いますね。今では貴重なみやま零先生がメイン原画を担当するゲームですね。最近ラノベばかり描いてますから。今の130cmは見る影もないですけど、当時はこんな作品も作ってたんですね。

Re: いつも通りの目移り作品紹介。

>今でも10本指には入る名作です!
マジですか!!E.Tさんがそう言うんであれば間違いないでしょう!
俄然やる気出てきましたよマジで!買う優先順位を一番に上げようかな……。

130cmっていったらみやま零さんっていうイメージが未だにあるんですけど、それはもはや過去なんですね~…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/860-ca6d79fe