ブログパーツ

07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食わず嫌いは誰の為にもならないね。 

皆さん誰しも経験のあることだと思うのですよね、「食わず嫌い」。


なんとなく好かない、あれは自分に合わない・・・・。そういうふうに思い込んでそれに手を出さない。
主に食品関連に言われることですが、それはどんなものにでも当てはまるものです。

自分は食わず嫌いと言うか、年を取ることによる嗜好の変化によって食べなかったものを好んで食べるようになってきてますねー。
今は明太子と高菜があまり好きではないのですが、きっと何だかんだで食べたら旨いと感じるんだろうなぁとか思ってます。


まぁ今回はそんな感じで、それをゲームに当てはめてみようかと思っています。なんとも俗っぽくなってしまいますが、まぁ
そこはお目こぼしを・・・。

自分は「ぷよぷよ」と言うゲームがすごく好きなのですが、実はぷよぷよをするまで生まれてこの方パズルゲームや落ち物ゲーと言う物をプレイしたことがなかったんですよね。(テトリスを少しくらいですか)
それどころか「自分には合わないゲームだ」と何故か勝手に思い込むほどに敬遠をしていたくらいで・・・・。
それが気の向くままに一度プレイしてみるとドハマリしてしまい、HALOを凌ぐほどに「上手くなりたい」と思うほどいれこむゲームになってしまいました。
今年10月でぷよぷよ始めて2年になりますが、これ以来と言っても良いほど「考えるゲーム」に対して思い入れを抱くようになりました。

もう一つ。
今年初めにドリクラZEROを購入したのですが、その中で「カラオケ」という物がありまして。
ボタンを3つ使うだけのシンプルな音ゲーなのですが、楽曲と映像、それからコンボを繋げる楽しさというものに気付くことが出来ました。
音ゲーも落ちゲーと同じくプレイした経験が皆無に等しかったのですが、そのシンプルさが非常にとっつきやすくてハマることが出来たのだと思います。
ちょっと難易度高くて敷居が高いイメージがありましたし。


こんな感じでですね、ゲームで括ってみても食わず嫌いというのは意外と多いものではないでしょうか。
実際に体験してみて好きに傾くか、予想通り嫌いの方に傾いてしまうか、それは分からないものですがそれでも良いものに出会えた時はやっぱり嬉しいものですし、趣味が広がって行くことは素敵なことだと思います。




と言う事で、今後自分がやっていきたいジャンルのソフトを色々とまとめて見ました。
主に自分がプレイしたことのないジャンルから選抜。やってみたい。


STG

古くはグラディウスから、今の今まで愛され続けている、シューティングと言うジャンル。
自分は気質上と言いますか、手先があまり器用ではないということもあって繊細な操作などを要求される音ゲーやシューティングはプレイして来なかったのですが、音ゲーもあんだけ面白いなら歴史あるシューティングもさぞ面白いだろう!!
と言う事で一度プレイしてみたいわけです。
と言ってもやはり一度もプレイした事無いので、そこまで難しい作品を選ぶ訳にはいかない、怒首領蜂みたいな鬼畜なのとか。
それを踏まえて選択。

赤い刀 真 (通常版 特典「追加ボイスダウンロードカード」同梱)赤い刀 真 (通常版 特典「追加ボイスダウンロードカード」同梱)
(2011/05/26)
Xbox 360

商品詳細を見る

赤い刀真非常に評判の良いシューティングで、初心者への対応もしっかりしていて、独自システムも良く出来ている、やり込みもし甲斐のある内容で、更にサウンドやキャラクターもしっかり作りこんである・・・・と、最近のシューティングでも水準が非常に高くオススメをされている作品のようです。
とりあえずプレイするならコレかなぁと思っていますが、まだ発売してそんなに経ってないので値段が高く、シューティング初挑戦で買うにはちょっと重い気も・・・・。


旋光の輪舞DUO (限定版) (「キャラクタードラマCD」同梱)旋光の輪舞DUO (限定版) (「キャラクタードラマCD」同梱)
(2010/05/20)
Xbox 360

商品詳細を見る

独自の対戦シューティングゲーとして一世を風靡した「閃光の輪舞」。
やはりネットもあり、ネット対戦全盛期にある今の時代においては、この対戦ツールは見逃せないものがあるのではないかと思います。
ただ斬新すぎたのとやはりシューティングという若干間口の狭いジャンルというのも相まって大ブーム、とまではいかなかったようなのですが。
なにやら詰め将棋的なゲームらしく、「考えなければ勝てない」というのは大好物。個人的には戦闘バランスの関係でDUOの前作のRev.Xをプレイしたいと思っているのですが・・・・。
一番のネックは対戦人口。ただでさえあまり多くない人口に1と2でバラけ、更に1年以上の時が経っている今となっては、対戦してくれる相手がいるのか、更にそれが修羅でない可能性はあるのかと、その目玉である対戦環境が逆に不安要素。



デススマイルズ(通常版)デススマイルズ(通常版)
(2009/04/23)
Xbox 360

商品詳細を見る

デススマイルズ。王道のシューティングでも評判がよく、プラチナコレクションの出ている今なら入手も容易。
難易度も初心者でも徐々に段階を踏んで上達していける上、高難易度ステージもしっかり用意されているのでまさに王道。
グラフィック関連が独特ながら綺麗で敵キャラも結構特殊で見ていても面白い。サウンド関連も良曲揃いと、初めて手を出す自分としても好条件の揃った作品。
tだ、ホントに勝手な好みを述べると、横シューより縦シューの方が個人的にやりやすいんだよなぁ・・・・・という食わず嫌い。


シューティングはこんな感じです。もちろん他にも、協力プレイの出来る「オトメディウス」や世界観やキャラが魅力的な「虫姫さまふたり」なども気になっているタイトルの一つ。
いちばんプレイしてみたいのは赤い刀真なのですが、自分の状況を鑑みればデススマイルズがベストかなぁ。
でも対戦出来る閃光の輪舞もぜひやってみたいし・・・・・うむむ、悩む。




音ゲー
手軽で分かりやすいシステムでライトユーザーから愛され、かつ鬼畜難易度でヘビーユーザーでものめり込める懐の深さを持つ音ゲー。
実際プレイしてみると音ゲーと言うジャンル自体を嫌う人ってそこまでいないような気はするのですが、まぁ自分はまだまだ全くの初心者といってもいい存在なので、ここでピシッとプレイするゲームを決めておきたい。
弱ったことに、360では日本の音ゲーは殆ど無いんですよね、どうせならでかい画面と音響でプレイしたいのですが・・・・。
環境を考えるとPSPかWiiになるかな。


ポップンミュージックポータブル2ポップンミュージックポータブル2
(2011/11/23)
Sony PSP

商品詳細を見る
手軽で非常に楽しめる音ゲー決定版といえばコレでしょうね。何気に唯一やったことのある音ゲーだと思います。ゲーセンで一度だけ・・・・w。
まぁ音ゲー初心者であればこれを買わずに何を買う!っていう程に決定的な作品だと思っているのですが、他にもそういうのあるのかな?
ギタドラとかよりは自分的にはコレなんですが・・・・・。
PSPで発売しやすそうなタイトルだと思ってたのですがまだ2作しか出てないのかな?それからWiiもあるし・・・。定番タイトルと言えいっぱい出てて悩むことは悩むなw。



スペースチャンネル5 パート2スペースチャンネル5 パート2
(2002/02/14)
PlayStation2

商品詳細を見る

そう言えば、音ゲー初プレイってコレかもしれない。上では唯一プレイがポップンって書いたけど、考えてみればこれも音ゲーだわ・・・・w。
エンターテイメント性を求めた変化球的な作品ですが、突き抜けるほどバカバカしい世界観と演出に、何だかんだでノリノリになれる楽しいゲーム性が魅力。
結構昔ですがPS2で購入した時、「思ってたゲームと違う!」とちょっと詰まってすぐに止めてしまったんですよね。
実は最近XboxLiveアーケードにて発売されまして、360でもプレイ可能となったんですよね。
体験版すぐにプレイしましたが、当時はわからなかった底抜けのバカっぷりがとっても面白くて楽しめましたから、いつか絶対クリアしたいタイトルなんですよね。


みんなのリズム天国みんなのリズム天国
(2011/07/21)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

純粋にリズムを取る楽しさを追求しまくった作品。
これが単純ながら意外とハマるそうで、友人と面白いだのなんだのよく会話をしています。
まぁ個人的にはこれも変化球的な感じだと受け取っているのですが・・・w。



とりあえずこんな感じですかねー。他にもパラッパラッパーやブラボーミュージックとか、今でも根強いファンの多い作品があるし、そちらも気になるのですが、ここはやっぱりポップンミュージックがベストかな。
でも本音言うとみんなでワイワイプレイしたいからテレビ画面が良いんですよねー。そうなるとWii?でもなぁ、PSPの良さもあるからなぁ。
その他も以前からアーケードでもよく見ましたけどね、ダンスダンスレボリューションやサンバDEアミーゴ、シャカッとタンバリン!・・・・(古すぎか?)
それから、最近では初音ミクのが流行りですが、ボーカロイドに全く興味がない自分にはさすがに辛い。
悩むねー、でも選択肢あるのは良い事だ。





うわー、長くなっちった。
他にも色々書きたいことあるんだけど、コレ以上書いてもダレるだけかな。
ではとりあえずコレくらいにしておきますか。
どちらにしてもSTG音ゲー、どっちもちょっと挑戦してみたいですね。候補は赤い刀真、デススマイルズ、ポップンミュージック。次点で閃光の輪舞になるかな。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/805-654bbda0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。