ブログパーツ

04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤島王女。 

怪物王女16巻限定版「孤島王女」について適当に感想でも書いていきます。



DVD付き 怪物王女(16)限定版 (シリウスコミックス)DVD付き 怪物王女(16)限定版 (シリウスコミックス)
(2011/10/06)
光永 康則

商品詳細を見る






色々と思うところはあるのですが、まず最初に言いたいのは「イイね!!」ですww。


何よりも一番良いと思った所は声優さんですね。
こなれてきた、というのが一番適切だと思うのですが、フランドル、姫を筆頭に令裡さんやヒロも原作のイメージに非常に近づけてきていたという印象があります。
特に違和感のあったフランドル(一巻二巻でその違和感の感想は書いたと思うのですが)が、体感ですが個人的にとても改善されたと思っています。
以前は声が低くドスが効きすぎていたのですが、無表情の中で少し見せる感情の抑揚がとてもよかったと思いますね。
河原木志穂さんver.とはまた違った方向ですが、しっかりフランドルが喋れていたと思います。

姫もOAD一巻の頃は感情を殺しすぎて冷徹ってレベルの喋り方だったのですが、二巻、三巻とこなすうちに冷静なだけでない感じの話し方を出来て来ていたと感じますね。
冷静な中に見えるチャーミングさや必死な感じが姫の魅力だと思いますから。

ヒロも素晴らしい、一巻の頃は違和感バリバリすぎてやばかったのですが、今ではかなり理想的なヒロを演じてくださっていると思います。
最近のヒロは割りと男らしい部分も見せてくれているので、今ならこんな中性的ではなくちょっと情けなげな男声のヒロはバッチリ合っているのではないかと個人的には思いますね。



まぁそんな感じで一番言われていた声優変更の件は、個人的にですが大分クリアーされています。正直言うとTBS版のリザと令裡さんはそこまで合っているという気はしなかったので・・・・・。まぁあのアニメの良点といえばOPEDとキャストだとは確かに思いもするのですが・・・・・。




そして初登場を果たした二名!!まぁ今回の目玉は正直いってこの二人の登場と言っても過言ではないと思っていますのでww。

シルヴィア姉様
シルヴィア

南久阿
南久阿




TBS版は登場すらしていなかったこの二大キャラ?がアニメーションで動くとあれば、やはりコレは無視できない魅力があると自分は思います。

シルヴィア姉様は当初は「おっとり巨乳の天然優しい姉キャラ」とか予想されてましたけど、そんなのとんでもなく都合の良い幻想で、王者継承争いの過酷さをコレでもかと見せつけるドS女でしたから・・・・・。
良くも悪くもものすごいインパクトを残して、更に大きな壁として君臨する恐ろしいキャラ。
声優さん予想では大原さやかさんだとか何だとか噂されていましたが、大本命といいますかこの人しかいないだろみたいな感じで井上喜久子お姉さんが起用されましたw。
まぁベルダンディーからイノまで清濁併せ呑む声質を持つこの方なら、最も適切なのは配役なのは間違い無いですからw。



南久阿は個人的に姫とタメを張るレベルで好きなキャラ。
令裡さんや満月のリザでも殺せないような強大な力を持ち、更には割と中立の立場を保ちながら、供物を捧げてくれた相手にはしっかりとご奉仕をする・・・・・。
南久阿にしかできない事も非常に多く一応姫の陣営ながら違う視点で状況を見ているという特殊なキャラがめっちゃツボ。
着地する時の手とか説明をしている時の口の形とか定番の腕組み猫背ポーズとか、どれも非常に可愛い。
声のイメージはもうちょい低い感じかと思ってましたが。





内容としては、やはり上に書いた通りシルヴィアと南久阿の登場こそがこのOADのすべての価値なのではないかなと思っています。


あの島に招待される理由も分からないですし、行く理由も無い。それから同族争いを嫌う南久阿が笹鳴町を離れる理由も分からない。
でもそこらへん考えたってしょうがない!!怪物王女だし、OADだしwww。

とにかく私としては南久阿がアニメで動いていたっていうのだけで十分満足しているんですよね。
最初から島の異常性に気づいて、更に皆がどんどん闇討ちされていく中で一人余裕かまして立っていたのも流石だしで、らしさを存分に出していたのが非常に良かった。

お話は最後が訳わからず終わる辺り「怪物王女だなぁ」って感じでしたし、シルヴィア姉様との斬り合いも見応えあるものでしたから、ファンであれば満足できる内容だったのは間違いないかと思います。

自分はもうOAD三巻全て結構な回数見ているので、もしかしたら感覚が麻痺しているのかもしれないのですが、振り返ってみればこのOADシリーズは物凄く楽しませてくれました。
アニメーションは文句なし、個人的には声優さんも悪くない、話もしっかり原作準拠でファン向けに作られていましたし、十分すぎるほどこのシリーズを堪能できていると私は感じます。




まぁ三作目であるこの孤島王女で購入を悩む方ってあまりいないとは思うんですが、もし悩んでいる方がいるのであれば、シルヴィア姉様と南久阿が見たいのであれば間違いなく購入していいのではないかと思いますね。
いや、そんな人は既に買っているであろうことも間違い無いとは思いますけどw。


これからもできるだけ怪物王女のグッズとかには手を出して、支援していきたいと思っています。
目指すは再アニメ化!!なのですが、同じ道をたどっているヨザクラカルテットとか見ても、やはり難しいんでしょうねー・・・・。
学校の怪談的なポジションを目指せば、結構面白い事になると思うんですが・・・・・・。

まぁ自分にできるのは怪物王女関連の商品を買って支えることのみ、頑張って行きます。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/794-509ca326

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。