ブログパーツ

07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外天楼 レビュー。 

外天楼読みました。
どんなお話か最初は分からなかったのですが、読み進めるごとに明らかになっていく謎、人間模様。


こりゃ凄い、最初のヌルーい雰囲気からのまさかの、まさかの・・・・・!!!




外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
(2011/10/21)
石黒 正数

商品詳細を見る




全9話で構成されている単行本一冊で終了の漫画です。


最初の一話は作品の掴みといえる部分。なんたって一巻で終わりな訳ですからね。

女神の棚だの悪魔の棚だの、石黒先生らしい造語などが飛び出したり、古くから伝統的な感じすら漂うオトシ方で話を締めたり、上述の通りヌルーい雰囲気が物凄く溢れてました。

第二話。この話を読んでこの「外天楼」と言う作品が分からなくなりました。

何この作品?繋がりがない。メタっぽいネタとか皮肉なテーマを扱うのが非常に上手い先生だから、一話一話短篇集でいろんなお話を見せていくのかなぁっていう、そんな勘違いをしてしまうほど一話から飛躍していました。

第三話。ここで完璧に短篇集と勘違い。
あぁなるほど。それ町では扱えないほど重く、しかし連載で作るほど長くさせる必要もない、そんな作品を集めたオムニバスなんだな、、、っと一人納得。
自分はどんなに理不尽だったり不自然だったりしても、それを軽く受け入れてしまう変な所があるのです、性格上。

第四話。そういえばミステリって言ってたのに過去三話はミステリ要素ほぼ無かったな。
ようやく何というかこの外天楼でレギュラーになりそうなキャラ登場だな、と言った感じ。
無茶苦茶なトリックのでっち上げも、ラストのガクーっとくるオチも、「石黒先生だなぁ」と感じられるいつも通りのらしさ満点で良い。
今考えると、ここの話のオチは凄い、ネタだけかと思ったら全然そんなことなかった。

第五話。ようやく少しずつ点と点が線になりつつある。
やっぱ刑事はレギュラーか、と思いつつ楽しく見れた回。
このお話は重要な話のはずなのに、石黒先生の主張と、アホみたいなキャラのまさにアホな潰し合いがとても面白い。
まさか、表現規制問題について言及してくるとは・・・・・(勝手に私が解釈)
あまりに前半のディベートテーマとその後の掛け合いが面白すぎて、この話の重要性とかおもいっきりスッポ抜かし。やられた、先生の思惑通りにw。

第六話。おふざけは終わり、始まる急転直下。

ここら辺りから、自分が今までこの作品に持ってた感想とか認識を改めることになる。
「ん?あれ?」と言った違和感と既視感。

第七話。もう始まっている、もう止まらない・・・。
ココら辺でまた気づく。
「この作品の細かい部分、小さく描かれたもの、そこらへんを見逃してはいけない」と。
遺体とか、隅っこに書いてることとか、そういうのは枝葉末節、些末な事。そういう風に読んでしまってた自分にようやく読む姿勢を変えさせる。

第八話。収束する。
やっと気づく。後半は気付かされてばっかり。
コレを書くために、今までの話を費やしたのか。

第九話。
終わり。




いや凄い。書いてて改めて思ったけれど、最初から最後への行き着き方、描き方が見事すぎる。
全くどんな話か想像付かなかった序盤から、終盤ガラリと雰囲気を変えながらも様々な要素をピタリと符合させた。
最初は短篇集かと思ってたのに、振り返ると無駄なお話は一つもない、一つも。
全ての回が、世界観の説明になり、登場人物の紹介になり、ラストへ積み上げていく土台になる。


そしてあのラスト。



これ以上ないくらいキレイに完璧に、描ききったんではないかと。
いやー凄い。この一冊の重さ、中身の濃さは本当に中々見れるものでは無いと私は思います。

いや、凄い。本当に凄いとしか言えないけど凄い。
芸術的な話の締め方というか無駄のなさというか。まさに9つの話で積めるだけの高さまで積んでみせてます。



ちょっと何かお話が読みたいなと思った方には是非ともコレはお勧めします。


今まで読んだ一巻きりの作品の中でも、屈指の内容になっていると個人的には思います。
私としては、気軽にパラパラとめくる程度の気持ちで最初の話から力を抜いて読んでみるのが、この作品を一番楽しめる秘訣ではないかなと思います。
感心しきりだよ、この作品には。メフィストで連載も納得ですな。


オススメ度
★★★★★




外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
(2011/10/21)
石黒 正数

商品詳細を見る



コメント

私も外天楼読みましたよ
いやーラストはすごかったですね。正直私も最初はそれ町みたいなシュールギャグマンガかと思ってましたね。実際最初の数話は(エロ漫画のくだりとか)そんな雰囲気でしたけど、まさか最後であんな風に話が収束するとは・・・
確かに一巻完結のマンガとしてはものすごい完成度だと思います!

Re: 外天楼。

やっぱり最初は「それ町みたいなものか」って思いますよねw。
石黒先生の他の漫画読んでると余計に。

姉ちゃんのアイス毎回食ってるのとか「どんだけアイス好きなんだよww小ネタおもしろww」とか思ってたんですけど・・・・。
最初の話からのギャップ凄すぎですよね。

ホントにちょっと暇してる人にお勧めしたい作品だと思ってます。一巻だけっていう手軽さと中身の濃さの差が凄い。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/789-324fe837

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。