ブログパーツ

06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の名言。 





たったの三回で惜しまれてないながらも終了した伝説のコーナー、「今日の名言」 が帰って参りました!!



ここ数日私の脳内で今日の名言コーナーが大反響を呼び出しまして、何年か越しのブームとなっていることは記憶に新しいです。
そこでそんな管理人の熱い声に答えて、恥ずかしげもなく復活してきたわけですね。




という訳で久方ぶりの名言は、コレ!!






「お兄ちゃんはね、好きな人を好きでいるために、その人から自由でいたいのさ」

”うる星やつら MOVIE2 ビューティフル・ドリーマー”より  諸星あたる






謎の少女から、理想の夢の中なのになぜ逃げ出したいのか、ということに対する答え。

はっきり言うとあまり言っていることが理解出来ないんですよね、深いセリフだ、っていうのは分かるんですが・・・・。
って言う事で考察等を見てみると、「ラムに近づきすぎることで、今ある関係が変わってしまうのが怖い」、という文を見ました。
・・・ああ、なるほど。あたるは今あるドタバタ騒ぎの中でのラムが好きなんだなと。もし動いてそれを崩してしまったら、と考えるとラムから逃げるしか無いんだなぁと。
これはうる星本編にも言えることですよね、まぁほんとに女好きだったり、天邪鬼でつい反抗してしまったりとかもあると思うのですが。


確かに、その怖がりだって言う風に解釈すればあのセリフも納得かも知れません。
あたるは間違いなくラムが好きなのになぜ逃げまわるのか、何となしに長年の答えが見れた気がします。
でもうる星やつらラストシーンの「今わの際に言ってやる」ってもう好きって言ってるようなもんですよねw、そのツンデレっぷりが非常に分かる。男は基本ツンデレですよw。



ビューティフルドリーマーは劇場版うる星やつらの中でも最も名作の声が高く、あの押井守さんが監督をしているというのも非常に有名です。個人的にもとても引き込まれるものがあったので、気になる方は見てみて損はしないと思いますよー。
ただ留美子先生には不評だったみたいですが・・・・w。



蛇足ですが、留美子先生作品は個人的には
うる星やつら>らんま1/2>犬夜叉(20巻辺りまで)>めぞん一刻

って感じです。犬夜叉とか前巻読んでないからしょうがないw。
人魚の森とかは巻数が少ないし完結してるのかも知らないから入れませんでした。短篇集の一つだしね。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/776-5941bae4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。