ブログパーツ

03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっそく注目。 




さて、今年最初の注目ゲームを紹介していきましょう!!



と言っても発表されてからもう結構立っているものもありますのでご了承くださいw。




White ~blanche comme la lune~


諸事情によりバナーは貼りません。申し訳ない。

ねこねこソフトの新作です。公開していることすら知らなかったのですが、公式を見ているとなかなか面白そうだったので。
主人公が気付いたら異世界にいるっていうのは、最近ではあまり見られないんじゃないでしょうか。なんというか世界観の説明だとか、伏線だとかつじつま合わせだとかでいろいろ大変で敬遠されがちな気がします。
が、今回はその異世界ものド直球(かな?)を行かれるようです。
キャラクター紹介欄に思いっきり「10歳」って書いてるけど大丈夫なんでしょうか??そこんとこだけ心配ですねw。


さっそく体験版とってみました、プレイしてみたいと思っています。
明後日にはバナーに追加いたします。







BLOODY RONDO 応援中!

伝記モノということでチェック。
吸血鬼の出る伝記モノの多さは凄いですねw。もう鉄板中の鉄板なんでしょうね。

厨二病的な作品と受け取って、いいのかな?まぁあらすじ見る限りは・・・・でしょうね。
どういった作品になっているかは測りかねますが、現段階では一応注目・・・といった感じでしょうか。
体験版も出ていますので、気になる方はチェックチェック。
私も体験版プレイして、面白かったらぜひ応援中に追加したいと思っています。





触祭の都

触祭の都



個人的には要注目レベルな作品。
いわゆる触手ゲーなのですが、気になるのはその世界観。

今まで私がプレイしてきた触手ゲーには、必ずと言っていいほどアンチ的な人物が存在していました。
たとえば魔を狩る主人公だったり、退魔師のヒロインだったり・・・・。
とにかく、その「異形」に対抗する何らかの力を誰かが持っていたものだったのですが・・・・。

この作品では偉業は異形、人間は人間としっかり区別が分けられており、化け物に対抗する手段をほとんど持てていない状況のようなのです。
そのため逃げるしかなかったり、一般人が大量に巻き添え食ってたり・・・・・。今までの作品にはない新鮮さがあると個人的には思いますね。

ヒーロー的人物がいた今までの作品とは違う、映画「ミスト」的な作風になればものすごく面白いんじゃないかと思ってます。
サイコパニックみたいな。
エロ要素があるのはもちろんですけど、グロ要素や、エグイ描写を入れてくれれば尚良しって感じですかねー。

もうマスターアップは完了しているようですが、ただのエロゲーではないことを期待してます。





とりあえず今日はこの三つ。どれも内容が楽しみなので、しっかり評判チェックしていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/644-643c4944

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。