ブログパーツ

09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンバシノミコ 感想。 


最近漫画紹介が長ったらしくなってしまっているので、これからは簡潔に魅力部分を説明していきたいと思います。




今日の漫画は「シンバシノミコ」


シンバシノミコ 1 (ヤングジャンプコミックス) (ヤングジャンプコミックス BJ)シンバシノミコ 1 (ヤングジャンプコミックス) (ヤングジャンプコミックス BJ)
(2010/02/23)
光永 康則

商品詳細を見る





怪物王女の光永先生の新しい作品。怪物王女を書きつつこちらも書いている、精力的ですごいですねー!




この作品の魅力はお色気シーンw。
もちろんそれだけではないんですが、このお色気の多さは結構なものですよ。


ノリとしては怪物王女の怪事件のような事件を取り扱いつつ、主人公と表紙のヒロインが解決をしていくというものなのですが。
特徴としては、怪物王女で出来ない軽いおちゃらけノリを、こちらで押し出しているイメージ。
なので怪物王女のような妖しい雰囲気では無く、やはりテンポの良い軽い雰囲気が目立ちます。


ヒロインの一子さんも魅力的。処女巫女&童貞会社員のコンビがいい感じです。
上手く言えませんけどとにかく可愛いです、これから主人公との絆が深まるとイイなーと期待。
童貞主人公がんばれ!!一子さんと良い仲になってくれ!!彼女をデレさせてくれ!!



この作品は怪物王女で扱えないようなゆるい感じをそこはかとなく出しているので、怪物王女ファンならば問題なく楽しめることは間違いないと思います。
ファンでない方の場合は、もう完全に好みが分かれると思うので興味がある方は手に取ってみて下さい。

怪物王女ファンには是非!!



オススメ度
★★★☆☆

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/542-55b421cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。