ブログパーツ

10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとボク2。 




『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』2010年6月30日発売予定!



処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~体験版をプレイしたのですが・・・・・・。


これは至高の雰囲気ゲーの予感・・・・・!!



1でも確かにその雰囲気の良さは非常に印象的だったし、お嬢様学園という設定をうまく活かせてたとは思いますが。
この2では更にその上を行くクオリティになってると感じました。


こういう続編になるとちょっと方向性がずれたり、前作と比べてどうも質が下がってたりすることはままあること。
ですが、ことこの「おとボク2」では
・キャラクター一人ひとりの魅力
・ストーリーや文章
・立ち絵や背景
・音楽や効果音
・システム周り

これらすべてが前作を正当にパワーアップさせた、素晴らしい出来になってたと思います。
何と言うか、これらが相まって前作よりもかなり濃密な雰囲気が生まれているような気がします。



自分はこういった雰囲気を大切にするゲームが大好きなので、正直どストライクレベルw。
やはり何はなくともこういった違和感のない世界観と雰囲気こそが、そのゲームの世界に入り込むための大きな要因だと思ってますので。
どんなにキャラやストーリー展開が魅力的でも、その世界に没入出来なければ本当にその作品を楽しむことって出来ないんですよね、個人的には。
そういう点で、この「おとボク2」はかなり完成度の高いゲームになってると思います。女装物という突飛な設定(現実では)でも、何の苦も無く話に入っていくことが出来ました。





それからその完成度の高さはもちろんですが、
キャラの多さとそれぞれの持ち味と魅力にも驚きました。

それなりにボリュームの有る体験版だったと思いますが、それでも出し切れないくらいキャラクターが多い。
体験版でちょっとしか出番の無かったキャラはOHPで情報を補完したのですが。
寮仲間に学園友達に友達の友達に後輩の部活動仲間に、更には立ち絵や名前があるのにOHPに載ってない人だとか・・・・。

ビックリするぐらいキャラが多い。そしてそれらがしっかりキャラ立ちしている事にまたビックリw。
それぞれがそれぞれ魅力あるキャラばかりで、どれが攻略可能ヒロインでどれがサブキャラか分からない始末w。
でもOHPのキャラ紹介順やバナーから見るに、
薫子・史・淡雪・雅楽乃・ケイリ・香織理・・・・の6人・・・?バナーだけ見るとそうなるけど。
でも初音さんや優雨と言った、接触も多そうでとても魅力的なキャラがサブキャラっていうのはちょっと、みたいに思うしなー・・・・。

でもホントどのキャラも素晴らしいと思う。文章で長々と書くでもなく、会話や仕草とかでそのキャラの性格とかをしっかり描いているのはすごい。ここら辺でもライターさんのレベルの高さが分かる。
更に言うと声優さんも素晴らしいキャスティングだと思う。一人も違和感を感じる人がいなかった。雰囲気ゲーだけあって、何が大事か製作者側がしっかり掴んでいると思いましたね。

まぁ相変わらず主人公はほぼ完璧な女装をするなぁとは感じましたけどねw。
女装の際の葛藤だとか、女の子と一つ屋根の下という危機感や、元引き込もラーの真髄だとか、そういう所をもうちょっと描写して欲しかったかなぁとは思う。
完璧超人×若干ナルシー(不幸背負ってますよ感?)×完璧な女言葉・・・。ここがちょっと不満だったかな。
前作もそうだったけど、異質な環境に対する順応性ホント高いですよねw。


個人的に良いと思うキャラは、

・薫子
・史
・優雨

薫子は、セリフや声優さんの好演もあって、すごく純粋でまっすぐな娘なんだというのがひしひしと伝わってきて、すぐにお気に入りに。まぁこの娘がメインヒロイン級なのは間違いないですよね。嫌いになる人そうはいないんじゃないかな?
史は、まぁこちらも嫌いになる人いないんじゃないかなw?良く尽くしてくれるし、信頼も置ける。自分に奉仕してくれるのを幸せと感じている節もあるし、気に入らない理由がないw。
優雨は、まぁ単純に庇護欲をそそられるって事で。変な意味でなく、父性的な意味でですよw?

しかし、まぁ薫子や主人公含め、一部のキャラはキャーキャー言われすぎな気も・・・・・w。そんなに極端なものなのかな?




個人的にのり太氏の立ち絵って若干クセがあってあまり好きな類ではないのですが、今回の立ち絵は前回に比べて物凄くレベルが上がってる気がします。個人的意見としては、めっちゃ魅力的と言って差し支え無いです。
OPのほうもアニメーションを部分的に使っていました。久しぶりにアニメ入りのOP見たなーって気がしますw。

更に主題歌、挿入歌にYURIAさん、美郷あきさん!!
YURIAさん、久々に名前を見た気がする・・・・。もっと主題歌とか歌ってくれれば良いのに、マジで・・・・・。個人的にもお気に入りのタッグ。



あれ?これマジで相当力入ってね??





と言う事で、体験版をプレイしただけなのに長々と書きつらってしまいました・・・・。ほんとスイマセン。
しかも自分で言うのもなんですがかなりヨイショした内容に・・・・w。
正直こんなに好感触な作品が出来ているとは思いもしなかったので、思わぬ個人的ダークホースなタイトルが出てきて嬉しくなっているのですw。前作があまり合わなかっただけ余計に。

個人的にはとても体験版楽しませてもらいました。上に挙げた魅力もさることながら、次回予告だとか小洒落た各話のタイトルだとか、そういう細かい所もすごく好みでした。



これヤバイですよ、ビタスマ買おうかどうかすら悩んでいるのに、そこに来てこんな隠し玉的作品が乱入してこようとは・・・・・。
二つ買う体力は自分にはないし・・・いや、骨身を削って漢買いするか・・・・?
むむむ、悩む、マジで悩む・・・・。



とりあえず応援中追加。
個人的に現段階では非常にオススメなタイトルです。女装要素に抵抗が無い方、体験版是非プレイしてみて下さい!


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/535-305440da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。