ブログパーツ

05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がらくたストリート 感想。 

今回の漫画紹介は「がらくたストリート」
まぁ私のような最近知ったにわか野郎か紹介なんておこがましいかとは思いますが・・・・・。



がらくたストリート 1 (バーズコミックス)がらくたストリート 1 (バーズコミックス)
(2008/12/24)
山田 穣

商品詳細を見る




バーズコミックスより連載されているマンガで、ジャンルとしては「日常もの」になると思います。
連載は終了していないのですが、2008年末に一巻が発刊されてから現在まで、この作品はその一巻しか発売されておらず、二巻の発売予定もありません。どうやらネームが定まらず、二巻を出す量がかけていないらしいのですが・・・・。




裏表紙を転載させていただきますと、
素直さが異常の域に達している小学五年生・御名方リント。そんなリントを取り巻く面々は逆にクセのある奴らばかり。年代性別飛び越えて、果てには宇宙人や神様も・・・!?
愉快な面々が不思議な魅力満載の町芦原市を舞台に思いっきり楽しみまくる、超実験的ジュブナイル!!


ジュブナイルと言うのは、少年期の冒険などを扱ったの「少年少女向けのお話」と言う意味です(簡単に言うとですが)。
先程も言った通り、ジャンルは「日常もの」。類似ジャンルの作品としては、「よつばと!」や「それでも町は廻っている」などかと。
よつばとが5歳相応の世界の広さで物語が語られるのと同じで、がらくたストリートも主人公リントの小学五年生相応の視点でのストーリー展開。
そのため、がらくたストリートの話は街全体を舞台にして進んでいきます。



この作品の魅力を纏めてみますと、
・絵やコマ割りが非常に見やすい
・各所に挟む小ネタが秀逸
・キャラクターが魅力的


この3つがとても素晴らしいのではないかと思います。


元々ある漫画を書いていた作者さんなのですが、ここまでコマ割りがすっきりとして見やすいのもすごいと思う。
ゴチャゴチャしすぎず、かと言ってこういうマンガにありがちな「妙な間」を使いすぎず。これもこの雰囲気の良さに一役買ってるのは間違いないです。



各所に挟む小ネタ。
この作者さん元々かなり博識?様々な分野のネタを随所に散りばめ、分かる人にはクスッと来るシュールなネタを展開させています。
カラオケにて
「せっかくのカラオケですがぁ~」「残念ながら歌う場面はありませ~ん。な・ぜ・な・ら」「JA○RACにはビタ一文払いたくないからー!!」「絶対歌詞は出さなーい!!」
普通な女の子がアニメ映画見て泣いたと言う話に聞いて・・・・
「何見たか賭けようぜ」「あれだろ、時かけ」「じゃ、おれクレしんな」「「さぁ何!!」」 女の子「アイアン・ジャイアント」「お前の勝ちだ、持ってけ」
魚釣りにて
女の子「あっやっダメッそこダメっ、あっあっ、やっダメダメ、行っちゃう行っちゃう!!」「これ録音しとくべきだったな」「何に使うんですか」「着信音とか」

一二話で活躍するリントのお兄さん中心の場面からの抜粋です。
リント達は年相応に山を冒険したり色んな所に遊びにいくのですが、ガチオタのお兄さんがひとたび登場すると一気にオタ臭くなっちゃうんですよねw。
あとはヤクザの盃の解説とか民俗学とか水泳の二軸クロールとかほんと手広いジャンルをカバーしてきますw。




・キャラクター
ここら辺はある程度好みだとは思いますが、個人的には登場人物全員好きです。
雰囲気モノに関してはこの登場人物の出来如何だと思っていますので、この点はすごく重要かと。
素直さが売りのリントに幼馴染のナルミ、そしていきなり登場するリント好き好きアタックの宇宙ちゃん・・・・。雑学マニア?のタイセーに格言ミスりまくりのたすく。
アニメ野宿魚釣り料理バイクその他何でもこなすオールラウンダーオタのリントの兄、そんな破天荒兄に振り回されっぱなしのリントの姉ヒヨリ、リントの事を知っている山の神・・・・・。

他にも大勢いるんですが書ききれないのでカット。なんせ学校の友達やらヒヨリの友達やら兄ちゃんの友達やらその他色々と、一巻だけでこれだけキャラでるのも珍しいと思う。

個人的には幼馴染のナルミやリント好き好きの宇宙ちゃん、振り回されっぱなしのヒヨリちゃんが非常に可愛い。
これだけ一編にキャラ出してしっかりキャラ立ってるってすげーなぁ。




あー、ちょっとウダウダと長く書きすぎましたが、要約すると
・日常系が好きな人には是非是非!!
・ある程度雑学知識があれば尚楽しめます。結構マニアックな話し多いです。


かいつまんで言うとこういう事。特に山場も無く、タラーっと話が流れていくだけなのにどうしてこんなにこの世界を好きになるのか・・・・。
やはり宇宙人だろうが神様だろうが許容し自然に受け入れる、この楽園のような世界観が魅力的なんだろうなーと思う所存です。

はよ二巻出てくれー!!切に願う!!



オススメ度
★★★★☆



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/534-13ac039f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。