ブログパーツ

08 | 2017/09 | 10

ACONY 感想。 

冬目景先生の連載中漫画、「ACONY」の紹介です。


ACONY 1 (アフタヌーンKC)ACONY 1 (アフタヌーンKC)
(2009/03/23)
冬目 景

商品詳細を見る




冬目先生と言えば、「羊のうた」「イエスタデイをうたって」が有名ですね、羊のうたはマジおすすめです。



今作は何と2003年に連載開始して2009年に第1巻が出たとか何とか。この時点で冬目先生らしさ満点の本だと思いませんか?w

適当にAmazonから説明をコピらせてもらいますと、
>主人公の少年が引っ越してきたアパートには(自称)死人の少女、幽霊の管理人、人形の座敷童、美人編集者の蛇、16人の佐藤さんetc・・・異形な者達が集まり住むアパートでのお話。
変な人、一部人間で無いものすら住んでいる謎のアパートに引っ越すことになった少年。
そのアパートで自称ゾンビを名乗る永遠の13歳アコニーや、美人だけど蛇の妖怪(らしい)の巳園さん、地縛霊になって久しい管理人さんなど、様々な変人に出会ってしまう・・・・。


冬目先生としてはめずらしい(?)、ドタバタ系の日常漫画ですね。
いろんな変な人と交流を深めていく主人公を見ていると和みます。
しかし、物語の本筋は若干シリアス路線、何故アコニーは年をとらないゾンビになってしまったのか、アコニーのお母さんは一体どこへ行ってしまったのか、主人公の母親はアコニーのお母さんとどんな関係があるのか・・・・・・。
多くの伏線をちりばめつつ、ゆったりとしたペースで本筋を描いていってます。

ドタバタして楽しい日常と、様々な謎を持ったアコニーに関する本筋との対比もすごく良い感じです。
日常はもっと浸っていたく、本筋のストーリーに関しては早く知りたい・・・・・なんという二律背反!!w




とにかく冬目先生の作風は好みが分かれると思うので、一度先生の他の作品を読んでみて「面白そうだなー」と思ったら是非今作も読んでもらいたいです。


現在二巻まで発売されていますが、3巻が発売されるのがいつになるか分かりません。本の中身と同じく、描くのもゆったりとしているのがこの作品の特徴ですよねw。
とりあえず、私としてはオススメの作品。冬目先生ファンはもちろん、先生の作品をよんだことない人も是非是非、手に取って見てください。



最後に・・・・・冬目先生の描く和服姿の女性は本当に魅力的!!もう最高ですね!!w




オススメ度
★★★★☆ 星4つ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/370-b843fd8b