ブログパーツ

07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れないジャンルだけども。 

今月のジャイアンで気になる作品ピックアップ第2弾。


今回は「個人的に好きだけど売れないであろうジャンル」をテーマに、微力ながら応援させてもらおうかなーと思ってます。




都市伝説は人を喰う

発売日11/27
ブランド:雪月花ソフトウェア


ジャンルはサイコホラー。
>一年程前から囁かれ始めた都市伝説”時子さんの携帯電話”。その内容は″時子さんの携帯電話を手に入れたものは、1週間いないに呪いをとかないと死ぬ″という恐ろしいものだった。喫茶店″蝉時雨″で働く主人公・地井篤は,偶然にも時子さんの携帯電話を手に入れてしまい
、同僚の女の子たちと共に、呪いをとくための調査を開始するのだが・・・・・・。


オカルトや心霊現象などの要素が強い,あまり見ない感じのエロゲですね。
「時子さんの携帯電話」の他にも「隙間から覗く女」や「冥界への扉」など様々な都市伝説を体験することができるらしい・・・・。
昔あったスーパーファミコンのソフト「学校であった怖い話」とかが好きな人なら結構食指が動いたりするんじゃないでしょうかw。

私はオカルト系やらホラー系がけっこう好きなので、個人的には期待したい今作。まぁご多分に漏れず主人公が冴えてるがどうかが超気になるw。
主人公が賢くて格好良ければかなり私としては良作になりそうな予感がするんですが・・・・・・。体験版公開してくれないかなー・・・・・。





月染の伽鎖




>田舎に引っ越してきた主人公。新しい生活に戸惑いつつも友人たちの支えもあり楽しい日々を送っていた。しかし伝統の祭りの翌日、村人が自殺するという事件が発生!警察の見解に疑問を感じた主人公達は独自に事件を調べはじめるが・・・・。

ジャンルはミステリー系ですか。
もう何度も言うように田舎の退廃的で閉鎖的な空間のなかで起こる生臭い事件が私の好奇心を強くくすぐってなんたらかんたら・・・・・。
全4章からなるストーリーで、それぞれの章で仲良くなるヒロインが決まっているそうです、「車輪の国」みたいなストーリー展開でしょうね。

結構面白そうなんですが、謎の少女の存在がちょっと気になる・・・・。トンでも展開にならないと良いけど・・・・・w。
でも公式サイトからはしっかりとしたプロットとか丁寧な作りが垣間見えてくるのでこれは期待できるのでは?とりあえず応援中に追加ですね。

体験版公開,気長に待ちましょうw。





とりあえず今回はこの二つ。
どっちも気にはなるけど、前者はなぁ、発売日が・・・・・・(汗。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/366-8d928c30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。