ブログパーツ

10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マブラヴオルタネイティヴ。 

何かゲームレビューの項目の数が寂しいので、今までプレイしたのをレビューして行こうと思います。
正直作品によってはうろ覚えな物もあるかもしれませんが、必死に思い返しながら書いていくので宜しくです。
手元に残っている作品であれば、再プレイも出来るだけしておくつもりです。




と言う訳で今回のレビューは来月からトータルイクリプスの連載開始を記念して
「マブラヴ オルタネイティブ」です。
紛う事なきアージュ魂の名作。これだけの大作だから私としてもレビューして箔を付けておきたいしw。
ちなみに18禁版です。






ストーリー  9点

異星人の出現、侵攻によって世界中の人々が次々と犠牲になっている世界が舞台。
そのエイリアンを相手に軍に入って戦う主人公のお話。

ストーリー、内容はまさに圧巻の一言。ボリューム、質、物語の伏線等々、すべてにおいて超高水準。
ミリタリー物が好きならばやって損はないです。白兵戦、戦艦戦、さらには戦術機(モビルスーツの様なもの)が入り乱れて戦ったりと、そういう類が好きなら大満足なジャンルです。
更にグロい描写に鬱展開、これでもかってくらい訪れる難関など、容赦ない物語展開も◎。妥協しないストーリーだからこそ、感動できる訳です。
しかしいかんせん人によっては長すぎるきらいがあるため、9点にしておきます。

とにかく前作、マブラヴのプレイは必須。でないと展開が訳分かりませんw。


キャラ 8点

207小隊のメンツだけで考えると、もう少し点が低くなるのですが、ヴァルキリー隊、その他キャラを合わせれば、8点は妥当と思います。
と言うのも、主人公の所属する207小隊のメンツは、2003年の作品が元となっているからか若干キャラデザに古臭さを感じずにいられないのです・・・・。まぁ若干ですけどねw、今でも十分魅力的なんですが、マイナーチェンジを施しても良かったんじゃないかとちょっと思ったり。
しかし、キャラとしての個性や造詣の深さ、キャラ設定の厚みなどは十分。ハマればかなり好きになれる連中ばかりです。

いわゆるサブキャラに位置する人たちも魅力抜群。後半から出てくるヴァルキリー隊のお姉さま方から、米軍のウォーケン少佐以下隊員、桜花作戦に参加した面々、果ては名もなきジョーカー隊(だったかな?)その他大勢の名無しキャラまでも、その生き様を存分に見せ付けてくれます。
こうしたちょっとしたキャラが魅せてくれる様々なシーンもまた、この作品の魅力。戦闘中に絶叫や魂の叫び、思いのたけをぶちまけるシーンが大好きなので余計にねw。




主人公  8点

ヘタレ系救世主、って感じ?w
戦術機の操縦、個人としての戦闘能力、因果媒体としての覚悟・・・・どれをとっても立派、だったのですが・・・・・・。
2,3年くらい訓練してていざ敵対したら我を忘れるとは・・・・・おろかなり武って感じです。
しかし一度はヘタれますが、その後は文字通り世界を救うため頑張るので相殺。最終的には人間として大きく成長し、とってもかっこ良くなりますから、結果オーライですね。




CGなど絵全般 10点

十分他に見劣りしない内容だったと思います。
膨大な立ち絵、挿入されるムービー、メカデザインの秀逸さ、どれも素晴らしい、ホントに。
上で挙げたようなキャラデザの古さやグロCG等のマイナス点を考慮した上であえて10点付けました。




サウンド  10点

荒廃する世界を上手く表現したBGMが多い。更には戦闘時の音楽や所々のSE、声優さんの熱演による人々の魂の声、どれも完璧じゃないかと。どのシーンもこのシーンも、確実に盛り上げてくれます。
極めつけはJAMプロによる主題歌、挿入歌、栗林みな実嬢のED・・・・・・。
・・・・・・・・もう10点で、いいんじゃないでしょうかw。



世界観、スケール  10点

かなりハチャメチャな展開ながらも、プレイ中はそう感じさせない世界観の補填が何気に凄い。
やってみれば分かりますが、かなり設定も練られています。
と言うかね、私みたいな学の無い者からすれば量子力学とか出てきた時点でもう「そういう物」として納得せざるを得ないですよw。
この点は文句なし。



演出  10点

とりあえずやったら分かります、まるで映画のようです。
とりあえずやったら分かります、グリグリ動きます。
とりあえずやったら分かります、10点付けたくもなります。
紙芝居ゲームと称されるエロゲーの、「一つの究極形」と言っても過言じゃないと思います。

紙芝居ゲームって一応揶揄としての呼称ですけど、例えそうだとしてもここまで突き詰めればもう賞賛するしかないんじゃないでしょうかw。




システム関連 6点

テキスト周りやコンフィグ関連は特に問題なかったと思いますが、私の記憶が正しければ確かこれCGモード、音楽モード、回想モードが無かったです。
全年齢版は知りませんが、今どきそりゃ無いんじゃ・・・・・って事で6点。





個別評価 結果
.ストーリー      9点
.キャラ         8点
.主人公        8点
CGなど絵全般   10点
音楽         10点
世界観、スケール 10点
演出         10点
システム関連    6点




総合評価 85点
09/10/20 点数見直し


「あれ?結構べた褒めなのになんで85点?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的にこの作品にはとても大きな欠点があると私は思っているのです・・・・・。


その欠点は、「本作が美少女ゲームである事」

と言うのも、物語後半主人公はヴァルキリー隊に入隊する事になるのですが、
そのヴァルキリー隊の男女比率が男1人:女13人という・・・・・。


流石に、いくらなんでも、男一人と言うのは・・・・・・。
ヴァルキリー隊だけでなく、物語全般を通して女性の比率がかなり高い。
「エロゲなんだから当たり前じゃん」とか言う意見は至極最もかも知れませんが、それでも・・・・
せめて!!一人くらいは!!メインキャラで!!衛士の!!男性がいても良かじゃないですか!?


女性ばっかりに任せる世界なんて嫌ですよ。世界中の男性が先に死にまくってたとしても、せめて一人くらいは・・・・・。
あ、でも中途半端に一人二人出すと逆に違和感あるから、あえて突っ走ったとか・・・・・?でも男性が死にまくったって設定で辻褄合わせは出来そうな感じですけど・・・・・。まぁ難しい問題ではありますけど、私にとっては大きな不満。




エロゲ最高峰の作品ながら、エロゲであるがために最大の欠点を抱えてしまった皮肉な作品だとは思いますが、それでもエロゲを嗜む人ならば是非是非プレイしておきたい作品なのは間違いないです。
ある変態紳士をして「エロゲの究極形」と言わしめたこの作品はプレイして損のない作品なのは確実。

最後に書いた愚痴もプレイして2.3年経ったからこそ思った事。
もしこのレビューがプレイ直後なら恐らく総合評価 95点ぐらいは行ってたと思いますw。自分の事ながら信用出来ないレビュアーだなオイw。



とにかく、この作品をプレイすると言うのはエロゲーマーとして大きな通過点として心に残る物になるんではないかと思います。プレイ後の評価を抜きにしても。
鬱、グロ、人死にまくりのネガティブ要素が満載ですが、だからこそやるべき「エロゲ界魂の名作」だと、個人的には、思います。



マブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROMマブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROM
(2006/02/24)
Windows

商品詳細を見る
マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)
(2006/09/22)
Windows

商品詳細を見る

コメント

2、3年前にやったゲームのレビューを今書くとかかなり難易度高いですね(笑
私は終わって三日以内に書かないと忘れてしまいます。
内容はともかく、終わったときの感動はその瞬間だけのものですからね・・・とえらそうにほざいてみました♪

それにしてもマヴラヴオルタ高い評価ですね
私は大学に入ってからエロゲーを始めたのでせいぜい2年ちょっとですけど、結構こういう名作と呼ばれるのものはやってないんですよねf^^;)
パルフェとかリトバスとかランス系とか・・・

いや全くもってその通り・・・・。鮮度の無いレビューはあまりやるものではないですね・・・・・。
ですがオルタぐらいの名作ならばまだ頭は覚えているようで、良い具合に客観的に評価できる時期でしたので、ちょっと調子に乗ってしまいました・・・・w。


オルタはエロゲをある程度プレイした人にこそ薦めるべき作品だと思ってます。
言い方は悪いですが、そこらにある作品と、如何に格が違うか分かると思うんです。もちろん低評価を付ける人もいらっしゃいますけどねw。
是非マブラヴからプレイを!!w

パルフェ、ランスシリーズ・・・・・私の心の名作です(笑)。
でも私もKey作品は一つも手を付けたことありませんし、意外とそんな物なのかもしれないですね。
でも有名な作品はいずれはやってみたいですよねー。

マヴラヴから>たしか伏線がうまいという話をよく聴きますね。

ランスシリーズは戦国ランスだけは持ってるんですが、声がついていないと言うことでなんとなく放置気味というか、一年以上放置してるんですよねf^^;)

パルフェは・・・話せば長くなるんですけど、昔まだエロゲーを知らなかった時に、テレビでこんにゃくのアニメ版がやっていまして・・・あまりのつまらなさだけが印象に残ってしまってorz
そのあとエロゲーを始めて、原作をやってみたんだけど、アニメ版のイメージがどうしても拭えなくて途中で投げ出したわけですよ。
それ以来戯画のあのスタッフ陣が作った作品がどうにも苦手になってしまい、未だにパルフェもやる気がおきないというわけですよf--;)
なぜかさかあがりハリケーンはやったんですけどねf^^;)

マブラヴは確かに伏線上手いです。「えっ、これあの時の!?」みたいに後から気付かされるものも多いですね。

戦国ランスの面白さはゲーム部分にありますから、声が付いてないってだけでやらないのはもったいないと思いますねー。
実際プレイすれば、声が無い事は気にならないと思います、面白すぎてw。戦国からならシリーズ初でも入りやすいですしね。

こんにゃくは・・・・・あれは・・・・・思い出したくもない・・・・w。
私は一話見た時点でギブアップでしたw。私は「アニメなんて無かった」っていう自己暗示で自我を保っていましたけど。

E.Tさんそれ悲劇ですよw、マジで。あれホントにかなり酷かったですもんね・・・・・。
私としてはパルフェは非常にオススメなんですけど、楽しめない環境でプレイしても時間の無駄ですしね・・・。いつか時が解決してくれますよ!!w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/353-42b8629d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。