ブログパーツ

07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phantom 第23話 考察。 

Phantom 第23話を見ました。今回も良かったので感想書こうと思います。


前話のおさらいすると、とりあえず逃亡のために藤枝美緒を利用した玲二達だけど、キャルが予想以上に暴走して、そう簡単には逃がしてくれない雰囲気。次回は更にマズい事に・・・・みたいな感じで終わったはず。





0001742.jpg

今回の冒頭。
逃げる算段と準備はすでに整ったけれども、向こうの事情とも合わせなきゃならないから後5日を持たせなくてはならない訳です。
後5日でこの学生生活も終わり。早く逃げ出して安全な所に行きたいのだろうけど、当然心中も複雑なはず。せっかく手に入れた生活もそうだし、キャルや美緒の事をほっぽって行くのも後ろ髪引かれる事柄なんでしょう。





27.jpg

前々からフラグ立ち気味だったリズィ姐さんがついに・・・・・。
キャルがカタギに手を出しても、自分を撃ち殺そうとしていても、最後までキャルに害を加える事はしなかった。
この話を見て分かったんですが、リズィは「玲二に見捨てられたキャル」と、「弟(だったかな?)を殺されたクロウディア」を重ねていたんですね。
それと元々の姉御肌が手伝ってキャルにあんなに世話を焼いていたという所でしょう。まぁなんにせよ哀しい女の人ですね、結局クロウに裏切られキャルに撃たれ・・・・・・キャルは出来るなら撃ちたくは無かったのでしょうけど。




63262.jpg
キャルの横暴に切れ気味の本妻。刺し違えてでもの覚悟ですねこれ。

778.jpg

ここから急転直下の展開へと突っ走ります。
何気にBGMがカッコいいw。
美緒を人質に取られた事によりそれぞれが強攻策に出てきます。
エレン・玲二→玲二は普段どおりに過ごし、その間にエレンがキャルを倒す算段
キャル→玲二との対決を望む
悟桐組→美緒が攫われた事でサイスに手を打たせるが、恐らく本人達もファントムを殺しに掛かるはず
サイスマスター→遂にこれまでちょくちょく顔を出してきたナンバーズを投入する気の様(上の画像)。






01412411.jpg

次回、24話「対峙」
「貴方が生き延びてくれるなら、それが私の生きた証です」

遂に最終決戦が始まるー!!こっからエレンのターン!!後は三話掛けて決戦の夜を描くんでしょうか。なんかどっかでアニメオリジナルの終わり方になるかもとかそんな話題を見ましたが、どうなんでしょう。楽しみですねー、次回に期待です!!

コメント

今回はなんと言ってもリズィがキャルに撃たれたのが驚きでしたね・・・
キャルはなんだかんだ言ってもリズィを仲間だと思っている、と私は思ってたんですけどね・・・こうなるとキャルがラストで死ぬか軽くても精神崩壊するかの公算が高まってきましたね。

次回からはいよいよウライマックスですね。楽しみになってきました。(実はこのコメント書く段階ですでに24話見終わっているんですけどねf^^;)

キャルはリズィの事を仲間だとは思う事は思っていたんじゃないかと感じますが、その仲間意識よりも玲二に対する復讐の思いの方が強かったのではないかと解釈してます。原作でもキャルはリズィに自分を止めて欲しいと思っている描写がありましたし。

24話も見てみたんですが、最終決戦にはまだ辿り着きませんでした。中々に焦らしてくれますw。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/351-a26fd01a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。