ブログパーツ

06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phantom 21話 考察。 

「Phantom 21話」を観ました。特に感想とか書くつもり無かったのですが、ラストのカッコ良さについつい書いちゃいます。





とりあえず20話から新OPになってます。もう観ましたか?

Phantom ~000014514
箸がうまく使えず魚に悪戦苦闘するエレン。細かい描写が面白いです。

Phantom ~_000066066
日本にいる時のキャルの1シーン。雨が降り出した所に店員さんから傘を貰う。ここら辺はまだ無邪気な部分が垣間見えます。

Phantom ~_000076451
クラスメイトとのひと時。一応エレンは素を隠してはいますが、楽しそうなのでオッケイ。月姫の琥珀さん理論ですw。


曲はアリプロの「戦慄の子供たち」。結構賛否両論ですが、私としては日常と非日常の対比として悪くない曲調だったと思います。少なくとも「地獄の門」よりは・・・・・。




21話のあらすじは
インフェルノの追っ手が来たことを知ったエレンと玲二は、逃亡の準備を図る。しかし突然の襲撃者は玲二の予想をはるかに超えた相手だった。
とりあえず、藤枝さんと言う後ろ盾もある二人は確実に逃亡ルートを確保し逃げる算段をしていたが・・・・・・。
という物。



前半は特に考察の余地も無いと思うので割愛。
後半です。玲二はエレンにキャル、ファントムドライの経緯を話します。そして二人はドライが玲二を狙っている事を改めて認識。
その上で人にまぎれれば追っ手やドライも手を出しにくいだろうと考えて学校にも普通に通っていたのですが・・・・・・。ドライの行動はその予想から外れた暴走行為を見せて・・・・・・。


後は自分で考察できるシーンを抜粋してみました。


Phantom ~_000756714

振って来る雪をじっと見つめる玲二を藤枝さんが微笑みながら見ているシーン。何故ここで彼女は微笑んでいるのか?答えは(ネタバレになるのかな?)それが藤枝さんが玲二に惚れている理由だから。
何気なく咲いている花や、降ってくる雪を見て、「普通を過ごせている」と言う感動を覚えている玲二が、とても魅力的に見えるから。そういう小さなことに感動を覚えている玲二が素敵だと思うから。


Phantom ~001150649

学園内に普通に入ってくる変質者、サイスマスター。ここではツヴァイの強さの理由を語っています。
「そうだ、お前には私が殺せる。命令でもなく、追い詰められてでもなく、ただ己の意思のみによって。それがお前の特筆すべき点だ。」
今までも玲二は自分という存在を見失わずに、自分が出来うる行動を自分の意思のみで貫いてきました。その心の成長こそ玲二の強さたる由縁なんでしょう。


Phantom ~001307472

Phantom007

Phantom ~001296211


遂に対面、アインとドライ。性格も闘い方も似ていない二人に共通している点は、玲二と言う存在。
想いの方向性は違えど、二人とも譲れない物を持っています。
良く「エレンは玲二に恋愛感情を持っているの?」という疑問をPhantomスレで見るのですが、個人的には恋愛感情ではなく、「ただひたすらに守りたい、自分の半身のようなもの」という感情を持っていると思います。もう少し話が進めば、その描写も現れてくるかと。


登場人物の心理をまとめてみると、
玲二:キャルが生きていた事による戸惑いを隠せない、これからどうすべきか。
エレン:玲二に仇なす者は誰であろうと許さない、例え最強のファントムでも。
ドライ:玲二に地獄を見せる、それだけの為にここまで生きてきた。
サイス:自分の作品によるショーが始まる、もう少しで・・・・(みたいな感情だと思うw)
リズィ:苦労人、ドライのせいですごく大変。(何気に正座が出来るw)
美緒:大変な事になってるとは露知らず、奥手のまま。
茂木:もてない茂木。
早苗:水橋さんです、美緒と玲二をくっつけたいのです。





アニメになった事によって、若干心理描写や状況描写が物足りなくなった感じが否めないかなー。
ちょっと疑問符が付く点も少なくは無い。もう少し追い詰められている緊張感とかがあれば良いんですけど、まぁこれからそれは増していくでしょう。
22話でアインとドライの決闘が始まります、でもそれもまだ幕開けでしかないのですが。こっからラストまで怒涛の展開が非常に楽しみ。原作の終盤の熱さはハンパではなかったので、今後に期待です。
あ、あとED曲は素晴らしいと思います、はい。

コメント

初めてOPを見たときはぽかーんでしたよ(笑

私は原作はやっていないのでわからないんですが、これから玲二の嫁の座を賭けて新旧嫁がガチンコバトルでも始めるんですかね?さすがにNice Boat!な修羅場展開はちょっと勘弁ですけどf^^;)

あれも監督の意図でわざと作られたものらしいです。そういう演出ってことですね。l

ここから始まるのは「人の成長と償い」の話になります。とにかくラストはホント熱い、と個人的には思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/336-1394254d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。