ブログパーツ

08 | 2017/09 | 10

痕 リメイク版 レビュー。 

痕リメイク版、オールクリア達成しましたしたのでレビュー書いときます。
感想をまず軽く言っておくと、「プレイするうちに評価が上がった」といった所。
リメイク版で追加された高砂立花ルートについてもキチンと触れて行きたいと思います。
いつもの通り.個別評価と「どれだけ楽しめたか」の総合評価を書きます。
ちなみに痕初プレイです。


あらすじ

別居中だった父親の、突然の事故死から早一ヶ月。

せめて四十九日の間くらいはと、大学の長い夏休みの終わり、
主人公はかねてから予定していた旅行を取りやめ、
田舎にある父親の実家へと訪れた。

幼い頃に両親を亡くし、
主人公の父親に扶養されていた従姉妹たちも、
悲しみに明け暮れていた日々に決別し、
徐々に明るい笑顔を取り戻しつつあった。

心に深い痕を残したまま、主人公を優しく迎え入れてくれる彼女たち。
だが事件は、そんな彼女たちの心を、冷たく引き裂いていった・・・。






ストーリー 7点

うーん、難しい・・・。けど7点ぐらいが妥当ではないかと思います。
無駄に風呂敷を広げずに、キチンとまとまりを見せつつ展開させたのは好印象。テキストなども相まって、良く雰囲気の出ている話だったと思います。
ですが、長編ストーリーが流行りの今では、若干物足りなさを感じる可能性があります。ルートによってはストーリーが始まったその日にクリアなんてのもw。今では有り得ない物でしょうが、過去の時代を感じさせる作りでした。
まぁ、ハッキリ言ってしまうとトンデモ展開とか今ではありふれた設定とかが多かったです。ですがそこはそれ、伝奇モノのパイオニアのリメイクですから、批判する点ではありませんよね。



追加シナリオ、おまけシナリオ 8点

この項目は高砂立花ルート&クリア後のおまけシナリオについてです。
感想から言うと、この追加ルート、結構良かったです。
キャラの設定や性格などをそこまで崩すことなく、更に雰囲気を壊すことなく、今風の熱血展開(千鶴さんとの共闘など)を盛り込んでいました。
一言で纏めてしまうと、「劇場版 痕」って言うたとえがしっくり来るんじゃないかなーと。本編で描いてくれなかったキャラの掛け合い、伝奇モノ要素、見たかったストーリー展開などなど、まさに魅力満載。痒いところにも手が届く内容だったと思います。
ただ誰かが「ファンの書いたSSみたい」と言っていたのですがそういう見方もあるのかなーと。確かにメイド強すぎだったり主人公が家に帰ってもハーレムだったり・・・・。公式がやっただけに正規アナザーストーリーとしてあの展開は、ちょっと受け付けない方も居るかもしれませんね。
ただ、個人的にはかなり良かったです、そこは言っておきますw。
おまけシナリオは良かった、もともとキャラの魅力は充分だけに楽しかったw。To Heart2とかには笑ったねw。



キャラ 9点

キャラは良かった。姉妹全員魅力的。ホント掛け合いはかなり楽しませてもらいました。この点は今でも十分過ぎるほど通用しますね。ヘタなキャラゲーよりかは断然良いのは間違いないですw。
ストーリーが個人的に良かった事もあったかもしれませんが、新キャラの立花もなかなか。まぁ所々うざい所のあるキャラでしたけどね・・・・。
個人的な感想としてはもっともっと掛け合い部分を増やしてほしかったなぁと。本編の短さもあってあんまり日常は描いてなかったので。おまけシナリオとか増やしてくれれば良かったのに、とか今思ったりw。



主人公 7点

個人的には可もなく不可もなく。モテる理由が分からない訳ではないけれど、そこまで魅力的って訳でも・・・・・。
まぁヘタレる部分も無く、きちんと決める所は決めると言う点では良い主人公でした。もっと俺最強を押し出せばよかったのにw。



CGなど絵全般 9点

流石Leaf、かなり綺麗でした。文句無しでしょう。昔の絵柄とはかなり違ってますが、前の作品をやってない私としては良い変化だったと思います。
と言うかタイトル画面の四人がすごく綺麗だと思うんだ・・・・・。



音楽 8点

やっているうちに気にならなくなったのですが、最初はちょっと「古臭い」音楽だと思いました。アレンジを加えていたのですが、それでも思ってしまいましたね。いやまぁもちろん、過去作をやってる方にはタマらないと思いますけどね?新規の意見って事で。
でもやっぱり良い曲はいくつもありますね、「鬼神楽」とか疾走感がかなり良かったです。
ついでにSuaraさんのOP&EDも凄く良かった。シングルでも良いから出してくれれば良いのに。ホント欲しいw。



世界観、スケール 6点

判断の難しい項目ですねw。
柏木一族云々だけなら、まずまず。時代を考えると革新的。初音ルートまで行くとどうなるか・・・。
人によっては受け付けられないものがあるかもしれません。
最初のルートから比べると、最後のルートはかなり世界観とスケールが広がりますが、特に「スゴイ」、と言うわけではないと思いますね。



演出 6点

特に目立った物がある訳ではなし、グリグリ動く訳でなし、と言うことで6点。
所々面白い演出がありましたが、東鳩2とかエセエンドロールとかw。



システム関連 8点

んーまぁ特に問題なし。
セーブ数も適切、テキスト関連サウンド関連ビジュアル関連どれも文句は無かったです。こういうところをキッチリ作るからこその大手な訳ですし。
強いて言うならスキップがちょっと遅すぎ。ストーリーが短かったのでそこまで苦では無かったですが・・・・。





個別評価 結果
.ストーリー      7点
追加シナリオ     8点
.キャラ         9点
.主人公        7点
CGなど絵全般    9点
音楽          8点
世界観、スケール  6点
演出          6点
システム関連    8点




総合評価 82点

正直梓ルートが終わった辺りでは「これでフルプライスは高いだろ・・・・」と思っていたんですが、おまけシナリオの日常シーン補完、さらに追加シナリオの出来の良さで評価鰻登りw。プレイ出来て良かったと思える良作だったと今では思います。

リメイクの出来については充分だと思います。昔を懐かしみたいとかもう一度「痕」に触れたいと思っている方は充分楽しめる内容だと思います。雰囲気も崩れる事も無かったですし、傍から見て大胆な改変がある訳でもなかったので。
新キャラルートについては正直言うと賛否両論になるかもしれないですが・・・。


個人的な感想としては、伝奇モノの奔りとなった作品をプレイ出来て良かったなといった感じ。
もっともっと市場に伝奇物が増えてくれると嬉しいんですが・・・。Leafさんがまたこういう伝奇ノベル作ってくれないかなぁ・・・・・w。

コメント

テストも終わり、痕をやろうかと思っていたので、ナイスタイミングですww
俄然やる気が出てきましたよw

と思っていましたら、肝心の痕持ってなかったですw
借りてきますwww

葉っぱさんは、時々こうして毒のある作品を出して欲しいものです。
毒って言ったら少し失礼かなwww

後、前記事になりますが、Ducaさん聴きました。
いい歌声ですねー^^
埋もれていた才能ですね。

最初はちょっと短さと淡々と進む話にビックリするかもしれません・・・・w。でも昔の作品のリメイクって訳ですからそれも致し方なし。
>毒のある作品
Leafさんには個人的にメギドみたいな3Dエロゲとかに頑張ってほしいなーと思ってます。エロゲの新たな市場拡大のためにも。

Ducaさん良いですよね!是非いろんな人に聞いてもらえたらなーと、なんか勝手に思ってますw。何様だお前とか思わないで下さいw。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/303-b434d34c