ブログパーツ

05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングゲイナー、オーバー!! 

「OVERMANキングゲイナー」を全話視聴終了しました!

いやーこのブログでは書いてなかったんですが、コッソリと見ていたんですねーw。

「キングゲイナー」とは、あの「ガンダム」シリーズの生みの親、
富野由悠季監督が原作の2002年から始まったアニメです。


その富野御大の作品としてはマイナーな部類に入るとは思いますが、
まぁ1st、Z、逆シャア信者の私としては見ないわけにはいかないでしょう、
って事でこの1週間怒涛の勢いで見ましたよw。


見た感想としては、何で今までこれ見なかったんだろう、って最初に思いましたw。
富野御大と言えば登場人物を殺しまくる「皆殺し」の異名で名高いですが、
このキングゲイナーはシリアスな展開の中にもどこかおかしく、コミカルで憎めない演出が入っているという、何というか比較的明るい作品です。


確かにZガンダムなどでは最終的に登場人物の殆どが死んでしまう暗い展開だったのですが、
キングゲイナーで死んでしまう主要人物は2,3人ぐらいなんですね。
作品の雰囲気も明るくて、希望に溢れた感じの話が多かったので
ずーっと高いテンションで見ることが出来ました。
・・・もう人が死ぬ話はね、もうあんまり見たくないんですよねw、
登場人物が魅力的な人ばかりですから。


この話は主人公である「ゲイナー」の成長の物語で、色んな経験と人との交流を経て
彼は確かに大きく成長していきます。
でも個人的に一番の見所は、もう一人の主人公である「ゲイン・ビジョウ」と「ゲイナー」の
二人の信頼が生まれていく、言うなれば友情の物語、みたいな?所です。(ちょっと違うかな・・)
まぁとにかく、この二人に徐々に生まれていく信頼と、
それによって発揮される名コンビっぷりがたまらない訳です。
二人とも口には出さないが、と言った感じのやり取りが良いんですよね。


まぁ昨日最終話見終わった訳なんですが、最後の展開はちょっと・・・w。
私は普通に良かったと思いますけど、訳分かんない人もいるかもしれないですねw。
だって(反転ネタバレ)ラストバトルなのに主人公が敵側に周るなんて・・・。(反転ネタバレ終わり)
いや、私は結構感動しましたけどね?w
でも最後にもう少しゲインとゲイナーのやり取りを見せて欲しかったかな。
尺が足りなくてしょうがなかったんでしょうけど、そこら辺は期待してたんですよね。
もうOVAでも何でも良いから、その後のやり取りを2,3話描いてはくれないでしょうかw。


全話見た後は「これでキングゲイナーの世界ともお別れか・・・」という、
妙な虚脱感に包まれてしまいましたw。
もうちょっとでも良いからこのアニメを長く楽しみたかったなぁ、と言うのが本音です。
もっとゲイナーやゲインやサラやアデット先生やシンシアやアナ姫やアスハムやケジナン共やマンモーとリンクスの活躍を見たかった・・・。出来るならずっとずっと見たかったw。
二期が見たいなぁ、絶対に叶わぬ願いだけどorz。


まぁそんな訳で、富野由悠季監督の作品が好きな方なら一見の価値は十分にあります。
と言うかもっともっと有名になっても良いのでは?って思いますね。
OPアニメだけでも非常にクオリティが高いので、一度見てもらえれば、と思います。
オススメですよー。




オーバーマン キングゲイナー Vol.1 [DVD]オーバーマン キングゲイナー Vol.1 [DVD]
(2003/02/14)
富野由悠季

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/183-88efda03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。