ブログパーツ

07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年下半期。 

さて、前回に続き下半期の売り上げを、データを見ながら振り返っていきます。


2009-01-05-408.jpg

下半期売り上げ1位は、「真・恋姫†無双」
これは驚きの結果。まさかこれほどまでに売れるとは思いもしませんでした、マジで。
12月26日というギリギリの発売日でありながら1位を獲得するという快挙。
「エロゲは初動の売り上げが命」だとは聞いていますが、
それでもこれは予想を大きく大きく上回る結果となりました。
アニメ化コンシューマ化など様々な要因を全て追い風にしてこれほどの勢いを得たんでしょうね。



2009-01-05-409.jpg

2位は「リトルバスターズ!エクスタシー」
無印の時から18禁版が発売されるというのは予想されていましたねw。
やはりかなりの売り上げだったようで。
追加シナリオやヒロインも一切の手抜き無く丁寧に作りこまれた、
2008年を代表するソフトの一つだと思います。

3位は「闘神都市Ⅲ」
老舗アリスの名作シリーズの最新作。
これの発売発表があったときにはν速にスレが立つほどでしたw。
評価の方は皆さん辛口で、中々伸び悩んでいる様子・・・。

4位は「君が呼ぶ、メギドの丘で」
これも年末の最後に発売された作品。
それで4位にまで食い込むわけですから、そのパワーがうかがい知れます。
やっぱ、なんだかんだでLeafは売れるよなぁ・・・。

5位は「ティンクル☆くるせいだーす」
処女作としては卑怯なほど強力なクリエイター陣で製作した今作。
話題性も十分、期待度も高く、九月の目玉として注目されていました。
結果は十分過ぎる出来、文句なしのセールスでしょう。



2009-01-05-410.jpg

6位は「ヨスガノソラ」
ウチでも応援させていただきました。
これほど絵に魅力のある作品は中々無いでしょうね。
絵買い特攻を許せちゃうレベルのw。
中身はかなりの「妹ゲー」だったようです、それはそれでタマラン物がありますよね!

7位は「FairlyLife」
正直全くのノーマーク。この作品自体ほとんど知らなかったですw。
知らなさ過ぎてコメントが無いんですよね・・・w。

8位、「タユタマ -kiss on my deity-」
2008年美少女ゲームアワードでも健闘した今作。
しかもアニメ化決定と、これからこのブランドの大きな転機となる作品でしょうね。
しっかりアニメも力入れないと、見るに耐えない物になりますよ絶対・・・。
エロゲ原作は九割がた駄アニメですから・・・・。

9位「しゅぷれ~むキャンディ ~王道には王道たる理由があるんです!~」
こちらも大健闘。まさかスマガさかハリよりも売れるとは・・・。
と思ってたらここのブランドはアニメ化した「H2O」作った所だったんですね。
「恋姫」しかり、「茜色に染まる坂」しかり、アニメ化はやはり強いですね。

10位「てとてトライオン!」
こちらはもう少し伸びるかな?と思っていたんですが、中堅のメーカーさんの奮闘により10位に。
評価も上々で「かにしの」の後に出た作品としては無難に製作できたんじゃないかと。
PULLTOPも安定した作品を作り続ける優良メーカーさんですよね。

10位以降は気になったのだけ書いていきます。

2009-01-05-412.jpg

14位「さかあがりハリケーン」
15位「スマガ」
16位「ほしうた」
正直もっと売れると思った三作品が綺麗に並びましたw。
かなり注目されている3つだと思ってたんですが、他の作品が強かったですねー。
特にスマガは、発売当初はあまり売れなかったとか。
まぁそれでもしっかり上位に食い込んでくる辺り、さすが大手と言った所でしょうか。


2009-01-05-414.jpg

期待の「殻ノ少女」は25位。頑張った方でしょう。
この作品は特典が無いのでamazonで買ったり
普通に店で買ったりする方も多かったはずですから。
今後も特典無しでの地域店舗活性化というコンセプトは続けていくのか、注目です。


2009-01-05-415.jpg

26位「姪少女」
30位「むすめーかー」

うん、見事な結果を見せてくれました、このHENTAIゲームどもはw。
どちらも処女作だったはずですが、
なんというかこの売り上げが当たり前くらいに期待されてましたからw。
言える事はただ一つ・・・こ の ロ リ コ ン ど も め !
・・・・「むすめーかー」を作ったデジタルキュートは今後に期待。
むすめーかーの力の入れ方がハンパじゃなかったですからw。


2009-01-05-416.jpg

31位~35位
中堅のブランド力の強さを伺える一角。
特に大ハズレも無く、さすが激動の業界を長く生きているメーカーさんたちですねw。


2009-01-05-417.jpg

40位「コンチェルトノート」
恐らくこれから売り上げがじわじわ伸びると読んでいる一作。
というのも、年末の作品の中でもかなり評価の高いダークホース的な作品ですから、
これから口コミで広がって行くんではないかと思うんですね。
とらのあなさんでも売り切れが続いているようですし・・・。


2009-01-05-419.jpg

47位「あかね色に染まる坂」
2007年の作品から奇跡のランクイン。
やはりアニメ化というのは大きいんですね。アニメの出来はどうだったのかな?
・・・まぁ正直、コンシューマでの声優変更問題で
あまり良いイメージは持っていないんですが・・・。


こんなところですね。
下半期は新規メーカーや中堅メーカーがとても頑張っていたイメージがありますね。
期待の新規メーカーが増えたのはうれしい限りです。
それから、次の更新で2008年全まとめをしようと思います。
それでは今日はこの辺で。




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/162-135cc591

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。