ブログパーツ

08 | 2017/09 | 10

ミストルティアに衝撃を受けた話。 


作品のボリュームに引っ張られてガッツリ書いてしまった。
まあそんなつもりはなかったのですがレビューみたいなものです。

極煌戦姫ミストルティア ベルトスクロールアクション レビュー

年末年始暇だったんで50%OFFセールやってたこれを買ったんです。
(DMMとかで半額やってます)


『極煌戦姫ミストルティア ベルトスクロールアクション』好評発売中です!


ミルフィーユの新作で、戦うヒロインがやられちゃう系の作品です。
商業エロゲとしては珍しく、アクション要素のあるゲームとなっています。

もう結論から言ってしまうと、私この作品に衝撃を受けました。
最初はまあ暇潰せてそこそこエッチな作品だといいなあと思っていたんですけど、やってくうちに「この作品スゲえな。。。」と思わずにいられなかったです。

この作品のスゴイとこ①
戦闘が普通に面白い。
まあやっぱりミドルプライスのエロゲーなので作り自体はスーファミのファイナルファイトぐらいのものなんですが、やっていて非常に楽しいのです。
コンボもあり、無敵での切り返しもあり、敵もそこそこバラエティに富み、難易度も絶妙ですごくやりがいがある出来。
これが4000円未満、今なら半額だから2000円未満で出来てしまうのにはホントにびっくりしました。


この作品のスゴイとこ②
かなりエロい。
まあいつものミルフィーユクオリティで、非常にエロかった。
小説をもとにしてるだけあって文章も良く、声優さんの演技もバッチリで、更に戦闘がそこそこ難しいことが非常に良いスパイスになっており、エロさの水準がめっちゃ高かった。もうクソ使える。
ゲームの形式としては残機制で、一度HP0になる度アクションシーンでの(いわゆるドット絵での)短めのエロを挟んで、残機0の状態でHP0になると、ゲームオーバーとしてノベル形式のエロシーンとなります。
その二段構えがまた贅沢で、ドット絵スキーの方にはもう大満足な形になってると思います。
個人的にはドット絵にエロスは感じない方なんですけど、このゲームはその熱中度の高さもあって「ああこれ普通に使えるな」と思いました。


この作品のスゴイとこ③
驚愕のボリューム。
上記の通りエロシーンはドット絵と通常のノベル形式の2つの形式があります。
その2つの形式は、とどめを刺された相手に対応して内容が様々変わるわけなのですが、。
この作品のすごい所は全ての敵キャラにその2つの形式のエロシーンが用意されていること。
だいたい全部で15体くらいの敵キャラがいたと思うんですが、唯一の例外を除いて全員にやられちゃうドット絵シーンとノベルシーンが有るのです。
更に、あるシチュエーションで敗北すると特定のエロシーンに発展したりすることもあり、単純な敵種類以上のシーンが用意されています。
更に更に、ステージは全部で7つなのですが各ステージごとにゲームオーバー後の後日談みたいな感じのエロシーンが用意されています。
更に更に更に、各敵キャラに敗北したシーンは1回目、2回目、3回目以降、ゲームオーバー時とそれぞれ違いがあります。

やばくないすかこのボリューム。
マジでミドルプライスとは思えない。凄すぎる。


この作品のスゴイとこ④
音楽が良い。
もうこれはただそれだけ。でも格好良い。
プレイしててそのかっこよさに笑っちゃうくらいでした。内容にマッチしてた感じですね、ノリノリになる。
特に1面が好き。


この作品のスゴイとこ⑤
システム面。
「ミッション」といういわゆる実績制度、トロフィー制度みたいなものがあります。
一定の条件を満たすと解除されポイントが貰えるこの制度、単純にエロシーン全部埋めるだけじゃなくてアクションとしてのやりこみ要素も完備してるんですね。
しかも普通にプレイしてたらまず解除できないものもあってやり甲斐があります。
というかエロゲでこんなん実装するかな普通w。


この作品のスゴイとこ⑥
強化パッチがある。
アクション部分を見てもらえれば分かるんですが、このゲームドット部分はかなり荒いです。
個人的にはそんなに重視する部分ではないので気にはならないのですが、「もっと高画質でやりたいよー」って人のためにアップデートパッチが発売されました。
値段は600円とちょっと高い感じですが、これを適用することにより
ⅰ)ドット関連が全て高画質で遊べるようになる
ⅱ)一部ドットアニメーションの追加
ⅲ)アクション部分の変更(敵の出現箇所や量等)
ⅳ)ドットアニメーションの鑑賞機能(エロ部分)

が加わります。まあこうしてみるとドット部分にこだわりのある方はぜひ適用すべきな感じですね。
自分は既に買いました。もうお布施として600円払うぐらいの気持ちで。こんだけのボリュームならそれも全然悪くない。






サラッと書くつもりが熱く語ってしまった。
まあそれくらい感銘を受けたということです。
ミドルプライスでわざわざこんな手の込んだゲーム出すって。。。
ゲーム性加えるのは作品にもあってるし分かるんだけどわざわざベルトスクロールアクションって。。。
しかもこれおそらく吉里吉里で作ってるはず。拡張性高いスクリプトだけどここまでやるか。。。

もう久々に衝撃を受けました。
ありがとうって気持ちと、こんな作品作りやがってというなんというか悔しい気持ちと。
自分もなんかこういうの一本ぜひ作ってみたい、とそんな思いを蘇らせてくれました。

まあそんな私的なことは置いといて。
とにかく良かったこのゲーム。
出来ればエンジン使いまわして定期的にこの形式のゲーム作ってくれないかな。絶対買うのに。

変身ヒロイン系が苦手じゃなければ是非オススメですよー!
こういうアクション含むエロ系のゲームの一つの理想というか完成形だと個人的には思うなあ。
以上。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/1107-bb4332ef