ブログパーツ

03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 感想。 



ふとアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の5話を見て少し気になったので、原作の方を読んでみました。
書評とは言わないですが、感想を軽く書きます。



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
(2011/03/18)
渡 航

商品詳細を見る







あらすじ
青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ

--青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!
ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だったーー。
さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。
俺の青春、どうしてこうなった?




最初に思った事→The・ラノベ。



この作品の一番の特徴は、主人公がぼっちでクズいって点でしょうか。
類似の作品に「僕は友達が少ない」がありますが、あちらよりは主人公がストレートにゲス野郎で卑屈なので、ぼっち設定に説得力が出てて好きですね。

ひねくれぼっちの主人公を差し置いてヒロインの雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣が仲良くなってく様は見ていて面白いです。
それと、そのひねくれた性根の主人公が、振りかかる事件を独特のぼっち視点から解決して変なふうに他の登場人物から一目置かれるようになる様は妙な爽快感があって楽しいです。

まぁこんな感じで、割と共感できるそのぼっち思考から展開されるボーイミーツガール物語は、なかなか新鮮で面白いです。
個人的にはこの主人公が最終的にどういう人間関係を築いていくのか、非常に楽しみです。





ただ、文章力はまったくもって褒められらた物ではないですね。
最近のラノベって本当にこんな内容なのかと、驚愕してしまうほど。その展開も相まって1巻のテニスあたりは読むのが辛かったです。
確かに色んな意味でライトなので、本を読み慣れていない若年層にも取っ付きやすいとは思うのですが……。
ラノベの文章力低下が叫ばれてる昨今ですが、今後更にこういう文章のフォロワーが現れたらもうどうなっちゃうんだろうと余計な心配をせずにはいられないです。出涸らしどころの話しじゃなくなっちゃうんじゃないかな。
あと、主人公に作者の思っていることを代弁させるのもあまり好きじゃないですね。あのアニメがどうこう、あの小説がどうこうっていう感想を言わせるの。



それからストーリー展開。
奉仕部っていう設定上色々と問題が起こって、それに対して主人公やヒロインが解決に奔走するのですが……。
「解決になってないorそれは解決方法としてどうなの」っていう展開がままあるのはどうかと思いますね。
こういう作品は思春期の少年少女の微妙な感情を題材にしていることが多いので、この問題に対してどうやって解決するんだろうっていう点には、否が応にも期待してしまうのですが……。
その解決方法が普通というか拍子抜けーな展開が結構あるので……そこでガッカリすることがあるのが残念な所。
毎回奇抜な解決方法や秀逸な締め方を期待する訳ではないですが、1冊の山場やオチとして、あまりに弱すぎるのはちょっと如何なものかなと思ったりはします。



あ、あとはリア充グループの会話。
オタクが妄想するステレオタイプなやりとりばかりなのがちょっときになる所です。
実際にあんな喋り方するやつ今時いるのかなとか思ったり……w。







まぁ後のほうでちょっとsageてはいますけど、個人的にも楽しめてます。
最初のほうで書いたとおり主人公がここからどういう人間関係を築いていくのか、とても気になる&楽しみです。
1巻だけだと色んなラノベをミックスして薄めましたっていう印象ですが、巻を増すごとに独自色が出てきているので、1巻だけで判断せずに出来れば2巻までは読み進めてみて欲しいかなと思います。


現在は5巻辺りまで読んでますが、文章は中々良くなったなぁと感じます。
意味のない語りを減らして主人公がどう思っているかの心理描写を多く書くようになっていて、展開としても分かりやすく感情移入しやすくなってるなと。
これならネックだった文章とストーリー展開も、今後は中々期待できるじゃないかと今からwktk。

それからアニメの方もちょっと期待。
あまり山場がないお話ですが、5話見た感じ嫌いではなかったので楽しみにさせてもらおうかなぁと。
1クールなのかな?どこまでやるんだろう……。
個人的には、キャンプの話をどう演出するかが気になります。(まぁいろいろな意味でw)







以上、感想でした。
過度な期待は禁物ですがスラスラと読み進められる内容なので、お暇がある方は是非に。

コメント

Re:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 感想。

ちょっと設定がAURAに似てるのは気のせいかな・・・?
まあでも原作も読みましたけどそこそこには面白いですね。確かにちょっと盛り上がりには欠けるところがあるが、ここまで損な役回りに徹底した主人公もある意味珍しい。どうせガハマちゃんは負け組とわかりきっているのでラブコメ的にはいまいちですけどね。

Re:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 感想。

>ちょっと設定がAURAに似てる
あー、どうでしょう?自分は特には思わなかったですね~。
文体はなんとなーくロミオ先生っぽい?とか勝手に思ったりしましたが。

お話的にぐっと盛り上がる所は5巻現在まで無いですねぇ。
縁の下の力持ちを嫌々やるっていうのは面白いですよねw。

確かに由比ヶ浜ちゃん非常に魅力的だと思うのですが、はがないの星奈よろしく、踏み台にされる気配満々ですよね……w。
まぁ由比ヶ浜&雪ノ下が最終的に主人公とどんな関係を築くのかを楽しみにしてます。
ありがちな三角関係とかじゃなく、ちょっとヒネった関係だったらいいなぁと夢想中です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julyteki.blog87.fc2.com/tb.php/1000-c679d748

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。