ブログパーツ

09 | 2013/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキー見た。 




映画ロッキー見ました。往年の名作。


ロッキー [Blu-ray]ロッキー [Blu-ray]
(2010/12/03)
シルベスター・スタローン、タリア・シャイア 他

商品詳細を見る



たたーたーーーたたーたーーーたたーたーーーたたーたーーー♪
試合の方も面白かったけどやっぱり名場面である朝のランニングが一番いいなぁと思います。
あの不思議な高揚感は初めて徹夜して夜通し音楽聞いてたあの頃と似ている……。
ボクシングなんで熱血的なお話かと思ったら底辺辺りで生きる若者の苦悩をジックリと描いてる内容だったのでビックリ。
勢いがありながらも繊細さも併せ持っている面白い作品ですね。



と言うか借りてるDVD4本あるのに1本しか見れてない……。明日返却日なんだけど……。


それから最後に映画カテゴリに投稿したのいつだっけ……?
あれからも色々見てはいるんですけど特に記事にしてないんですよねー。
まぁいい機会だから何見たか程度には記事作ってくようにしようかな。
とりあえず土曜朝までに借りた「ダウト」を見ますよー。



スポンサーサイト

巨乳ファンタジーって外伝2まで出てるんですね。 




めっちゃやってみたい。
いや、外伝2は別にだけど本編がやりたい。

成り上がりサクセスストーリーって本当に面白いですもんね。
詳しく内容は知らないけどそういう話だっていうのは知ってます。



うーん……良い機会だしちょっと探してみようかなぁ。。。
うん、まぁそれだけなんですけどね。
「ものべの -happy end-」とか「VenusBlood -GAIA-」とかも面白そうだなぁってちょっと思っております。

KOTOKOさんのニューアルバム。 




所謂オタク趣味にハマりだしてから今に至るまで、my most favoriteな歌手はKOTOKOさん一人です。
そんなKOTOKOさんが11月20日にアルバムをリリースするそうで。
まぁ久々のアルバム(だよね?)なので買うしかないでしょうと。
まぁね、こんなこと言いながら最近のKOTOKOさんの活動をあまり知らないっていう自体になってるのもあるし……。


空中パズル(初回限定盤)(先着購入特典CD「→unfinished→」 English ver付)空中パズル(初回限定盤)(先着購入特典CD「→unfinished→」 English ver付)
(2013/11/20)
KOTOKO

商品詳細を見る







なんか初回特典には「→unfinished→」の英語バージョンが付くそうで。
これは是非とも手に入れたい。先着購入特典ってどうやって手に入れるかわからないけどAmazonで頼めば問題ないかな?



それから肝心の収録曲。
下記リンクに詳細が載っていました。



CD収録内容(収録曲順 未定)
●Loop-the-Loop
 TVアニメ「もっとTo LOVEる-とらぶる-」オープニングテーマ
 作詞:KOTOKO、作曲:KOTOKO・中沢伴行、編曲:中沢伴行・尾崎武士
●Light My Fire
 TVアニメ「灼眼のシャナⅢ-Final-」オープニングテーマ
 作詞・作曲・編曲:ryo(supercell)
●→unfinished→
 TVアニメ「アクセル・ワールド」エンディングテーマ
 作詞:KOTOKO、作曲・編曲:八木沼悟志
●サクラノアメモエギノヨ (Sg「 →unfinished→ 」CW曲)
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:齋藤真也
●リスタート
 iPhone/Android用恋愛ゲーム「恋愛リプレイ」OPテーマ
 作詞・作曲 : KOTOKO 編曲 : 井内舞子
●SHOOT! (RO-KYU-BU! 1st Sg[「SHOOT!」セルフカバー]
 作詞:KOTOKO 作曲:八木沼悟志 編曲:齋藤真也
●WING OF ZERO (another ver.)
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:高瀬一矢
●My-Les
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:齋藤真也
●空中パズル
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:齋藤真也
●frozen fir tree
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:八木沼悟志
●P◇lyG△n (読み:ポリゴン)
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:高瀬一矢
●フシ-ギナ-アナ
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:井内舞子
●黙れよ、ピーター
 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:Deco27
●タイトル未定
 作詞・作曲:KOTOKO 編曲:橋咲透


アニメのOPやED曲に多分のオリジナル曲もあるのかな?
個人的には「Light My Fire」が入ってくれてるのがマジで嬉しい。シングルを買おう買おう思ってて結局まだ買ってないものだから。この曲があるだけで個人的にもう購入決定レベル。
しかもなにげにバルドスカイゼロの曲まで入ってる?最高じゃないスカこれ!!

もうぶっちゃけこれは買わないほうがおかしいくらいのラインナップだなぁ。
KOTOKOさんのCDではもう恒例の特典DVDももちろん付いてるし、と言うか今回は特典がかなり豪華な印象。
こうなったらもう早く発売してくれないかなぁとか思ってしまいますねw。早く全曲聴きたい。
それからKOTOKOさんの曲好きな知人友人にも薦めまくってやろっとw。まぁ「Light My Fire」と「→unfinished→」の両曲が収録されている時点で絶対満足できるアルバムなはずだし、魅力に感じてくれるはず……。

「Light My Fire」と「→unfinished→」は聞いたことなければ是非是非ですよ、めちゃ良い曲です。




それからKOTOKOさんがTwitter始められててビックリ。まぁ事務所アカウントではあるんですけど、たまに「byKOTOKO」としてKOTOKOさんのつぶやきがあるので、あながち間違いじゃないですよね。
もちろん早速フォロー。下記リンクです。
@KOTOKO_Mgr



あー、はやく11/20になってほしい。早く欲しい、全曲聞きたい。

[info]この記事にタイトルはありません。 


十二国記 図南の翼を読んでいたらこんな時間に……。


図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)
(2013/09/28)
小野 不由美

商品詳細を見る

「この国を統べるのは、あたししかいない!」


面白かったー。風の海迷宮の岸ではさらっと描かれてた昇山がこれほど大変なものだったとは。
シリーズでも間違いなく一番登場キャラが強烈な本作のインパクトは凄い。

風の万里黎明の空では小憎たらしい偉ぶった娘ってイメージを強く植え付けられましたけど、口ばかりで何もしない、人の死を目の当たりにしてすら動こうとしない周囲の人に反発して自らの行動で意思を示すその様は、正に王器。
シリアスなようなどこかすっとぼけているような絶妙な空気はどんな時もへこたれない珠晶の気概あってのものなんだろうなぁ。


やっぱ十二国記は最高に面白いです。いつの間にか読み上げてしまう。
でもこれ絵面が地味すぎてアニメ化とかは難しいんじゃないかな、希望する声は上がってたみたいだけど……。




うん、ていうかこれに夢中になってていつの間にか日が変わるから取り急ぎ書いただけです……w。
また個別に感想書くつもり。

唐突に思い出した日曜日。 




以前galge.comってラジオがあったんです。
金田まひるさんや倉田まりやさんがパーソナリティを務めてたラジオ。


そのラジオはたまにゲストを呼ぶことがあって。
それであるゲストさんが呼ばれることになったんですよね。で、呼ばれる前の週に次週ゲストとしてくる旨のお知らせをした際、2人共「会ったことない」と発言をしていて。
ベテランの金田まさんでも会ったことないなら、かなり若手の人なのかなーと思っていたんですけど。

いざゲストさんが来た回を聞いてみると、なにやら金田まさんとはそれなりに親しく話してて。
金田ま氏曰く「知ってる人でした」とのこと。

うん、まぁ自分も声聞いたら一発で分かったんですけどその人は色々な名義を使い分ける人でして。。。
なんかそこら辺はあまり触れずに「知らないと思ったら知ってる人だった~w」って軽く流してるのを聞いて、
「あっやっぱそういう所は色々大変なんだなぁ」って当時思ったものです。


なんていうかビジネス上の苦労がかいま見えた瞬間で印象に残ってます。
……それだけの話しですw。
galge.comラジオ、面白くて好きだったなぁ……。



FIN

書くことない(動揺)。 


友人にウォーキング・デッドを勧めたらめちゃめちゃハマってくれてたので一安心。
まぁあのコンテンツを外れと思う人はそう居ないだろうし……w。




今日「イヴの時間」と「チェンジリング」のBlu-rayが届きました。
どちらも見るのが楽しみです。
チェンジリングは一番大好きな映画で、既にDVDを持っていたのでBlu-ray購入を渋っていたんですが、イヴの時間を購入するついでにもう買ったれと思いポチりました。

自分はBlu-rayについては最初否定的というか、「別にDVDでもいいじゃん」とか思っていたんですけど、一度ブルーレイ画質を味わってしまうともうDVDには戻れない。
ため息が出るような美麗さを一度堪能しちゃうともうねえ……。

やっぱりどんなものでも一度も体験せずに否定はするものではないですねえ……。内心馬鹿にしてるようなものが自分にとってとても価値あるもの、っていうのはどんな人でも少ながらずあるでしょうし。

似た話で「電子書籍ダメ、紙媒体最高」っていう考えを持っている友人が一人いるのですけど、せめて一度電子書籍の良い点素晴らしい点に触れてから言ってほしいなぁって凄く思っています。
食わず嫌いっていうのは本当にもったいない事ですよね。



さて、次はどのBlu-rayを買おうかな。。。
個人的には「死霊のえじき」と「パーフェクト・ブルー」が欲しいと思っているのですが(どちらも素晴らしい映画でした!)、なんだかどちらもBlu-ray化にあたっての画質やら規制の問題が噴出しているらしくて……。内容がDVDから劣化しているんじゃとてもじゃないけど買う気にならないよー。。。いつか不満を解消した新版が出てくることを切に切に祈っています。。。


死霊のえじき [Blu-ray]死霊のえじき [Blu-ray]
(2012/09/04)
ロリー・カーディル、テリー・アレクサンダー 他

商品詳細を見る
パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]パーフェクトブルー【通常版】 [Blu-ray]
(2008/02/29)
新山志保、辻親八 他

商品詳細を見る

サカサマのパテマ。 





昨日イヴの時間を紹介する時に知ったのですが、同監督の新作
「サカサマのパテマ」っていうのが今年11/9に公開予定らしいですね。


サカサマのパテマ 公式サイト









イヴの時間は非常に面白い映画でしたし、公開もかなり近いですからちょっと見に行ってみようかな。
映画見るのも好きだし、たまには劇場で見るのも良いだろうし。
どういう話かは全く知りませんが、期待して待っていようかな。

個人的なイメージなんですけど、単品のアニメ映画って興行中々振るわないイメージが有るんですよね。
ハルヒとかまどマギとかとあるシリーズとか、TVアニメでファンを獲得してからの映画化だと凄く盛り上がってるイメージがあるんですけど、いきなりの映画化だと中々……。
そういうので上手く行ったのは空の境界くらいじゃないかなとマジで思います。



……まぁ、そんな話は置いといて。
この映画楽しみにさせてもらおうと思います。
とりあえず復習(になるかな?)の意味でイヴの時間を見て、二週間後を待とうっと。

あ、繰り返しになりますけど、「イヴの時間」はマジでオススメですよ!

イヴの時間 劇場版 スペシャルプライス版発売。 


さて、明日は10/25ですね。
月末金曜って色々と発売される商品が増える時期ですけど、今回私の待ちに待っていた商品が発売開始となります。(まぁ本当は家族計画もそうだったんですけどねw)



その作品とはこちら!

イヴの時間 劇場版 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]イヴの時間 劇場版 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray]
(2013/10/25)
福山潤、野島健児 他

商品詳細を見る



アニメ映画「イヴの時間」です。まぁ元はweb公開のアニメですけど。






たまになにか適当なアニメ見たくなるって事はよくあるんですけど、「1クールガッツリ」って気分でないって時にアニメ映画は丁度良い塩梅なんですよね。
でも単独作品としてのアニメ映画ってあんまり数がなくて、中々自分のお気に入り作品に出会えないんですけど。
その点このイヴの時間は最高に面白い。ちょっと悲しくて最高に優しい気持ちを、作品の2時間を通してしっかりと提供してくれる正に珠玉の映画です。


簡単なあらすじ
舞台はアンドロイドが人間の生活の中に溶け込んでいる近未来。人間そっくりのアンドロイドに傾倒してしまう人を「ドリ系」と呼びちょっとした侮蔑の対象になっている社会で主人公は自分のアンドロイド、サミィとの距離を測りかねている。
ある時、「イヴの時間」という、人間とアンドロイドを同等に扱う特殊な喫茶店を見つけた主人公と友人は、自分たちの中でアンドロイドとの付き合い方を模索していく。



つまりは人間とアンドロイド微妙な距離感をテーマに使ったお話。
そう遠くない未来に、この世界と同じレベルの技術を人が持った時、恐らくこの作品ので取り扱ってるテーマと似たような問題が起きるかもしれないですねえ……。
まぁでもしょうがない。確かに機械に特別な感情を抱いてしまうのは確かにヤバイ奴ってレッテル貼られそうだけど、出てくるアンドロイドは皆人間臭くて魅力的で凄く好きになれるんですよ!
この映画見た後は「もう俺ドリ系で良いや……」って気持ちになること請け合い。ていうか今でも似たようなもんだろみたいなw。



まぁとにかくこの作品、話も面白い、キャラも魅力的、作品のテーマが明確で色々考えさせられる素晴らしい映画です。
見ていない方には本当にオススメしたい。マジで。
一度見た方もせっかくのスペシャルプライス版発売なので購入を検討して見てはいかがでしょう?



以下はweb版。(これ確か公式配信ですよね?)  内容は映画版と殆ど変わりなかったと思う……。

家族計画 Re : 紡ぐ糸の体験版。 

なんだかんだ家族計画PS3版は明日発売なんですねえ……。
一応買うつもりでいるんですが、何日か様子見てからでも遅くはないかなと思ってるので予約とかどこで買うかとかはサッパリ決めてないんですよね……。


今回はPS3番の体験版やった感想を軽く書いていこうと思います。

家族計画 Re:紡ぐ糸 応援バナー


家族計画 Re:紡ぐ糸 (限定版:ドラマCD同梱)家族計画 Re:紡ぐ糸 (限定版:ドラマCD同梱)
(2013/10/24)
PlayStation 3

商品詳細を見る
家族計画 Re:紡ぐ糸家族計画 Re:紡ぐ糸
(2013/11/29)
Windows

商品詳細を見る









まず自分が心配してたのは、「物凄い手抜きリメイクになってないかどうか」
魔法少女アイ参を発売日に買いかけた自分にとっては版権を盾にして売り逃げしたれっていうのがあり得そうなタイトルに凄く恐れを抱いているんです。
まぁなんか諸々が魔法少女アイ参に被るなぁって思って……。


ただ、実際にプレイしてみて感じたのは、「作りは凄い簡素だけれども、雑には作ってない」ってこと。
演出面、UI、コンフィグ等々、今時のノベルゲーとは思えないくらいショッボイんですけど、作品の根幹となる絵、音楽、サウンド、シナリオ部分はきちんと作っていると思います。
当時を懐かしみながらも、忘れてる部分を思い出しながら楽しんだり絵の美麗さに驚いたり……。特に絵は本当に様変わりしましたから、思わずずーっと眺めてたりするくらい良い部分だと思います。
でも逆に音楽は音質が良くなって入るけどアレンジはほとんど加えてなくて、聞いてるだけで「懐かしい~!」って楽しい気分になれます。

個人的にちょっと危惧していた声優さん部分も、まぁ聞いてるとやっぱり慣れてきますし、そもそも初聞きした時も違和感は思った以上に少なくて、全然問題なかったです。良かった良かった。


とはいえやっぱりUIは簡素を通りすぎて貧弱って言っても良いくらいですし……。
一番気になったのは立ち絵の口パク。
ここまで違和感バリバリの口パク演出は正直初めて見ました、あの有り様なら付けないほうがマシだと思いますよ本当に。自分はプレイ中はオフってましたし。

あの口パクの完成度の低さは酷いです、興冷めでした。



まぁこんな感じで、良いところもあれば悪いところもある、個人的には購入に踏み切れる良い材料になった体験版でした。
これならまぁ余程のことがない限りアイ参のような惨状にはならないでしょう……。
そもそもそんな出来なら体験版出すわけ無いですもんね……w。ってかアイ参クラスなら体験版で本編終わりそうw。


まぁでも発売日に買いはしないかな、多分。一応は評判チェックして、今週末もしくは来週末に購入するつもりです。
あ、でも初回は特典あるのかな……ぐぬ、ぐぬぬぬ……。。。

家族計画 Re:紡ぐ糸 応援バナー


追記:
初回特典いいなこれとwktkしてたら気づいた。
PC版延期してるうううう!!

家族計画Re:紡ぐ糸(PlayStation3版)』平成25年10月24日(木) 予定通り発売です!
『家族計画Re:紡ぐ糸(PC版)』新発売日平成25年11月29日(金)←(旧発売日10月25日)
a3_pop改

『家族計画 Re:紡ぐ糸(PC版)』発売が延期になり申し訳ないです。
種々の事情により、1ヶ月の延期となりました。新発売日は平成25年11月29日です。
可能な限り、作り込みをして皆様にご満足いただける内容にしてお届けしたく思います。
開発スタッフも休日返上で頑張りますので、今しばらくお待ちください。

制作総指揮 江島みなみ



とのこと。
まぁしゃあないっすね、更なるクオリティアップに期待ということで。
それとPS3にアドバンテージ持たせる意味もあるかもねこれは。



船に乗れ!3章読了。 


2章を読んでから随分と長い時間が経った気がしますが、「船に乗れ!」最終章を読み上げました。


船に乗れ! Ⅲ (ポプラ文庫ピュアフル)船に乗れ! Ⅲ (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/03/04)
藤谷治

商品詳細を見る







個人的な意見ですが、これは紛れも無く青春小説の傑作だと感じます。

想い人と心通わせながら音楽のすばらしさを知る1章「合奏と協奏」。
確かにあった絆が砕かれ、素晴らしい過去と現在の孤独な自分とのあまりのギャップに絶望する2章「独奏」。
そしてそれらを全てまとめて受け止めることの出来た3章「合奏協奏曲」。

どの章にも心震える描写があり、葛藤があり。成長があり。
扱っている題材や問題はありがちなものながら、よく練られた構成と確かなディティール、精緻に描かれる人物の関係や感情のおかげで大いに作品に入り込める。
以前にも言いましたが、音楽という聴覚に因るものを題材にしながら、ここまで文章でその高揚感や一体感、演奏に夢中になっている人達の没入感を描けているのは、本当に凄い。
その魂の溶けるような瞬間、こうまで見事に描写できるっていうのは、もう感嘆の念しか出てきません。


最初にちょっと読みにくさを感じる文章ですが、慣れてくればもうスラスラと。
1巻での心通わせるやりとりを微笑ましく感じることができたら、この作品はきっと楽しめることと思います。

かなり面白いのに、あんまり話題になってないのは不思議だなぁと思っていましたが、今度舞台化をするそうで。
舞台を見る慣習はないので恐らく触れる機会はないかと思いますが、この作品が原題ならきっと素晴らしい物になるんだろうな。



読んで良かったと思わせる素晴らしい青春小説。
合奏時の気迫に押されるようなその文章と展開は、是非とも味わってみて欲しい珠玉のものだと自分は思います。

気になった方は是非1巻を手にとってみて下さい!オススメですよ!

所信表明。 


自分のブログにアクセスするのも久しぶりという事態。。。
ですが最近はお仕事も落ち着きつつあるので、ここらでブログ更新について目標ぎめ。


最近同じFC2ブログ内のあるブログを拝見したんですが、その方のブログは2005年からなんと8年以上、今現在も更新し続けていて、しかも月に20以上は確実に更新している……。
自然体でその日あったことをずっと書き続けているその姿勢に凄く驚嘆してしまいまして……。

自分のブログもこんな風になれたらいいなとなんというか考えを改めさせてくれました。


ということでこれから(今日から)毎日、記事一つ更新を目標にやっていこうと思います。
内容に中身がなかったり短かったりする言が多くなると思いますが、まぁ日々の出来事とか思ってることを書いていければいいなぁと思っています。もちろん色んな作品についてとかも、まぁ本当に色々な事を。



とりあえず直近はPS3の家族計画体験版をプレイしたので、それについての感想を書こうかなと思っています。
今週には発売ですし、タイミング的にもちょうどよいかなと。軽く感想を言うとUI部分とかはかなり簡素ですが、きちんと丁寧には作ってあってひとまず安心って感じでしたね。



まぁ、今回は以上。
言った以上は頑張りますよー!ただ、どうしても無理な時は勘弁ね!w

ワタシの一行。 




現在新潮文庫の企画で「ワタシの一行」というサイトが発信されています。


ワタシの一行


この企画について細かな趣旨を書くのはさすがに長いので簡潔に言うと、
自分の思う「小説の素晴らしい一行」を教えあい、また自ら考えることでもっともっと書物に触れる機会を増やしていこう、というのが目的のサイトなんですね。

多くの著名人や有名人の「ワタシの一行」を発表しており、更にもちろん一般の方々の投稿も受付けています。
自分の好きな本の一文や、思わず惹かれてしまう一文に出会えるかもしれないこのサイトは、一目見た時から気に入っていました。
色んな方の紹介するその一行と、それについての軽い書評を読んでいるだけでも、なんだか良い体験をしたような気がして、そしてその中でも特に強く惹かれるものを見つけることが出来たり。
このサイトは自分にはまさにその役割を存分に果たしてくれました。

なにかよい小説を読みたいと思っている方は、ここを参考にしてはどうでしょうか。自分の応援している本や著名人の投稿が、意外と掲載されているかもしれないですよ。







ちなみに自分の中での「ワタシの一行」は、これ。


木島の目をまっすぐに見つめた。挑戦的に。私の心が見える?見てもいいよ。何でも見ていい。木島なら。木島だけだ。

佐藤多佳子 『黄色い目の魚』


人との付き合いがヘタな女の子村田みのりが、気になる男子木島に自分の心の一番弱い場所に触れられそうになった際、逃げ出したくなる気持ちを抑えて真摯に相手と向きあおうと決意した場面。
この決心と成長と、二人が純粋に相手を想うその気持ちの瑞々しさが大好き。
他にもいっぱい書きたい部分はあるけど、一番はここ。勇気を出して踏み出すこのシーン。
……一行っていうか何ていうかですけどまぁそんな細かい所は別にね?






以上。
嬉しかったのは、十二国記が結構挙げられていること。
小説での「許す」ってセリフは、至高の言葉だからなぁ。その言葉を言う物語の始めと終わりで、陽子の境遇も心も何もかもが違いすぎる。その対比と成長っぷりが素晴らしすぎるから。


後、掲載されてる中で一番痺れたのは
「新撰組副長が参謀府に用がありとすれば、斬り込みにゆくだけよ。」
って一行かなぁ。かっこ良すぎるw。

kindle日替わりセール 今回は「こえでおしごと!1巻 」。 



本日2013/10/01のkindle日替わりセールの対象タイトルは、
「こえでおしごと!」の1巻。



こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス)こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス)
(2008/12/23)
紺野 あずれ

商品詳細を見る



このブログで紹介したこともありますし、せっかくですから。
ちなみに値段は 199円(57%OFF) だそうです。
気になる方は是非是非ダウンロード!
タブレット端末やスマホ(一応ですがPCも)があれば無料のkindleアプリからいつでもkindle電子書籍がダウンロード出来るので、是非試してみてはいかがでしょうか!

電子書籍オススメですよーマジで。読書捗りますよ!
無料の書籍もかなり用意されているので、百聞は一見にしかずということで、まずは電子書籍を体験してみましょう!


ただまぁ、こんな1日限定のタイムリーな内容をブログで書くのは、若干ナンセンスだなぁと自分で思ってたりして……。

理想のコンフィグ。 


今回の記事はみなさんのお知恵を拝借願いたい。。。

以前から考えていたんですけど、
ADVゲームにおける理想のコンフィグ項目&画面ってどんなものなのでしょうか。








自分の経験上だと戯画作品のコンフィグはやっぱり優れてるかな?と思いますね。
他社でも採用されてるくらいだし、見た目も作りも綺麗でわかりやすい。

↓バルドスカイゼロ体験版のコンフィグ画面
バルドスカイゼロ体験版コンフィグ画面


まぁ理想って言ったら人それぞれかもしれませんけど、ある程度業界の水準も定まってきてる昨今ならば、最低限備えておいてほしい機能ぐらいはありますよね。
適当に上げても4つ5つはポンポンと出ますよね。
自分は上記の戯画作品でのコンフィグはそこまで活用していなかったので。細かい部分のこだわりというのがないんですけど、そういうのに凝る人ならば最低限のラインはもっと上がってくるでしょうね。


先日ある同人ゲームを買ったことはここでも書きましたが、そのゲームは中身は素晴らしいのにシステム関連が非常に貧弱で、もったいないなぁもったいないなぁとすっごく思っていました。
最近の商業作品はシステムや画面の演出等のプログラムもそれなりに作りこんでいますよね。
その傾向が全般的に同人作品にも伝わっていれば良いのになぁと惜しい気持ちが満載。
……まぁ、最近は有名所しかプレイしていないので未だにウン年前のシステム使ってるという会社ももちろんあるんでしょうけど。



とまぁここまで書いて結局何が言いたいか。
つまりは、ADVをプレイする上で「不満に思わない」、「快適にプレイできる」レベルのシステムを構築するにはどんな機能が必要になるのか、ということ。
まぁこんなものはさっきも言ったとおり個人差あるんですけど、まぁ自分が考える上での最低限レベルをちょっと見定めておこうと思いまして。後学のためにもね……。

最低限欲しい
・セーブロードをいつでも
・スキップモード
・オートモード(速度設定)
・テキスト表示速度
・各種音量調整
・CGモード
・回想モード
・BGMモード

ちょっと挙げすぎかな……?
まぁでも不満がないレベルならこれくらいは欲しいですよね。
購入した同人ゲーにバックログが無かったのはちょっと驚愕しましたが。

あると便利
・未読既読判定
・バックログからの音声再生
・選択肢表示次カーソル移動



あと今までで「便利だなぁ」って思った機能何かあったかなぁ……。いや、あったはずなんですけど思い出せない……。何だったかなぁ、くそぅ。



……だめだ、思い出せない。
「こういうのあったら便利だよ」とか「これはないとまずいだろ」とかあれば教えていただきたいです……。すごく勉強になるので……(?)。





うん、なんだろう。もうちょっとしっかり書こうと思ったのにめっちゃ足早にパパッと書き連ねてしまった。。。
まぁ気づいた時にこの記事に追記していこうかな、と考えています。

そう言えば戦国ランスは今思えば細かい部分のUIに非常に気を使っていましたよね。
あの操作の快適さが中毒にさせる要因の一つだったのは間違いないと思いますね。


まぁこの話題はこれで終わらせずに、これからちょくちょく取り扱っていこうと思います。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。