ブログパーツ

07 | 2012/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニフェストとか守んなくても死刑ならないからおk。 


なんか以前に、「8月中にこれプレイしてレビューするぞ!!」とか言ったような気がしますが…。




言った…確かに言ったが…今回その西暦の指定まではしていない
その事をどうか諸君らも思い出して頂きたい
つまり…私がその気になればレビューの後悔は10年後、20年後という事も可能だろう……ということ……!






気づけば8月も終わり、日の出ている時間もわずかずつ少なくなり、ほんのちょっぴり憂鬱な、夏の終わりが近づいてきていますね。
そんな時間の流れに身を任せて感傷に浸っていたら、いつの間にかこんな日になっちゃいました♪。




クリアor読み終えてレビューする!
といった作品の進捗具合は……
ダンガンロンパ2…チャプター1入ったところ
レッドデータガール…もうすぐ一巻読み終わる。
それでも町は廻っている…全く読んでない。


どうですかこの有様。
レッドデータガールは結構面白いんで割りと読み進められているんですが。



いや、まぁしょうがないんですよ。
なんか知らないけどWHITE ALBUM2とおとボク2買っちゃいましたし。
でおとボク面白くてずーっとやってるしこいつ(私)。



うーむ、必ずやると決めてたはずなのにな…。
ちょっとばかり8月の中旬に怠惰な生活を送りすぎたんでしょうな…。
やることあるだろ!って思ってても体が付いて行ってくれないw。




まぁ、気分乗らないのにプレイしたり読んだりって一番嫌いなパターンだし、
「やりたい時が面白い時!」が自分の中でも信条なのであんまり無理矢理はしたくない。

とりあえずやっているものから確実に崩していって、終わった暁には必ず感想or紹介を設けるようにします。
一応自分のおすすめ作品紹介ブログなんで。根底にあるものだけは守って行きたいんでw。



そういえば、すでに書きましたがパソコンぶっ壊れまして。
すでに新調しまして。更に環境も着々と整えまして。

なんと念願のHDキャプチャにまで漕ぎ着けることが出来ました!

360のゲームを色々録画するっていうのをとにかくやりたかったので。
これからが非常に楽しみです。
作品紹介とかまぁなんででもそうですけど、もうちょっとふんだんに画像使っていったほうが良いなぁとかは感じていたので。

これからもう少し内容に彩りを加えられるんでないかなと。やっぱり視覚に訴える効果は強いですからね。

百聞は一見にしかずで自分も思い知っていますし。



ということで、今回は非常に申し訳ないんですがマニフェストの感想は実現できませんでした。
これからなるべく作品は消化して以降と思いますので、ご勘弁をw。
また来月から心新たにがんばっていきましょうね皆さん!!(テンションでごまかす)




あ、今気になっている作品は以下です、性懲りもなくw。


変身 (新潮文庫)変身 (新潮文庫)
(1952/07/30)
フランツ カフカ

商品詳細を見る


九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)九マイルは遠すぎる (ハヤカワ・ミステリ文庫 19-2)
(1976/07)
ハリイ・ケメルマン

商品詳細を見る



明日買ってこーようっとw。

スポンサーサイト

キャプチャーボード DC-HD1 認識しない。 

関連記事:
DC-HA1でキャプチャしました。




おそらくですが、私のように困ってらっしゃる方がいるだろうと思いますので、覚え書き程度に程度にここに書き記しておきます。


私、先日パソコンを新調しました。
CPUが逝ってしまわれたし、ちょうどそろそろ性能も不満を覚えてきたところでしたので。


新しくしての大きな楽しみの一つに、「ゲーム動画キャプチャー」がありました。
以前もDC-HD1を使ってキャプチャはしていたのですが、パソコンが若干性能不足だったようで満足のいく動画がとれていなかったのであります。



ちなみに動作環境はこんな感じで。
CPU Core i7-3770 CPU @ 3.40GHz
メモリ 16.0GB
Windows 7 64bit
グラボ AMD Radeon HD 7770




早速購入したパソコンに、今まで使用していたDC-HD1を組み込む。
が、認識されない。差しが甘くないか、正しい場所に差し込めているか、何度も何度もチェック。
しかしやはり認識されず。
色々と調べてみて、「BIOSでPCIEの設定をGen1にすると認識する」とかも見たんですが、このPCのBIOSにPCI-Expressの項目が確認できませんでした。

更に色々と調べてみると、同じパソコンを購入した人も私と同様の認識されない症状が起きているらしい。
その人曰く「DC-HD1とHDMVC4UCの両方共ダメ」、更に他の方も「DC-HC1とかmonsterx3で認識されず」という報告を。


おお、やはり自分だけではないのか。
しかしこれだけHDキャプチャーボードが認識されないとなると、これもうこのパソコンだとダメなんじゃないかなぁと軽く絶望。




なんど繰り返してもやはりダメ。
それどころか下手なことしちゃってHDDを読み込めなくなる事態に(出張修理頼んで、BIOSのSATAの項目を「RAID」にするだけで直してもらいましたがw、業者さん申し訳ない)



これはいよいよあきらめなきゃダメかと思っていると、某掲示板で「DC-HA1で動作確認」との書き込みが。

え、まじですか、と思い今度はDC-HA1について色々と調べてみる。

すると分かったことが2つ。

①発売当初は64bitOS 4GB以上では動作しなかったが、デバイスのアップデートによりこのいわゆる「4GBの壁」の問題をクリアしている
②DC-HA1のチップセットはTM6200、認識しないと上記に上がっていたキャプボのチップセットはSAA7160(らしい)


某掲示板では「SAA7160系が全部ダメかも」という風に書かれていました。確かに認識しない問題があるキャプチャーボードは全部SAA7160系だと思われます。
しかし、DC-HA1のチップセットはTM6200、これなら認識されない問題はスルーできるかも?
さらに、ネックであった「4GBの壁」というのも、ハードウェアではなくソフトウェアの方から問題を解決しています。

以上を鑑みてもDC-HA1を試す価値は大いにある、と踏んだ私、即購入。
まぁ実際動作確認報告もあるんだし望みは大きいんじゃないかという打算もありましたし。





運良くその日に見つけて祈りを込めて早速セッティング!!



……難なく認識しました。全く苦労せず。

デバイスマネージャの方に新しく認識されたデバイスがあったので、最新のデバイスドライバを落としてきて更新。
↓こちらの一番上のHD70A ver1.3です。
最新ドライバ



更新手順
デバイスマネージャ→DC-HA1と思しきデバイスを右クリック(うろ覚えですすみません)→ドライバーソフトウェアの更新→参照して更新(2つ目)→ダウンロードした最新のデバイスドライバの64bitのフォルダを参照→OK



デバイスの更新も問題なし。
付属のキャプチャソフトの悪評っぷりはすでに把握済みなのでスルーし、アマレコTVを起動。
こちらでも全く問題なく認識。
となるとあとは映像が映るのを確認するだけ。

ただ、こちらも情報がすでに上がったので知ってはいたのですが、アマレコTVへの映像の反映がとても遅いらしいのです。
これに関しては未だ対応策無しって事で、おとなしく待って見ることに。
…5分くらいは軽く待ちましたでしょうか、適当に時間を潰してアマレコTVを見てみると、しれっと360の映像を映している。





完璧だ。DC-HA1導入成功だ。


こちら、DC-HA1とアマレコTVでのキャプチャ画面。
amarec20120829-234423.jpg
操作ミスってスクショ取っちゃったやつをそのままアップ。「ファイルサイズが大きすぎます」って言われたんで縮小してあるので劣化はしてるかもです。


今のところさしたる問題も無し。
映像の反映待ちの時間はかなりまちまちです。早かったり遅かったり。
ただ不満点はそこだけ、映像は720Pでのキャプチャですが十分綺麗なので非常に満足。




良かった、新しいPCでさっそくやらかしたかと思ったけど、こうやって無事にキャプチャすることが出来た…。
これはなかなか嬉しい。もう無理かと半ば諦めかけてたのでなおさら。

ありがとうDC-HA1。4GB以上にも対応してくれて。
っていうか思ったのですが、DC-HA1が4GB以上を着にしなくて良くなったのなら、DC-HC1とかは必要無くなるんじゃないですかねw。
だってHAのほうはS端子にコンポジット端子接続ケーブルが付いていますしw。DC-HCはたしかHDMIだけでしたよね?

Wiiの方も試してみたかったので、一つでまとめてキャプチャできるのも非常に嬉しい。
本当にありがとうDC-HA1。



ってことで以上。
HDキャプチャボードが認識しない問題について、無事に解決しました。
いろいろなサイト様やページにお世話になりました、本当にありがとうございました。

そして、私と同じ問題で困っている方がここを見てくれれば報告した甲斐もあるってものです。是非参考にしてみてください。
少なくとも認識しないって報告が上がっているキャプチャボードで四苦八苦するよりは、まだ望みのある方法ではないかなぁと思います。




よーし、これから撮るぜー!!

ただなんか設定見なおさないと結構カクついてる…。


XPS8500 キャプチャーボード 認識しない

今日の一曲。 







今日の一曲は映画ブレイクブレイドから「Fate」



めっちゃ最高の曲。











こちらもついでに。





映画ブレイクブレイド。 



映画ブレイクブレイド1章を見ました。



劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Broken Blade Vol.1] [Blu-ray]劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Broken Blade Vol.1] [Blu-ray]
(2010/07/23)
保志総一朗、斎藤千和 他

商品詳細を見る




皆さんブレイクブレイドって知ってらっしゃいますかねえ。
個人的には、本当におすすめできるマンガなんですけれど。




まぁそれが全6章のアニメ映画として制作されていて、すでに全章DVD化されています。
今回はレンタルで視聴したわけなのですが。





面白かったです、純粋に。
あんまり前評判とか聞いてると良い声って聞かなかったんですけれど、実際に見てみれば「あれ?全然いいじゃないか」と思わせる出来でした。


あらすじ
地中から化石燃料が採れない世界、クルゾン大陸。そこに住む人々が物を動かす動力源として選んだのは、人の手に宿る『力』。地中から採れる『石英』に、強弱はあるものの誰もが“命令”を与えることができる力、人々はそれを『魔力』と呼んでいた。そんな世において希少な“魔力を持たない存在”のライガットは、学友であり国王でもあるホズルに召喚され王都に赴くが、そこで驚愕の事実を知ることになるのだった・・・。かつて共に学び、堅い友情で結ばれていたライガット、シギュン、ホズル、ゼス。戦乱の渦は容赦なく、彼ら4人を飲み込んでいく―。


ブレイクブレイドはいわゆるロボット物の作品なのですが、人間模様に非常に重きを置いている作品と言えます。
戦争やロボットの戦闘ではなくて、戦争を通しての人間関係。
そこがこれでもかってくらいしっかりと描かれているのがこの作品最大の魅力だと思います。


そんな今作品の第1章は、その人間模様がどう動くのか、しっかりと期待を持たせてくれる内容になっていたと思います。
戦争やゴゥレムには余り重点を置かず、これから始まるであろう複雜な人間関係を想像させてくれる内容でした。


んー、まぁ原作通りっちゃそうなんですが、だからこそ良いんじゃないかと
ライガットとホズルの変わらぬ友情、シギュンとホズルの先のない関係、ライガットとシギュンのニヤニヤモノの関係…そしてやはりゼスとライガットとホズルの不思議な関係…。
全部を描き切れてたとは言いませんが、良い感じに含みを持たせた形になっていると思いますね。

逆に、戦闘やロボット要素を期待してた人には確実にイマイチと感じるだろうと。
しょうがないところではあるのですが、やはり物足りなく感じる人は確実にいるでしょうね…。




ということで個人的評価としては、「十分楽しめるor期待の持てる内容である」という感じです。
一章から人間関係を中心に描いてったのが個人的には好印象。何度も何度も行ってますが、これからに期待できる展開を作ってると思います。

悪い点としては、やはりロボット要素が少ないことと、わざわざDVD一巻使っての内容の少なさですね。
次の章まで何ヶ月か掛かってしまう状況において、わざわざ50分で一巻の全六章…。
リアルタイムで見に行ってた人にとってはこれはかなりマイナス点になってるだろうと当時を想像してそう思います。
まぁだからこそ、一気に見れるが故の私のこの高評価もあるんじゃないかとは思いますがw。

でもやっぱり何故50分6分割もしたかなって、思うは思いますよねw。




既に3巻まで視聴していますが、どれも期待通りの出来で大満足中。このままのクオリティで行ってくれるならDVDも絶対買いますよ!!

TSUTAYAは恐らく旧作100円で何処も扱っているはずなので、少しでも興味があればぜひぜひ見てみて下さい!!
100円50分、つまらなかったとしても、そこまで損はしないはずですよ!!(ネガティブな進め方ですがw)
まぁ個人的にはホントにオススメなんで、ハイ。マジです、はい。



ヒロイン候補三人


ナルヴィ
bb05_03.png

シギュン

brebla08.jpg

クレオ
クレオ



ナルヴィの圧倒的存在感にメロメロ。
でもシギュンもめちゃ可愛い……。
選べない、選べないよ!!



は、クレオ?小学生とか(ヾノ・∀・`)ナイナイ






ブレイク ブレイド 1巻 (Flex Comix)ブレイク ブレイド 1巻 (Flex Comix)
(2007/04/10)
吉永 裕ノ介

商品詳細を見る




聖應女学院に入学しました。 





みなさまごきげんよう。

この度聖應女学院に入学したJulyと申しますわ。







ということで、勢いでおとボク2を買ってきてしまいました!

実はおとボク2とるいは智を呼ぶのどちらかを購入しようかを最近悩んでいたのです。
きっかけは特には思い出せないんですけど、なぜか無性にこの2つをやりたくなってしまいまして。

もうご存知かもしれませんが私は結構女装物の作品が好みでして。
まぁそんなに数やってきたわけではないですし、今回欲しくなった2作品がどっちも女装物なのは偶然なのですが(ホントですよ?)

そこでどちらを買おうかなぁと悩んでいたんですが、体験版を久々に2作品ともプレイして、とても好感触だったおとボク2を購入することにしました。

実はおとボクは1をプレイしたことがあるのですが、主人公のスーパーオカマタイムに耐えられず挫折してしましまして…。
いや、ちょっとは女装とかカマ言葉に自己嫌悪をして欲しかったなぁとw。あまりに素晴らしいなりきりっぷりが逆にねw。



それで、実はもう結構プレイしているのですが、ぶっちゃけ非常に楽しい。


前作と比べても原画家さんの腕が明らかに上がっていますし、キャラの魅力も個人的には断然上。
るい智とよりこちらを優先した理由は一重にキャラの魅力なので。体験版の時点でひしひしとそれを感じることができたので。

それから、久しぶりに声優さんに魅力を感じた作品でもあります。
誰々のファンだからとか誰が出てるからではなく、純粋に一人ひとりのキャラの声がすごくいい。
ぶっちゃけ知らない人が多いんですが、本当にめちゃくちゃ声優さんの演技がいい、誰もかれも。
特に薫子さんと主人公は素晴らしいですね、聞いたことある気がするんだけど、誰なんだろう…?
あとで裏名義調べてみるのもとっても楽しみです。



最近如実に感じるのは、エロゲ熱が再燃していること。
ちょっと前までエロゲをやるのもしんどく感じていたんですが、なんの心境の変化か非常にエロゲやるのが楽しい。
おとボク2がその流れに拍車をかけてくれているのも事実です。

っていうかおとボク2やりたすぎて、日々のプレイしてない時間が面倒くさすぎるんですがね…w。




ってことでこんな感じ。
おとボク2楽しいよ!&最近エロゲ熱再沸騰だよ!の記事でした。



PS.おとボク2は次回予告があるのですが、それも非常にいい!

背中合わせに、あなたが知りたい…。



自分は全部見てないです、だってネタバレっぽいもの…w。


声優さんへのファーストインプレッションの話。 




まぁ突然の話になってしまいますけど、声優さんへの印象っていうお話です。


今現在私はアトリの空と真鍮の月という作品をプレイしているのですが、主な声優さんは
(敬称略)
・西田こむぎ
・あじ秋刀魚
・草柳順子
・北都南
・楠鈴音

となってます。

この中で私があまり存じ上げない声優さんは西田こむぎさんとあじ秋刀魚さん。
初めて聞く声なのですが非常にキャラに合っているし、すんなりと入ってくる各キャラのイメージ通りの声を演じてらっしゃっているなという印象があります。

西田こむぎさんが演じている立花は強気で我を通しまくる感じがイメージ通りで、ハキハキとしゃべるのがとても好印象です。

あじ秋刀魚さん
が演じている三葉は素朴かつ素直ながら、しっかりと芯の通っている声質がすごく自然。聞いていてなんだか心地良いんですよね。


この2キャラはこれからプレイする上で、アトリの空と真鍮の月という作品に存在する神室立花と湊八葉だと自然に頭で判断してやっていくことができるだろうなと思っています。

一方で、自分がよく知る声優さん、とくに北都南さんと楠鈴音さん。
この御二方はどうしても、どうしても今までプレイしてきた作品のキャラたちの影がちらついてしまう。
どころか、たまにラジオなどでお聞きする素の声や喋り方すらもちらついてしまうこともあります。

別に誰に非があるわけでもないですしそもそもそれ自体が悪いことでは全くないのですが、シリアスなシーンや重要な場面でそういう点があるせいで入り込むことが出来なかったとしたら、それはやっぱり少し寂しいかなと思ったりもします。




特に解決策があるわけでもない終わりのないお話ですが、アトリプレイ中にちょっとそんなことを感じたりしました。
みなさんはどうでしょう?エロゲに限った話でなく、アニメドラマ映画…あるキャラが強烈すぎてそのイメージを消すことが出来なかったりって経験あったりしないでしょうか(間違いなくあるとは思うのですがw)

ちなみに自分の中で一番特定のキャラのイメージから抜け出すことが出来ない声優さんは間違いなく花鳥玲愛を演じた松永雪希さんですね。…断っておきますがこれは否定的な意味で言ってるんではないですからね。思いっきり肯定的に、とても良いことだと思いながら書いてます。
もう何はなくともカトレアの存在感というのが強すぎたw。あんなキャラを持ってこられたらもう海馬に突き刺さること間違いなしだろみたいなw。


あとは、シャア役の池田秀一さんとかも、シャアの影が付きまとってきてたって仰ってましたねえ。



なんとはなしに、そんなことを思ったので書いてみました。
まぁ、無意識のうちに刷り込まれてくものなので、やはり声優さんへのファーストインプレッションというのは大事だなぁと思いますね。
これから何度も耳にするであろう方ならともかく、あまりご縁のない方だとそのキャライコールその声優さんみたいなことにもなり得ますしね。
そう考えればひとキャラひとキャラ、その一挙手一投足のセリフをしっかりと聞いておかないともったいないですねぇ。


ま、こんな感じで。もともと出口のないお題なので尻すぼみに終わってしまいますがご了承ください。
まぁ個人的には最後割とポジティブに持っていけたので考えながら書いて良かったかなと思います。


最近は脊髄反射でパパっと書いてパパっと投稿!!みたいなのばっかりだったからな……w。
それでは。

WHITE ALBUM2買いました。 



衝動的にWHITE ALBUM2が欲しくなったので買って来ました。


かなりぼやっとした写真になってしまってます、すいませんw。
IMG_0419.jpg



思えば自分は一応丸戸さんファンを自負しているつもりなんですが、なんで今まで手を出していなかったのか。
まぁ、今の今まで忘れていたというのが正しいでしょうかw。



現在アトリの空をプレイ中ではありますが、まぁそんなものは関係ないってところでして。
アトリの方は寝る前に30分ほど、心地良い雰囲気を味わうためにプレイするというのが自分の中でベストなスタイルなので、ホワルバがあろうがなかろうが、じっくりと進めていくつもりなので。


購入前に思ったことなのですが、やはり前後編や三部作のように分けられてしまうと、新規はかなりとっつきにくくなってしまうなぁという事を今回思いましたね。
今回前後編セットの作品を買ったのですが、公式でも明確なアナウンスがなくてちょっと戸惑ってしまいました。
WHITE ALBUMほど求心力のある作品ならばまだしも他のだとスルーしてしまってた可能性もあるだけに、やはり製作者側には出来るだけ一つにまとめられるよう努力をして欲しいところだなと痛感しました。





さて、話の通り今回WHITE ALBUM2を購入したわけなんですが、どういう話か、どんなキャラが出るのか、まったくもって知らない状態と言っても過言ではないです。
思えば、ここまで下調べをせずに予備知識無しで購入した作品は恐らく初めてですね。
それというのも、周りの方の評価やネットでの評判、そして何より自分が丸戸さんのファンという事を考慮して購入に踏み切りました。

まぁ単純に丸戸さんの手腕を信用しての購入、ということになりますかね。
WHITE ALBUMって三角関係をテーマの一つにしてたと思うんですけど、それを描かせたら丸戸さんの右に出るのはいないんじゃないかなっていうのが素直な感想ですし。
なんでクオリティに関しては全く心配してません、後は私に合うか合わないかってところでしょうか。



ということでこれからぼちぼちプレイしていくことになります。恐らく進行速度は非常に遅いかと思いますが、ドハマりすればその限りでもありませんし。
これからプレイするのが楽しみです。

それから、この衝動買いの勢いに乗じてるいは智を呼ぶを購入しようと画策しています。これも2,3年越しの購入になりますが、気分的には今一番プレイしたいゲームなので思い切っちゃおうかなとw。
WHITE ALBUM2プレイすらしてないのになに考えてんだ自分は。



それから、とらのあなで購入したのですが、こんなクリアファイルをいただきました。
IMG_8715.jpg

これ、どんなシチュエーションで使えと……w。

slaveとかの単語見られたらヤバイしょw。




さてさて、早速インストールして…
現在アトリやろうかホワルバやろうか悩んでいる自分…。

ウォーキング・デッド面白すぎ。 





既にかなりの話題作で今更言ってんじゃねーぞってなるかもしれませんが、
「ウォーキング・デッド」を見ました。



ウォーキング・デッド DVD-BOXウォーキング・デッド DVD-BOX
(2012/02/24)
アンドリュー・リンカーン、ジョン・バーンサル 他

商品詳細を見る


海外のテレビドラマで放映されて、絶大な人気を獲得したシリーズです。
今はセカンドシーズンが放映中で、日本でも7話程度までかな?レンタルを開始しています。


今回私はシーズン1の全話を視聴。
かねてよりその評判は聞いていて期待もしていたのですが、その期待を裏切らない素晴らしい作品だったとハッキリ言えます。


あらすじ…
保安官のリックは任務中に負傷し、瀕死の状態に陥ってしまう。無事目覚めるが、街は“ウォーカー”と呼ばれる死人がはびこる世界に一変していた。
リックが自宅に戻ると、妻と息子は行方不明。しかし服や写真が持ち出されていたことから、リックは妻子の生存を確信する。
黒人の生存者からアトランタに軍が統括する避難所があると聞いたリックは市内へと向かうが、幾多のウォーカーに囲まれ絶体絶命に…。



今まで数多く輩出されてきた大半のゾンビ映画の魅力は、私のイメージとしてはB級、何処かバカバカしさのある内容…そんなところにあると思っています。
もちろんそれに当てはまらない素晴らしい作品もありますが、ゾンビ映画というのはそういったB級要素があってこそのものが多いことも確かかと。


しかし、このウォーキング・デッドはそんな「ゾンビもの」というジャンルに位置しながらも、そこから先を至極真面目にそしてリアルに緻密に描いているA級の作品であることは間違いないです。

ソンビものでよく目にする「極限状態の人間関係」だとか「人間が一番怖い」だとかいうキャッチフレーズ…。
ああいうのは言うのは簡単ですが、実際には全然表現できてなかったり毒にも薬にもならない薄っぺらーい話しだったりするんですけれども…。
この作品はその点をしっかり描けているなという印象です、それがこの作品が至極まじめに正面から作り込んでいるA級たる所以だとも思っていますし。

というより、本当にしっかりと人の心理とか人間関係を作りこんでいるので、一言で上記のような「極限状態の人間関係」だとか「人間が一番怖い」っていう要素があるような作品とは言えないです。
今後そういう描写も出てくるのでしょうが、いろんな感情が複雑に絡み合って成り立っている作品なのでまだまだ全体の容貌が見えてきてはいない状態ですね(それが楽しみだったりするんですが)。


人は極限状態を長く保ってなどいられないです。張る所は張り、緩める所は緩める。でないと絶対に精神が持ってはくれないと思います。
そしてその緊張は例えばセックスであったり、自分よりも弱い存在への八つ当たりで解消したり逃避しようとしたりする。
そういった所も逃さず描いてくれているのが、私はこの作品が本当に素晴らしい点だと思っています。



今回では心理描写だとかなんだとかに話を向けましたが、特殊メイクや意外性のあるストーリー、ワクワクする展開に魅力的なキャラクター…。
本当にすべての点で高い水準を保っているからこそ、これほど面白い作品が出来るんだなぁっていうのを実感させてくれました。


まさに全てにおいてA級、個人的には非の打ち所のない最高クラスのゾンビもの作品だと思っています。
自分はまさに、こんな作品を待っていたんだなぁってそう思ってます。


毎度言っている気がするんですが。
映像作品において私の最大級の賛辞は「DVD買う!」なんですけれど…

この作品も御多分にもれず、この最大級の賛辞を送らせて頂こうと思います。

DVD-BOX買うよ!!


とっても面白い作品です、お勧めですよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。