ブログパーツ

07 | 2011/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一曲。 




今日の一曲はTV版怪物王女から「跪いて足をお嘗め」



すげえタイトルだろ・・・・・もち、歌詞もすげえんだぜ・・・・・w。



宝野アリカ様率いるALI PROJECTの曲。
怪物王女放送時はかなりアリプロは色んな曲を担当してた気がしますねー。

曲内容はらしさ満点の怪しげな歌。ちゃんと歌詞聞くと面白いですよw。
・・・・て言うか怪物王女は消してそんなにSMチックな感じの多くないけどね、見た目そんな雰囲気ですけどw。

お気入りの部分は1分25秒あたりから。
アリカ様の魅力が出まくりの素晴らしい箇所ですよ、マジで。












スポンサーサイト

ランスクエスト攻略?。 

さて、ランスが実はもう終盤、と言うかラスダンまで来てるんですが・・・・・。


ネタバレをあんまりしたくないんで、攻略自体はあまり書きたくないんですが・・・・・。


ざっくばらんな助言程度なら書き留めていこうかなぁと思います。
ただ見たくないって人ももちろんいると思うので反転で見れるようにしておきますね。


以下反転↓
・まず第一に、「モルルンでのレベル初期化」は周回プレイを見据えておらず、単なるクリアが目的の方ならばあまりオススメしません。
というのも、クリアのみが目的ならばレベルが40前半程度あれば十分戦力になってくれるからです。
よっぽどやりたいとか、キャラ愛で育てたいとか、もしくは才能限界が低いキャラのため(これが一番合理的)とか言うのならばやっちゃって問題ないです。
ただ、「禁欲モルルンでの恩恵は、そのまま高レベルに持って行くよりメリットが特に多い訳ではない」と言う話なんですね。
なのでもともと才能限界が高いキャラ(謙信やウルザなど)は、そのまま使い続けたほうが余計な手間がかからずに済みます。
禁欲モルルンでの一番のメリットは、「所持できる強化アイテムを取り込める」という点がやはり強いのではないかと。

・レベルを上げていくとネックになってくる「ダメージ限界」。
鬱陶しいシステムですが、ある程度制御することが出来ます、「ダメージ上限」スキルとか、「◯◯◯◯」とかで・・・・・。


・後は個人的に苦戦したクエストを・・・・。
①「爆弾の研究」
護衛対象のノーペルがとっても弱いためすごく苦労しますよね。べベターが「レベルが一番低いキャラを狙ってくる」っていう特性を持っているので厄介です。
対策としては、
 ・初期ガードを持っているガードを配備
 ・死んでも復活させられるヒーラーを配備
 ・あてな二号を配備
こんな感じです。
オススメはあてな二号を使うことですね。理論上はアテナは無限に強くなることができるので、長いスパンで見れば非常に使えるキャラだと思います。
このクエストだけでなく、他のダンジョンでも有用なキャラなので、育てていない方はこのクエストを皮切りに育てるのもいいのではないでしょうか。

②「マジックの見舞い」
ここはボスが結構強くて、大変でした、個人的に。
一番単純な解決法は「レベル上げ」なんですが、それだけでは、ねえw。
と言う事で個人的におすすめなのはガンナーの「ジーマ」を使うことです。
ジーマの持つ「古きを狩る弓」は「古代種に対してダメージが非常に大きい」と言う特性があるので、このクエストのボスを倒すにはうってつけです。
さらに、スキル「攻撃特化型」を持っているので火力が相当高いです(たぶん固有スキルだと思う・・・)。
彼女の放つ「怪力弓」や「一斉射撃」はまさに一撃必殺。超攻撃型アタッカーとして活躍してくれると思います。

③「かなみの決意」
実はこのクエスト、一番苦労しました。というのも、どこに行けば良いか分からず迷いまくったんですよね・・・w。クリアしてみたら「こんな簡単なところにあったのに」っていう、最後のイベントスターを見つける事が出来なくて・・・・。
とりあえずかなみが撤退すると失敗なので、それの対策を練ることが一番大事。
簡単な対策は
 ・ランスのレベル上げ
 ・かなみを後方の枠に下げる

この2つですね。後はイベントを進めることに専念。油断するとあっという間に殺されるので(かなみがw)クリア最優先でプレイですね。






反転ここまで


とりあえずこんな感じでしょうか。
まぁレベル上げを順当にやっていけば普通にクリアできるバランスなのは確かです、RPGだものねw。


一番思ったことは、難易度43と45の実際の難易度のレベル違いすぎねーか?ってことですかねw。


二週目はプレイするつもりですが、ちょっと条件めんどくさそうな感じ・・・・。
でも楽しみ!!

ランスランスランスうわああああああああ!!。 




祝!!!ランス発売!!!!!!




祝!!!



祝!!!



祝ううううううう!!!





やっふううううううううう遂に来ましたねエエエエエエエ!!!
ランスがああああああああ!!!
Ranceがああああああああ!!!最新作がああああああ!!!!



思えば発表からはあっという間でしたねー、自分は期待しすぎて待ちきれなくなる質なんで、なるべくサイトとか見ないようにして自分を戒めていたのですが、さすがにここまで来たら期待を抑えきれませんねw。


リアルにこのブログでもRanceⅧのことをちょくちょく引き合いに出し続けて幾星霜・・・・・。
本当、遂にこの時がやってきたのですね!!
思えば、ランス最新作の発売日を生で楽しみにしているのは、今回が初めてですw。
2006年の5月頃に、初めて戦国ランスをプレイしたのが始まりでしたからね。
ニワカここに極まれりな自分ですが、それでもこれは期待せずに入られません!


『ランス・クエスト』を応援しています!



おい!!マジでこんなに心踊り楽しみになるゲームなんてそうそう無いぜ!!
普段はKOOLなJulyもこの時ばかりは冷静ではいられねエエエエエエ!!


ってことで私がどれだけ楽しみにしていたか少しでも感じて頂ければ幸いです。



今調べてみたらランス8のことを書いてる最古の記事は2008年8月28日でした
惜しい・・・!!あと二日・・・・ww。
そして三年越しとは思いませんでしたね・・・・・。そっか、もう戦国ランス発売から5年もたってるんですもんね・・・・・。




つうことで今回はホント中身のない記事になってしまいましたが、ランス発売記念ということでこういうのも悪く無いだろう!!文句は誰にも言わせねえぜ!!
と言う事で、26日まで後五分・・・・・・。そしたらダウンロード販売も始まります・・・・!!
え?公式によるフライングゲット?
知らない!全然気になってなんか無いんだからね!!


だいたいランスはリアルに50時間以上は軽く持ってかれるゲームなんだから!!一日もないフライングなんて関係ないわよ!!





ふー・・・・さて、今回はこんな感じです。

最後にこれ。



ちなみにこのムービーは「アリスソフト物産展」のことを言ってるんですね。
アリスソフト物産展てのはつまりアリスの商品情報を中心としたアリスソフト情報満載のサイトのこと・・・・だったはずです。



さて!!待ってろランス・クエスト!!明日会いに行くからな!!実際は来て貰う立場だけど!!佐川さんヨロピク
!!

惡の華 感想。 


なんか久しぶりに漫画紹介やる気がするw。

今日の漫画紹介は「惡の華」



惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
押見 修造

商品詳細を見る



マガジンで連載中なのですが・・・・・。

いやー面白い、思春期のもどかしさや訳のわからない衝動や情熱の機微を上手く描いていると思います。

あらすじは、
”ボードレールを愛する少年、春日高男。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた、大好きな佐伯奈々子の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和に見られていたことが発覚!! 盗んだことをバラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは‥‥!?”


と言う感じです。
つまり普通の男子だったのが変態行為をついやってしまったせいでクラスの変人に脅されてしまう、って感じの話ですね。

表紙からも分かるとおり、割とシリアスというかアブノーマルなお話です。
ですがその中にも佐伯さんとのやり取りや伝えられない悔恨の念がしっかり描写されており、非常に読ませる内容になっています。
かく言う私も、その中学生特有の痛々しさに「続きが気になるのに読みたくない」って珍現象に陥りましたからw。



物語は変態主人公、変人ヒロイン、天使なもう一人のヒロインの三人が中心になって進んでいくのですが・・・・。
やっぱりなかなかアブノーマルで変態チックな趣向ですから、青春ものなのは間違いないのですが、かなり読み手を選ぶことも間違いないかと思われますねー・・・・。

あくまで個人的な意見ですが、青春の儚いひとときを綺麗にそして微笑ましく暖かく描いた「正の青春恋愛モノ」が大人気の「君に届け」とするならば、
青春の思い出したくない過去やトラウマを黒く粘つく感情で描いたものがこの「惡の華」なのではないかと思います。
そういった意味で、互いに対局を向いているような気がします、立っている位置は同じでも。
まぁ、あくまで個人的ですが。




ただ、そんな変態的な作品ですが、目指している箇所といいますか、見据えるゴールは正統な「自分は何者であるか」という青臭くも中々答えの見つからないモノになると思います。
主人公はヒロインに脅されながら変態行為を繰り返すわけですが、その内にそのヒロインのことが少しずつ気がかりになってきます。
しかしそのヒロインは、人間関係や真っ当な付き合いには全く興味が無いながらも「自分一人で何が出来るか、どこまで行けるのか」と意外に青少年っぽい思いを抱えているんですね。
その事を知った主人公はどうするのか・・・・!?っていうのが今後の動向なのですが・・・・。
誰もが抱く疑問だけに続きが気になります。




キャラとしては、まーとにかく佐伯さんが天使。
ほんと可愛い、天使、アモーレ。それだけに主人公のヘタレっぷりはどっちにとっても不憫。
やっぱ主人公は変態だよ、どう言い逃れしても。




まぁそんな感じで、ある程度漫画慣れしている、というより男子の方々ならばなにかしら思うところや熱くなってしまう部分があると思います。
鬱屈した青春時代を過ごした、とは言いませんが「好きな娘と上手く話せない」とか「なにかやらかしてみたい」とかの思いを感じていた方にはぜひお勧めしたい作品です!!

自分も非常に楽しく読ませてもらっていますが、四巻にはまだ手をつけていない状態。だって、裏表紙のあんな一文見たら、天使が不憫で不憫で・・・・・・。
ここらへんも「続きが気になるけど読みたくない」ってなる、この作品ならではの想いだと思います。

惡の華(3) (少年マガジンコミックス)惡の華(3) (少年マガジンコミックス)
(2011/02/09)
押見 修造

商品詳細を見る


オススメ度
★★★★☆

コミケ感想2。 





さて続きを書いていきましょうか。


まっこと申し訳ないのですが、日にちも経っていま酔っているということもあってなんというか読む価値のあまりない駄文になる可能性高いかと思います。ごめんなさい。




さて、他にどのブースに注目したかという話になりますが・・・・。



まずはアクアプラスでしょうか。
事前に発表されていたかは知らないのですが、To Heartのスロットが公開されていました。
サンプルながらすでに実機を体験できるようになっており、本当にチラッと見ただけですが割と演出とかよくできていると思いました。
ただ・・・・エロゲ会の盟主であったアクアプラスがスロットに傾いてしまうと思うと、あんまりいい気はしませんね・・・・。
斜陽な会社がよくその行動に走るイメージがあったので。



次はage、、、なのですが、今回はなぜか私の中に意識がなくほぼノーマークとなってしまい、感想自体を述べることが出来ませんでした。
やっぱりトータル・イクリプスにはそこまで魅力を感じないってのも大きいのかも・・・・。



あとの良く行列を作っていたというか、売れているなーって感じのメーカーは、オーガストですね。
やはり前作の評判が顕著に出ていたのか、結構な盛況ぶりだったと思います。
ただやはり、自分がノーマークだったのもあって詳しいことは・・・。


と言う感じで、現在の人気っぷりを見てみると型月nitroオーガストアクアプラス、、、ここが大手の風格を出していたと思います。
人気的にも所有スペース的にも、やはり強いなと。
ただ、抽選に漏れた大手や、コマがたまたま多く割り振られなかった企業も多くあるので、この限りではありませんが。それにエロゲメーカーのみに絞ってますし。



他のメーカーを見るに、みなとそふとAXLフロントウィングエウシュリーなどといった中堅やそれ以上の人気を誇るメーカーがたったの1コマっていうのは驚き通り越して「それはどうなんだ」って言う思いを抱いたりもしましたね。
現に保有スペースが少なくさばくのが大変だったところも多かったみたいですし。

これらを見た限りだと、マジ恋SのPVとかすごく期待できそうでしたね。相変わらず金掛けて作ってるなぁって。
しかも今回は詩も個人的には嫌いでないですし。
みなとそふとも地位を確立できたんじゃないかな?勝負の「マジ恋」も評判中々いいみたいですしね。




まぁスペース云々については公平(を謳っている)な運営側に任されてますから、しょうがないところではありますし。
来年、人気企業が当選するかもわかりませんしね。
ただAXLやエウシュリーが1コマなのはホントにビックリですね、行列捌ききれるのかなぁ・・・?



さて、こんな感じですかね、大分淡々としましたけどかなり貴重な体験を出きたのは間違い無いです。
楽しかったかどうかで言われると「うーん」だし、プライベートでもう一度行きたいかと言われ手も「うーん」だし、って言う散々な感想ですけど、貴重な体験で良い経験になったのは間違いないかと思います。
ある程度の準備さえこなしていれば、特に用がなくても参戦しても良いのではないでしょうか。

ただ、一般ブースは知りません、あちらは企業以上の地獄が待っているのは間違いないので、もし行くのならば最大限の用意と注意を。ここは確実に言っておきますw。

コミケ感想1。 



さて、遅くなりましたがコミケについての感想を書きますか。






自分は企業ブースに入り浸っていたのですが、企業は一般ブースと違い三日間同じ場所での営業をしていられるので、一般的には1日目が最も大きな売上となります。
というのも、一日目に気になる企業を回っておいて、二日目三日目は一般の方に全力を注ごうっていうスタイルが一番効率が良いかららしいですね。
もちろん企業側もそれを見越して、一日目が在庫数最高、三日目になると一日目の30%も無いほど初期在庫が減るそうで。

という訳なので、1日目が一番大変でした。昼過ぎて二時三時になってもどこの企業もまだ捌ききれずに行列を作っていて・・・。
話に聞くとspriteなどは行列の捌き方が悪く、相当gdgdになっていたそうですね。まぁ、無理ないほどの人数だったけど・・・w。


2日目からは企業ブースはまったりムードになります。まぁある程度は、ですけどねw。
と言っても、各企業の人気商品は昼になるまでに売切れになったりします、どれくらい売れるかの読み違いや、圧倒的人気などで。
そのためそれを取り逃した人にとっては二日目こそ背水の構えで望まなければならないわけです。
なので開始から二時間ほどは一日目の七割ほどの混み合い、という印象でした。まぁ一日目に比べて大分マシにはなりましたが、やっぱり歩くだけでも大変なレベルでしたねぇw。

一日目はあまり見て回れなかったので分からないのですが、二日目の3時以降となると人気企業であっても列はかなり捌けて相当落ち着いてまわれたと思います。
自分はその時間にいろんな企業を見て回りましたが、ようやく文明人らしい売買状況になったなぁって思いましたねw。


3日目はお休みしました。
もうめっちゃ疲れましたから。二日目帰る時は踏み込むだけでも足痛かったですからねw。まぁえらいもんで3日目の朝になると足の痛みは引いていて普通に動けるレベルになってたんですが・・・・。
それでもお休みしました、もういいやってw。




ってことで、二日目に自分が見て回った感想を書きますかね。
独断と偏見、そして全体を見れているわけでは全くないということをご了承お願いします。



まず知識として、コミケ運営から振り分けられる使って良いスペース、と言うものがあるそうなのですが、それをコマと言う単位で呼びます。
最も小さいコマで1コマ、中小やあまり知名度の無いメーカーだと1コマですね。
それで大手や超人気の企業は最大4コマ、ここまでなるともう相当でかいです。装飾も超こだわってます。



その知識の上で、個人的に目を引いた企業はTYPE-MOONですね。
もう新作全然出してないのにその圧倒的人気はやっぱり別格だなと感じました。
もともと4コマスペースがあるということで行列を確保する余裕もそれなりにあるとは思いますが、それでも一旦行列を切り離して外に最後尾列を作らなければならない状況になってました。確か二日目でも外に行列作ってたと思うので、相当なものだったでしょうね。(まぁ外に行列作るのは人気メーカーだと当たり前でしょうが)

装飾の方も凄かったですね、看板となる位置にドデカく「TYPE-MOON」と文字オブジェがあって、その下あたりに10個程度のディスプレイを設置して、延々カーニバル・ファンタズムのPVを流し続けてました。
しかもその出来が良いのなんのって・・・・・型月はすでにエロゲ業界のトップに君臨してるのは間違い無いですねぇ・・・(売り上げ的な意味で)

とにかく、型月は凄かったです。




次印象に残ってるのはnitro+ですかね。
ここは3コマだったんですが、とにかく設営が凝っててキレイでした。
自分は列がもうほとんど無い時間帯に行ったんですが、nitroブースだけ違う雰囲気を醸しだしてました。幻想的というかなんというか、ちょっと暗めにしてたのが効果的だったのかな?
しかしあれだけの設備は相当金掛かったと思いますが・・・・ニトロもやっぱすごいな。
商品はまどマギとかFate/ZEROとか売りだしてましたね。後はソニコミとかでしょうか。
新作も発表されたそうで、こっからまた忙しくなるでしょうねー。

あと、ジョイまっくす見れて感動でしたw。nitroブースにいた訳ではなかったですけどなんか色々回ってたっぽいですね。
おつきの人にアフロを団扇で仰いでもらってましたw。
まぁあんなのつけたまま普通に歩いてたらまず倒れますよねw。




ああ、疲れてきた。
とりあえずここで終わります。続きをまた書きます。今日中に、はいw。

コミケ参戦。 





さて、明日からコミケですね。
自分もいつだったかの「100の質問」で一度はコミケに行ってみたいとか言っていたような気がします。


まぁそういう訳で、今回初のコミケ参戦することになりました!!
いやー特に行くつもりはなかったのですが、まぁ行ったろかなという気持ちでw。


さて、予定となるのですが、今の所は一日目二日目に参加しようと思っています。
三日目はどうなるかわかりませんが、余力があるならば行くことにしようかなと。

ただ、本や物販を買いに行くわけでもないし、まぁどんなものか見ることが出来ればなと思ってます。
よくコミケはハンパな覚悟で行くなと言われますが、まぁ覚悟だけはしていこうと思っていますw。

これを見ている方も、もしかしたら会場ですれ違ったりするかもしれませんねw、色んなブースを見てまわる方だとすれ違う可能性は高いです。ただ、私がどの人かなんて特定は不可能だと思いますけどw。
ただコミケにいるってことは一応伝えておきますw。




さてコミケに行かれる皆さん、熱中症で倒れないように対策をしっかり練って、水分補給、適度な休憩日差しを長時間浴びないなどしっかり気を付けておきましょう。
自分もそんな無様な事にはなりたくないので、なるだけ気をつけるつもりです。
今回短いですが、前日にはしっかり伝えておきたかったので。取り敢えず今日はこれで。楽しみ半分不安半分ってかんじだなぁ・・・w。


新刊出て、買おうと思った日に買えなかったら超悔しい。 




新刊色々でますいた。




ブレイク ブレイド 10 限定版 (フレックスコミックス)ブレイク ブレイド 10 限定版 (フレックスコミックス)
(2011/08/13)
吉永 裕ノ介

商品詳細を見る
ブレイク ブレイド ? (Flex Comix)ブレイク ブレイド ? (Flex Comix)
(2011/08/12)
吉永 裕ノ介

商品詳細を見る


限定版は予約しないと買えないのかな?店頭に売ってなかったので、通常版を買いました。
まぁ、特典系は私の場合ほとんどがホコリ被るので、まぁ通常版でいいんですけどね・・・w。

まだ中身は読んでいないですが、帯である程度ネタバレしちゃってますねこれw。
まぁ嬉しい系のネタバレなので構わないです、ハイ。

また読んだ時に感想書きますかね、軽い気持ちで読みたくないんで。





神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)
(2011/07/19)
やまむら はじめ

商品詳細を見る


新刊がすでに3週間前ほどに出てるのに、なぜか各店舗に無かった・・・・・。
前巻がものすごい気になる終わり方だったので、一刻も早く読みたい気分なのですが・・・・・無念。
紫音が表紙を飾ってますね、サバサバと言うか適当っぽい性格が好みです、結構前から登場はしてましたけどようやくの顔見せになりますもんね。これからの絡みが楽しみです。





んで、こっから先は買おうと思ってる本。書店で見つけて気になってたので。



惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
押見 修造

商品詳細を見る


インパクトがすごい本。
変態向けらしいのですが、それが自分にとってどう映るかを確かめてみたい。
という訳で今度一巻買ってきます。




イヴの時間(1) (ヤングガンガンコミックス)イヴの時間(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2010/09/25)
吉浦 康裕

商品詳細を見る


アニメのほうが非常に面白かったので、こちらも気になる所。
絵もすごく雰囲気出ていて、アニメの良さを再現できてそうだったので。
ただ、アニメとかゲームのコミカライズは中途半端になりがちだからなぁ・・・そこが心配。




レンアイ漫画家(1) (モーニング KC)レンアイ漫画家(1) (モーニング KC)
(2011/04/22)
山崎 紗也夏

商品詳細を見る


わりと面白そうな感じがしたので一応チェック。
ただ、新刊とかの方に金が行くから買うのは厳しいかな・・・?





こんな感じですね、最近新しい漫画買ってないので何か買おうかなと思ってます。
後は、「黄昏乙女×アムネジア」とそろそろ「イエスタデイをうたって」を買い揃えようかな・・・・。

うさぎドロップ見た。 




りんちゃん可愛いいいいいいいいいいい!!

















りんちゃん可愛いいいいいいいいいいい!!







只今酔っ払っているっていうのをご了承いただいた上で、この駄文を読んでいただきたいですw。



うさぎドロップを現放送分まで視聴しました。
その上での感想が上での絶叫となりますw。




いやー、マジでりんちゃん超かわいい。
いっつも言っているんですが、ロリコンとしてではなく父性的な意味でこういうか弱い女の子にはとんでもなく愛着が湧いてしまう質なんですよね、自分は。
ですからそんな自分がりんちゃんに対してこういう感情を抱いてしまうのは無理のないことなのです。

うさぎドロップは評判としては結構リアルな生活を描いている漫画と言う認識だったのですが、アニメでは二人の微妙な関係を繊細に描いていてホントに心揺さぶられます。
信頼している人がいなくなるという不安からどうしても人間関係がぎこちなくなってしまうちっちゃな子の微妙な心情を描いているさまは物凄く心に訴えかけるものがありますね・・・。



1シーン1シーンに色々と演出の思惑が散りばめられており、それを考えるのも非常に楽しい。
りんちゃんが少しずつ友達を作っていく様、大吉のりんのためなら仕事を変えることすら厭わない姿勢、大吉の両親にりんちゃんが心開いていく様子・・・。
本当に心温まります。

それと、りんちゃん役の子は本当に子供なんですね、それにしては色々と融通のきく芝居ができているなという感じ。
いや本当にすごいですよ、棒読みではないのにしっかり喋れている、10歳程度の歳でこれほどまで演技できるってのは本当に感心します。
マジですごい。こんなちっちゃな子でもこれだけのことが出来るってのは、感心する反面複雑・・・・w。



他のアニメは見ていないのですが、個人的にこれは神アニメになってます、毎話毎話色々と考えさせられる話しあり、ほのぼのするシーンあり、マジで心癒されます。
これを見て、アニメっていいな、夢を与えてくれるなっていう気持ちを思い出させてくれました。

原作者や制作者の意図としては、子育てがいかに大変かっていうのを題材にしているかと思うのですが、それでもりんちゃんの可愛さはもう隠し切れないだけありますね。



これはもうこれからの話しが超楽しみです、それこそ神様ドォルズよりも楽しみになって参りました。
もともと期待はしていましたが、ここまで面白いとは思いませんでした、リアルかつ、どことなく他人行儀である関係をしっかり描いているのはやっぱりイイですね。ある程度リアリティは入れてもらわないと覚めるので。




と言う事で、個人的に超楽しみになって参りました、これからのマイ放送がほんとうに楽しみです。
これからどうなっていくのか、何よりも楽しみになって参りました。

原作が本気でほしい、本気で。
一冊千円だったとしても是非欲しい。
もう本当に何度も言うように父性的な面を刺激されるとどうしても欲しくなってしまうんですよ、私w。
決してロリコン的な意味でないのはここで申し上げておきますw。

と言う事で今期個人的一番の期待、「うさぎドロップ」、これからも応援していきたいと思います。
もう信者ですよ、ニワカだだろうがなんだろうが原作も買って応援していきたいと思います。
来週が待ち遠しいぜ!!人生のオアシス的な!!
DVDとか絶対買いますこれw。

KOTOKOさん好きじゃあああ!。 

めぞん一刻ではありません。



さて、もうご存じの方も多いかと思うのですが、KOTOKOさんがI've soundを脱退したそうです。


KOTOKOさん旧公式ブログ


このブログで簡単ではありますけど説明されています。
この文面を読むに、独立という形になるんでしょうね、たぶん。
ちなみにブログの方もアメーバブログの方に移籍しているので、上のURLは旧となるわけですね。


愛撫脱退については少ながらずショッキングで寂しいニュースなのですが、愛撫との連携での仕事もやる意思はあるそうなので、そこまで悲観する必要は無いかなと思います。
むしろ、愛撫色の抜けたKOTOKOさんの音楽というのは非常に聞いてみたいと思いますね。
と言う事であえてどうこう言わず、これからのKOTOKOさんの歌う歌に一層注目したいと思っています。


それからNEW ALBUMも発売決定ということで。
こちらは素直に嬉しいニュースですよね。前回の「イプシロンの方舟」も非常にいい出来でしたし。
今回はメチャ豪華なメンツでの制作ということで、その方たちも気になるところですよね。




と言う事で今回はですね、特別企画として「個人的KOTOKOさん楽曲ベスト10」を決める回にしたいと思っています。

正直この命題は今まで故意に避けてきました。なぜならば、決められないからw。
あまりに好きな曲多くてベスト10って中々決めづらいんですよ、あれも良いこれも良いってなるんでw。
ですがこの際もう腹括っちゃおうと思いまして。


という事で個人的ベスト10発表します。
ただ先に言っておきたいのは、この順位は何時でも変化する可能性があるってこと。
皆さん知ってる通りKOTOKOさんにはスルメ曲と呼ばれるものが多くあります。何度も聞いてる内に曲の深みとかわかってきて一気にお気に入りになっちゃったりとかも結構あることなので、絶対的な順位では無いことは予め言っておきますw。



10位
Shooting Star




個人的にKOTOKOさんのアニソンといえばこれになるんじゃないかなと。
メロディとか歌詞とか、なんというか不思議な感じの曲ってイメージ。
決して無理に盛り上がりを作らずに、独特の雰囲気を醸し出している曲だと思います。




9位
Restoration~沈黙の空~




最近の曲で言うとこれはトップクラスに良いですよね!BALDRの曲はホント外れなしですよ。
jihadと好みが分かれそうな所ですが、個人的にはこちらが好きですね。



8位
PRINCESS BRAVE!




電波曲としてはこれが一番好きです。
歌詞もファンタジー世界の姫君のお話チックで聞いてて楽しいところもありまして、そこがBride!より好きな理由ですね。
歌いやすい点良いところ!




7位
Sledgehammer Romance




テンポの良さと歌詞の深さが大好きな曲。
伸びやかなメロディと歌い方で、過酷な運命を颯爽と歌っているのがとても印象的です。
本当にいい歌。



6位
unsymmetry




ダーク系の曲ならばこれが一番!
せつなさみだれうちの歌詞とメロディ、あんまりこういう言葉使いたくないけど、「泣ける曲」ですね。




5位
Allegretto ~そらときみ~




やはりこれは外せないでしょうということで。人気投票でも確実に高い位置にいるこの曲は、もう今更語ることもないでしょうw。
カラオケで歌うのが好きなんですよね。
そしてこの動画のムービー良すぎ、感動が蘇るw。





4位
Face of Fact




KOTOKOさんの人気を確固たるものにした名曲。
この時代からすでにBALDRの歌のスタイルが確立しているっていうのは、考えたらものすごいですよね。
KOTOKOさんの代表曲って言っても過言ではないんじゃないかと。



3位
Imaginary affair




KOTOKOさん最強の癒し曲。
つらいことがあった時、苦しい時など、本当に励まされる曲です。
この歌嫌いな人いないんじゃないですかね、真面目に。
作品も相まって本当に素晴らしい。





2位
同じ空の下で




愛撫初期にして最高傑作と言うにふさわしいような名曲。
2010年の人気投票で一位を獲得したことでも有名。
これが一位なのは納得、と言うかこれしかないのでは?ってかんじですね。




1位
Leaf ticket





I'veの良さは、決して作品のイメージを損なわない、むしろ作品の良さを最大限に盛り込んだ曲作りにあると思います。
だからこそこれほどまでに多くの素晴らしい曲があるんだと。
そういう意味では、この「Leaf ticket」はまさにその事をしっかりと知らしめてくれる曲なのではないでしょうか。
仁と里伽子の苦難を乗り越えての幸せな日々を、心に描けるような優しさの詰まった曲です。







以上、ベスト10でした。

あくまでも個人的で、更にいつ変動するか分からないランキングなのですが、今の自分だとこんな感じになりますね。
メジャー曲ばかりになってしまいましたけど、メジャーなのには理由がありますから!

あと分かったことは、作品に対する思い入れも強いほうが好きになるってことですね。
上でも言いましたが、愛撫の良さは作品に対する真摯な曲作りだと思うので、この点は重要だと思います。



さて、予想以上に長くなってしまったのでここで終わります。これ書くのに二時間以上かかってしまった・・・・w。
こんなに作業量の多い記事書いたのは久々ですねー。

と言う事で、これからもKOTOKOさんを応援し続けていこうと思っています!
NEW ALBUMも楽しみです!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。