ブログパーツ

07 | 2008/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回オススメゲーム 

野球、またまた負けてしまいました・・・。
まぁ準決勝で負けた時点で私的にはどうでも良くなりましたが。
結局メダル無し、プロの中でも精鋭を選んでおいてこの結果。正直やり切れませんね・・・。



―――とりあえずそれは置いといて。
今日はゲームのオススメを紹介したいと思いまーす!

今回の作品は、


Fate/stay night
です!(リンクは公式ホームページです※18歳未満閲覧禁止です


この作品は2004年に発売されたPCゲームで、まぁ所謂「美少女ゲーム」ですね。
そのPC美少女ゲーム業界における伝奇ノベルの傑作がこれです。

今やその圧倒的人気で様々なメディアに手を出しており、
アニメ化、コンシューマ化、小説化(これは若干異なりますが)、漫画化、遂には格闘ゲームにまでも進出しています。


発売からすでに4年もたつこの作品は今もファンの根強い人気に支えられています。
というのも、ストーリー、演出、キャラの魅力、その他もどれも高い水準でまとまっており、
「伝奇物といったらコレ!」と多くの人に納得させるほど面白いゲームだからです。


シナリオライターは奈須きのこ先生。
「きのこ節」と言われる独特な文章で非常に読ませる文なので、あっという間にストーリーに引き込まれていきますよ。
さらに奈須先生は自分の作品に独自の世界観を持っており、奈須先生が他に書いた「月姫」、「空の境界」、「魔法使いの夜」等と、「Fate」は舞台こそ違えど、同じ世界の中の作品というのも、また魅力的ですね。


もともと前評判が高かったこの作品、蓋を開けてみても期待通りの名作だったこともあり、
奈須先生のファン(ていうか信者)はさらに増えていきました。
この奈須先生の「Fate」に魅入られて、狂信化した人が言った「Fateは文学」というセリフは、あまりにも有名ですねw。


と、そんなエピソードはどうでも良くて。
この作品は燃えあり、萌えあり、笑いあり、熱血あり、感動ありとおおいにプレイヤーを楽しませてくれます。
特に熱血指数は中々のもんじゃないでしょうか?
単純に面白い話を読みたい人だけでなく、中二病的な展開を求む人も、感動を求む人にもオススメできますね。



とまぁ、良い所を書き綴ったわけですが、悪い点も多少は、あります。
箇条書きにさせてもらいますが、
 ・ストーリーにいくつかの矛盾がある
 ・音楽が少ししょぼい(人によってはぜんぜんダメと言う人も)
 ・主人公にイラッと来る(これも人によってはですが)
 ・奈須先生の文章が合わない(これもry)

こんなところですか。

音楽については、PS2で発売されている方は若干解消されているかもです(PS2はやったこと無いので^^;)

主人公については、奈須先生が「わざと歪な性格にした」と語っており、私から見れば若干言動が変人ぽい感じでしたね。
でも確かに潔くて、決めるときは決める主人公でした。嫌いか好きかでいえば好きって答える人のほうが多いんじゃないでしょうか?

文章云々についてはやってみないと分かんないでしょうね~;
私は好きな感じですけど。「故に―――」とか、「なんて―――無様」とか。あぁ、後者は月姫ですが(^^;)


前述の通り今はPS2版が出てるのでそちらを買うほうが良いかもしれませんね。追加要素もありますし、なによりキャラにボイスが入っていますから。ボイス有る無しは大きいですからね。

ただどうしてもHシーンが見たい方はPC版をやるしかないですねw。有って無いような感じですけど(ぉ


ちなみにかなり長いです。プレイ時間60時間以上は見積もったほうがいいんじゃないでしょうか?
ですから物語をガッツリ楽しみたい方にはピッタリですね!
時間が無い人には・・・・厳しいかもしれんですねw。





まぁこんなかんじで、なんか紹介ていうよりレビューになってしまいましたが、どうでしょうか?少しは興味を持ってもらえました?
まぁこの作品は有名なんで知ってる人のほうが多いかもしれませんがw。

もし興味があれば漫画やアニメを見てみるのも良いかもしれませんね。
面白いことは確かですから。・・・私的には、ですけどw。



それでは今日はこの辺で、see you next day!(字あってる?)





フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)
(2007/04/19)
PlayStation2

商品詳細を見る

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。