ブログパーツ

07 | 2008/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日ハ寝不足ナリ。 

知り合いの方から、「長い」との忠告を頂いた私ですが、今度は違う友人からご指摘を賜りました。


友人N「エロゲの話wwwwwばっかwwwwwワロスwwwww」


まぁNが「そう伝えてくれ」と言われた友人伝いに聞いたのですが。


確かに・・・。その通りですwwww。
しかし、他に何を書けとwww。

Nは他にも「日記を書けや日記をwww」と言っていたらしいのですが、

あれあれ?いいのかな?
私が日記を書けば
「今日は何回(自主規制)した」とか、「今日は(自主規制)をあさっていた」とかになるのがオチですよ?

そんなものを書く訳にはいかないでしょう!
第一見たくもないでしょう!書いてる自分もドン引きですよ!


PCゲームのネタが多いのはここ最近の多くの時間をそちらに費やしているからで、
自然と増えていくのもしょうがないんですw!
言ってみれば、PCゲームのカテゴリが日記みたいなモンですw。
ていうかそういうことにしましょう。他に書くこと思いつかないしww。


まぁしかしそういう指摘を頂けるのはありがたいですね。なんか話の幅が広がりそうな気がします。
これからもご指摘があればやんわりと私にお教えください。
・・・・あくまでやんわりとですよ?www


なんか寝不足でテンションがおかしいので、今日はかなり変な内容になってしまいました。
自分でもなんかいつもとキャラ違うなーって感じですが、
もう眠たいのでこれで良いや・・・w
そろそろマンガの紹介でもしようかな・・・余裕があれば・・・。


それでは今日はこの辺でーノシ
追伸、昨日今日見てすぐさまこのブログの最大の欠点を見抜くとは・・・友人N、おそろしい子っ・・・!
まぁ誰でも見抜けるか・・・www
スポンサーサイト

昨日買ったマンガたち。 

知り合いの方から、「ブログ文章なげーよww」とのご指摘を頂きまして。
確かにその通りだと私も常々思っておりました(汗。

しかし、良い作品を紹介するとなると熱が入り自然と長く・・・。
中々のジレンマです。簡潔に書きたいとは思ってるんですがね・・・w


ということで今日は昨日買った本がどんなのかをサクッと書いていきたいと思いますw!



大体中古本で買ったのですが、

一つ目!
岩明 均先生の「ヒストリエ」!
読んだ感想はまた今度きちっと紹介しますが、
かなり面白かったです!今後の展開に期待大ですな!


二つ目!
桂 正和先生の「ZETMAN」!
この作品は友達に見せてもらって途中までは読んでいたんですが、
五巻から先は見せてもらっておらず、どうなっていたのかさっぱりでしたw。
最近「あ、集めよう」って気分にいきなりなって早速買っちゃいました!
これもホントに面白い!桂先生の書く女の子は芸術ですねww。


三つ目!
冬目景先生の「羊のうた」!
えっと、「イエスタデイをうたって」を書いてる人かな?たぶんだけど・・・。
なんとなく手に取って読んだら、不思議な雰囲気の作品だったので購入。
一冊100円だったのも魅力でしたねw。
まだ読んでないのでこれから読もうと思ってます。


四つ目!
柏原 麻美先生の「宙のまにまに」!
これは友人に薦められて。まぁ確かに気はなっていたのでこの際購入を決意。
しかしまだ読んでない・・・w


五つ目!
林 達永先生原作、朴晟佑先生作画の「黒神」!
まぁこれはなんとなく買いましたw。




この五つですね。この中で面白いのはまた後日改めて紹介したいと思います。



今日はここまで。まぁサクッと行ったのではないでしょうか?
何か物足りないなぁw。でも今日は疲れてるしこんなところで良いかなw

それではまたーノシ。

相互リンクのお知らせ 

なんと嬉しいことに、このブログに相互リンクをしてくださる方が、
2人もいらっしゃいました!
て言うことで、その御二方のブログを紹介します!


まず1つ目!碧さんの「五月病」です!
主に三国志大戦の事についての記事を作っていらっしゃいます。
丁寧な文なので対戦内容も分かりやすいですね!
私は三国志大戦やったこと無いのですが、このブログを見ていると無性に三国志大戦をやりたくなってきます。
まさに「五月病」マジックってやつですね!!

まぁ何にせよ、これからよろしくお願いします!



二つ目は、もやぎすさんの「もやつき」です!
なんか日々のアレについて紹介していくそうですw。なんじゃそりゃw。
私には真似できないような砕けた文体と、個性的な擬音が特徴的ですね。
私のような堅っ苦しいブログとは違う「何か」を提供してくれるんじゃないでしょうかw。

これからよろしくお願いします!



さて、今日はいろんな本屋を巡り、面白いものが無いか探してきました。
結果を述べると、大収穫でしたねw。

やっべwwwこれおもしれwwwと思える作品がいくつかありました。
この中でも選りすぐりのものを少しづつ紹介して行こうと思ってます。
最近ゲーム項目ばっか増えてきたことだしw。


それでは今日は短いですが、この辺にしたいと思います。
まぁコレぐらいの長さのほうが逆にいいかもしれないですねw。
でも紹介となると、短くまとめられないんですよねorz。


それではまた明日に。

9月購入予定のソフト! 

さて皆さん、先日8月発売の注目ソフトを紹介したのは覚えていますでしょか?
そのときにチラッと「9月のソフトを購入するつもり」と言ったと思うんですが、
今回はそれの紹介をしようと思います。


とりあえず、購入予定のソフトは2つ、どちらも9月26日に発売されます。


一本目は前回紹介した「続・殺戮のジャンゴ」の製作メーカー「nitro+」の新作、「スマガ」です!
この作品の発表がされてから購入は決めていたんですが、来月にようやく発売となりましたw。
「人生リベンジAVG」というジャンルらしいのですが、正直これだけではなんともかんともw。

しかし、原画家の津路参汰氏の絵は大好きですし、キャラデザもイイ!!スピカたまんねー!!
声優も手塚まきさんだし!あとの二人は別に・・・(汗。
後は主人公ですね・・・。カッコいい奴だと良いのですがw。

あと、エロゲとは思えないオサレな雰囲気も最高ですねw。なんかこう、デモムービーとか見てるだけで
テンション上がってきちゃいますw。
こんなの嫌が応でも期待しちゃいますってw!

まぁ現時点で一番良いと思ったのはなんといっても歌ですね。
デモに使われている曲、映像とあいまってすっごくオシャ(ryもとい、オサレでメチャクチャ気に入ってます。何回でもみてしまいますねコレw。
他にも挿入歌がたくさんあり、どれも耳に残るのばかり。
EDはいとうかなこさんが担当するのでコレも期待大!

そして何より、あの大槻ケンヂさんが挿入歌を歌っているというのが、私的には一番びっくりし、そして嬉しかったですね。
「さよなら絶望先生」で大槻さんにハマっていたのでw。
大槻さんの歌のタイトルは「あくびの戦士がふぁー」だそうですww。いやぁ、いいなぁ、たまんないなぁ、マジでwww。

ホームページなどをみれば分かりますが、今回はかなり音楽にこだわっているようで。
こんなに力を入れているよ、って感じがひしひしと伝わってきます。


ただ、問題がひとつ・・・。シナリオライターは下倉バイオ氏なんですよね。
「月光のカルネヴァーレ」のライターさんなんですがこの人の作品やったこと無いので、
自分に合うか心配です・・・。主人公をカッコよく書いてくれればそれで良いのですがw。
「体験版やれよ」って思う方もいるかもしれませんが、
私はこの作品は購入して一から楽しみたいと、変なこだわりを持っているので、
体験版をやるつもりは無いんですね、ハイ。
ま、ここはライターさんやニトロさんを信じますw。


それと、参考までにデモムービーを置いときます。


ということで、この紹介を書いてたらますます「スマガ」をやりたくなってきましたが、
楽しみに待っておきたいと思います!



2つ目の作品は、「Alice soft」さんの「AliveZ」です。
アリスソフトはこの道の老舗中の老舗、しかもいまだ業界のトップを走り続けている
キング・オブ・エロゲメーカーですww。

本当はランスの新作をを期待してたんですが、こちらも普通に面白そうだから買いたくなっちゃいました☆
アリスソフトのことだから、シナリオとかだけじゃなく、しっかりゲーム部分も作ってくれると思うので、
かなり期待してますww。

しかし、あいかわらず絵が可愛いなぁ、このキャラデザや絵も大きな購入ポイントとなったのは間違いないですね、ええww。




とりあえず、購入予定の2つはこんな感じですか。
「スマガ」の紹介がやたら長く、「AliveZ」の紹介がやたら短くなっちゃいましたが。
本当は「スマガ」のほうもサクッと紹介するつもりだったんですが、ホームページやら何やら見てたら
どんどん期待が膨らんでって、結果あんなに長くなっちゃいましたwww。

紹介文の長さは違いますが、どちらも同じくらい期待してます!
まぁまずはスマガかなぁ・・・。大槻さんの歌しっかり聞きたいしな・・・。
いやでも、AliveZもやりこむんならモチベーションがあるうちにだしなー・・・。
うーん、夢が広がりんぐ!!!

それでは今日はこの辺でーノシ。





スマガ 初回版スマガ 初回版
(2008/09/26)
Windows

商品詳細を見る

続・殺戮のジャンゴ 

さて皆さん、突然ですが「続・殺戮のジャンゴ」というゲームはご存知でしょうか?
今日はこのPCゲームを紹介して行きたいと思います!



まず、製作メーカーはあの「nitro+」。
そう、エロゲ業界において「燃えゲー」を作らせたら右に出るものはいない、あのニトロプラスです。

エロゲメーカーなのに硬派でハードボイルドな作品を多々輩出しており、
その一定したクオリティの高さから多くのエロゲプレイヤーを魅了してきた、言ってみればこの業界の一流ブランドですw。

その「nioro+」の2007年発売作品がこの「続・殺戮のジャンゴ」です。


では、この作品の魅力について語ってみたいと思います。


まず、シナリオライターは「虚淵玄」。
ニトロの処女作、「Phantom ~Phantom of inferno~」や、「ヴェドゴニア」、「鬼哭街」、そして「沙耶の唄」など、
数多くの名作良作を生み出してきたニトロの看板ライターです。
「沙耶の唄」を最後にしばらくニトロでシナリオを書いていなかったので、
この「殺戮のジャンゴ」は虚淵氏のニトロでの久しぶりの仕事になってたんですね。


そして演出面、ハッキリ言ってこの作品の演出は2007年時点では最高峰ではないでしょうか。
撃ち合いの演出、会話の演出、その時その時の状況の演出など素晴らしいです。
人が死んだときの演出が、紙の的が倒れたような見せ方になっているなど工夫を凝らしている点も
面白いですね。


次に音楽面、これは「ZIZZ STUDIO」が手がけており、いつもどおり素晴らしいBGMばかりでした!
ZIZZがいる限りニトロの音楽面は安泰じゃないでしょうか?
しかし、毎回ほんとに雰囲気に合った曲をお作りになる・・・。
作品にすんなり入り込むのにいかに音楽が重要か、身をもって教えてくれますw。


そして声優陣、まぁ言うことは無しですね。十分でしょう。
違和感のあるキャラは居ず、ピッタリだったと思います。しかし主人公役の岩田由貴さんって知らなかったなぁ。
ブロンディもばっちり。この人は「魔法少女アイ」以来じゃないかなぁ、声聞いたのw。相変わらずカッコいい声だします。
リリィ役の篠崎さんについてはもう語ることは無いでしょう、完璧ですw。
あと、ブウがいますってブウがwww.。ちょくちょく出てくるしwww.


キャラクター面については、どうなんでしょう?好みが出そうです・・・。
主要キャラクターはとりあえず声優陣で上げた主人公、そしてブロンディ、それとリリィなんですが、
まぁ個性については問題ないです。しっかりいい味出してます。
ですが、この三人、「あばずれ」なんです、つまりビッチ、大和撫子に憧れるオタクが忌み嫌うあのビッチですw。
主人公からして「毎晩男を誘い、月に一度はチェリーボーイを喰う」ほどのタガの外れ方ですw。
これが嫌いな人は、かなりキツイでしょうね。
この点は気をつけないと人によっては地雷認定かも知れないです。
まぁゲームの中だからなーw、それくらい気にはならないと思うけどw。



物語の尺はかなり短いです。十時間かかるかな・・・?
そしてエンディングはひとつです。たまにBADENDがありますが。
この短さについては賛否両論ですが、ゴールが一つというのは良かったですね。
非常にすっきりした終わり方で、プレイ後はすがすがしさすら感じましたw。
さすが虚淵氏、気持ちの良い物語でした(性的な意味でなく)。



私としては不満はほとんど無く、非常に楽しめました。
展開も続きがとても気になり、かなりワクワクしていたのを覚えてます。
長さも私的にはちょうど良く、中だるみも無く進んでいきました。
ひとつのエンターテイメント作品として楽しんでみると良いんじゃないでしょうか?



あと、参考までにOPムービー置いときます。よろしければどうぞ。
OPムービー


ちょっと長くなりすぎましたが、今日はこの辺で、さようならノシ。
追伸、これってサントラ無いのかな?あったら買うのに・・・。




続・殺戮のジャンゴ  ~地獄の賞金首~続・殺戮のジャンゴ ~地獄の賞金首~
(2007/07/27)
Windows

商品詳細を見る

8月29日発売PCゲーム! 

今日は、久しぶりに本屋に立ち寄り、何かめぼしいものが無いか物色して回りました。
とりあえず本日発売コーナーに先日紹介した「Fate/stay night」の最新刊が出てました。
まぁ私は買わないんですがw。

それで本日発売コーナーには欲しい物が無かったので、自分が集めている本の
新刊を買い漏らしていないか確認していたら、なんと!!!


ハチワンダイバー8巻出とるーーーー(゜∀゜)!!!!


いつの間にか出てたんですね・・・。新刊コーナーに無かったってことは、結構前・・・・?
キヅカンカッタ(´д`;)

当然のごとく購入し、早速読んでみる。
主人公の小指と対戦相手の命を懸けての勝負が始まるところでした。
この続き気になってたんだよな・・・。

相手は前に勝った事がある「マムシ」との対決。
ましてや以前よりさらに強くなった主人公には敵わないだろ、と読んでいたら
このマムシ、食い下がる食い下がるw。


結果は書きませんが、やはり今回も熱い展開でした!!
主人公が今まで戦ってきた真剣師達も少しながら登場し(会話の上でですが)、
主人公が今までやってきた勝負は無駄ではなかったと実感させてくれる展開でしたね!
十分に読み応えがあります!


そして後半、もはや将棋関係Neeeeeeeeeeeeee!!!!!

何じゃこりゃwww。しかしやはりハチワンダイバーらしい描き方でしたね。
シュールな部分も相変わらずw。笑えるなぁw。

ということで物語はここからどうなっていくのか、皆目見当つきませんがw、
9巻も楽しみですw。




さてさて、来たる8月29日は大量のPCゲームの発売日です。
その数は29作品!!
その中で私的に注目の作品を紹介して行こうと思います。
※作品のリンクは18歳未満閲覧禁止です。

まず一つ目!
水平線まで何マイル? - Deep Blue Sky & Pure White Wings -

えーと、どうやら鳥人間コンテストのお話らしいです。
ジャンル的には学園青春もの、で良いですかね。私としては学園王道物的なものを期待。
気になる方は体験版をダウンロードしてみてはいかがでしょう?


では二つ目!
てとてとライオン
OHPによるとジャンルは、「真夏の学園で恋を謳歌するAVG」だそうです。
この作品のメーカー「PULLTOP」は「美少女ゲームアワード2007」で大賞を受賞した
遥かに仰ぎ、麗しの(通称かにしの)」を発売しており、
てとてとライオン」はその「かにしの」の次の作品として中々期待されています。


最後に3つ目!
ふりフリ ~ふつうのまいにちにわりこんできた、フシギなリンジンたちのおはなしおはなし~
タイトルめっちゃ長いですが(^^;)
この作品のメーカーは、「130cm」。
このメーカーの中でも評価が高い「彼女たちの流儀」を書いたライターさんということで、注目ですね。
体験版もあるようです。


と、三つ紹介しといてなんですが私は今月は購入予定がありませんw。
というのも来月に向けてお金を貯めなければならないからです。
来月こそ私の待ちに待った月!ということで、近いうちに9月の注目作も紹介しようかなと考えてます。



とりあえず、今日はこんなとこです。
興味を持った方は体験版だけでもやってみるのはいかかでしょ?
それに今回紹介した作品だけでなく、他にもさまざまな作品が発売されるので
そちらも要チェックですよっ!!ではではノシ。





水平線まで何マイル?-Deep Blue Sky & Pure White Wings- 初回版水平線まで何マイル?-Deep Blue Sky & Pure White Wings- 初回版
(2008/08/29)
Windows

商品詳細を見る


第1回オススメアニメ? 

どうも、Julyです。
今日はオススメアニメを紹介したいと思います。


まず、なぜタイトルに「?」がついているかと言うと私自身そんなにアニメを見ないので、
有名どころしか紹介できないんですね。

だから私のオススメと言うより、私が見てきたアニメの紹介になっちゃうかも知れないですけど、
そこはご勘弁をw。


とりあえず今日はこちら!!









ゼロの使い魔




そう、ゼロの使い魔です!!


この作品は、ただいま第3期放送中のライトノベル原作の大人気?アニメで、
某○リー・ポッターを彷彿とさせる魔法世界での物語ですw。


この作品、何が面白いかと言うとやはり魅力的なキャラが第一に挙がりますね。
サブキャラもそうですが、やはり主要キャラのサイト、ルイズ、特にルイズの魅力は
ハンパ無いものがあり、多くの視聴者を虜にしました。

ルイズに虜にされた人



ハッキリ言って私は巷に溢れる萌えアニメには興味が無く、ストーリー重視で作品を見ていたので
ゼロの使い魔も、「何だこのアニメ、どうせただの萌えアニメだろ」と偏見で見るのを拒んでいました。
2ちゃんや他のサイトでも、ルイズ萌えだの、シエスタは俺の嫁だのという書き込みが多かったのも
これを敬遠していたひとつの要因でしたね。

しかし、ネットで騒がれている中であらすじやストーリーの魅力について目にするようになり、
「意外と物語が面白いんじゃないか」と、やっとこの作品をきちんと見る事を決めました。

・・・あくまでストーリー重視で。




そうして、今までの話をある程度見終わったころには、私も立派なキャラ萌えに目覚めていましたww。


ふひひw、シエスタ萌え、タバサ萌え、ルイズ、て言うか釘宮萌えwwwwww。



・・・・正直この作品のキャラを侮っていたようです。絵の可愛さもさることながら(同じ時期のアニメは作画崩壊全盛期でしたからw)、一人一人の個性も際立っていました。

私はキャラが誇りを持っている物語が好きなんですが、ルイズもサイトもシエスタもギーシュもその他諸々も、みんなそれぞれの誇りを持っており非常に感情移入しやすかったですねw。
ストーリー的にも、ガンダールヴとして徐々に覚醒していくサイト、実は伝説の虚無の担い手だったルイズ、そして時折出てくるこちらの世界の武器(ロケットランチャーや零戦)はとても興味をそそられ、見ごたえがありました。
基本的に主人公至上主義の私としても、ロケットランチャーや零戦を使いながら、ガンダールヴとして、そしてルイズの使い魔として頑張っている姿は十分にカッコよかったですw。


現在は第三期、三美姫の輪舞(プリンセッセのロンド)が放送中ですが、シリアス成分が足りず
私としては食傷気味。やっぱり私的にはストーリーが主なんで。
それにしても、後四話五話で三期も終わっちゃうんだな・・・はやいなぁorz



まぁ今日はこんなとこですね。
興味がある方は見てみてはどうでしょう?作画も安定してますし(ここ重要w)、ストーリーも面白いと思いますよ。
アニメが見れない環境の方はライトノベルのほうでも良いんじゃないでしょうか。
人によってはラノベのほうが良い、という意見も聞きます。
漫画のほうは良くわかんないですねw。申し訳ない。


では今日はこの辺でお暇いたします。ノシ
追伸、「スキ?キライ!?スキ!!!」は名曲。ですよね・・・?




ゼロの使い魔 (MF文庫J)ゼロの使い魔 (MF文庫J)
(2004/06)
ヤマグチ ノボル兎塚 エイジ

商品詳細を見る

第1回オススメゲーム 

野球、またまた負けてしまいました・・・。
まぁ準決勝で負けた時点で私的にはどうでも良くなりましたが。
結局メダル無し、プロの中でも精鋭を選んでおいてこの結果。正直やり切れませんね・・・。



―――とりあえずそれは置いといて。
今日はゲームのオススメを紹介したいと思いまーす!

今回の作品は、


Fate/stay night
です!(リンクは公式ホームページです※18歳未満閲覧禁止です


この作品は2004年に発売されたPCゲームで、まぁ所謂「美少女ゲーム」ですね。
そのPC美少女ゲーム業界における伝奇ノベルの傑作がこれです。

今やその圧倒的人気で様々なメディアに手を出しており、
アニメ化、コンシューマ化、小説化(これは若干異なりますが)、漫画化、遂には格闘ゲームにまでも進出しています。


発売からすでに4年もたつこの作品は今もファンの根強い人気に支えられています。
というのも、ストーリー、演出、キャラの魅力、その他もどれも高い水準でまとまっており、
「伝奇物といったらコレ!」と多くの人に納得させるほど面白いゲームだからです。


シナリオライターは奈須きのこ先生。
「きのこ節」と言われる独特な文章で非常に読ませる文なので、あっという間にストーリーに引き込まれていきますよ。
さらに奈須先生は自分の作品に独自の世界観を持っており、奈須先生が他に書いた「月姫」、「空の境界」、「魔法使いの夜」等と、「Fate」は舞台こそ違えど、同じ世界の中の作品というのも、また魅力的ですね。


もともと前評判が高かったこの作品、蓋を開けてみても期待通りの名作だったこともあり、
奈須先生のファン(ていうか信者)はさらに増えていきました。
この奈須先生の「Fate」に魅入られて、狂信化した人が言った「Fateは文学」というセリフは、あまりにも有名ですねw。


と、そんなエピソードはどうでも良くて。
この作品は燃えあり、萌えあり、笑いあり、熱血あり、感動ありとおおいにプレイヤーを楽しませてくれます。
特に熱血指数は中々のもんじゃないでしょうか?
単純に面白い話を読みたい人だけでなく、中二病的な展開を求む人も、感動を求む人にもオススメできますね。



とまぁ、良い所を書き綴ったわけですが、悪い点も多少は、あります。
箇条書きにさせてもらいますが、
 ・ストーリーにいくつかの矛盾がある
 ・音楽が少ししょぼい(人によってはぜんぜんダメと言う人も)
 ・主人公にイラッと来る(これも人によってはですが)
 ・奈須先生の文章が合わない(これもry)

こんなところですか。

音楽については、PS2で発売されている方は若干解消されているかもです(PS2はやったこと無いので^^;)

主人公については、奈須先生が「わざと歪な性格にした」と語っており、私から見れば若干言動が変人ぽい感じでしたね。
でも確かに潔くて、決めるときは決める主人公でした。嫌いか好きかでいえば好きって答える人のほうが多いんじゃないでしょうか?

文章云々についてはやってみないと分かんないでしょうね~;
私は好きな感じですけど。「故に―――」とか、「なんて―――無様」とか。あぁ、後者は月姫ですが(^^;)


前述の通り今はPS2版が出てるのでそちらを買うほうが良いかもしれませんね。追加要素もありますし、なによりキャラにボイスが入っていますから。ボイス有る無しは大きいですからね。

ただどうしてもHシーンが見たい方はPC版をやるしかないですねw。有って無いような感じですけど(ぉ


ちなみにかなり長いです。プレイ時間60時間以上は見積もったほうがいいんじゃないでしょうか?
ですから物語をガッツリ楽しみたい方にはピッタリですね!
時間が無い人には・・・・厳しいかもしれんですねw。





まぁこんなかんじで、なんか紹介ていうよりレビューになってしまいましたが、どうでしょうか?少しは興味を持ってもらえました?
まぁこの作品は有名なんで知ってる人のほうが多いかもしれませんがw。

もし興味があれば漫画やアニメを見てみるのも良いかもしれませんね。
面白いことは確かですから。・・・私的には、ですけどw。



それでは今日はこの辺で、see you next day!(字あってる?)





フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)
(2007/04/19)
PlayStation2

商品詳細を見る

第1回オススメ漫画 

野球、日本代表負けてしまいましたねorz。しかも韓国に二回目の負け。
もう、なんというか、本当に残念です。はぁorz。



ま、それはさておき、とりあえず今日は私のオススメの漫画をひとつ紹介したいと思いまーす。

その漫画はこちら!



ハチワンダイバー



ハチワンダイバーです!


この漫画は宝島社「このマンガがすごい!」2008年版オトコ編1位作品に輝いたマンガであり、すでにご存知の方も多いとは思いますが、まだこの作品を知らないという方のためにもこの作品を紹介させてもらいたいと思います(^ω^)。


この作品は「週刊ヤングジャンプ」で連載中の将棋漫画で、作者は柴田ヨクサル先生です。

今現在7巻まで発売しており、さらに今年5月にテレビドラマも放映されました。

いったいこの漫画の何が面白いのか、まぁ読んでもらえれば分かると思うんですが、


とにかく物語中の勢いが圧倒的なんです、特に登場人物の対局時は。


一つ一つの文字をやたらにでかくしたり、一コマ一コマが馬鹿みたい(ほめ言葉です)にデカかったりで、なんというか展開を視覚的に訴えてくるんです。なんか難しい言葉使っちゃいましたけど^^;。

そのおかげでテンポよく読め、さらに展開のうまさと勢いに引き込まれていってしまうんです。

さらに私のように将棋にあまり詳しくない人でも、しっかりとしたナレーションや説明が入るので「この状況はこうだからマズい」とか、「この駒がこういう風に働くから有利」とかの展開がとても分かりやすいんです。
だから、将棋を知らないからと言ってこの漫画を敬遠するのはもったいないと思いますね。


ですが、少々絵に癖があるので。嫌いな人は嫌いじゃないですかねー・・・女の子が可愛くないとか、女の子が可愛くないとか、女の子が可愛くないとか・・・・・
実際私の周りにもいましたし。


まぁ他にも気に入らない理由がある人もいるかと思いますけど、絵、ストーリー共に中々独特な作風なので一見の価値ありですよ。

作中での例を挙げてみると、



神野「お前はオッパイを揉んだら、将 棋 が 弱 く な る 」

主人公「そ ・ ・ ・ そ ん な バ カ な 」



・・・これだけで2ページ使うんですよ、中々無いですよ、こんな漫画。

笑い所もちょくちょくあるのでさらに面白く仕上がってる感じですね、上のオッパイとかw。

真面目にバカをやっている辺りがシュールで、個人的にはツボにハマるものばかりでした。





とりあえずそんな感じでこの作品に関して書いてきましたが、上手く語れないんですよねー、私の文章が拙いせいでorz。

難しいものですね、うまく紹介するのは。



ま、それはともかく、
私個人としてはこの作品は十二分に読むに値するものだと思います!
もし読んだことの無い方がいらっしゃれば、この紹介を見て、少しでも興味をそそられたら嬉しい限りですね!


では、今日はこの辺で、また次の更新でノシ。

追伸、作品紹介はもう少し簡潔に分かりやすく書こうと思っております、ハイ(^^;)。


オススメ度
★★★☆☆ 星3つ




ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
(2006/12/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る

二回目の更新 

どうも、Julyです。
今日は仕事が休みだったので、友人宅で「たこ焼きパーティー」なるものを実施してきました。

きっかけは私の単なる気まぐれだったので、実際にたこ焼きを焼き始めたのは10時過ぎになってしまいまして。
さらに男連中しかいなかったので「gdgdになるかなー」と心配していたのですが、そこは意外とすんなり行きました。たこ焼きの出来も良く、普通においしかったのでまぁ言いだしっぺとしては一安心でしたよ、はい。


ただ、「塩昆布入りたこ焼きはおいしい!」と、「ガキの使いやあらへんで!」で紹介されていたので試してみたんですが、これはあんまりおいしくなかったのが残念でしたね^^;。普通に天かす入りのがおいしかったんじゃないかな・・・・?

あと最後のほうは材料を全部使い切るために天かすやらタコを一つ一つのたこ焼きに大量に投入しましたw。
それはもはやたこ焼きとは呼べない代物になっていましたが、天かすのみでも満足してしまうジャンキーな舌を持つ私には特に問題無かったですねw。

まぁ思った以上に美味しく、さらに中々に和やか?な時間を過ごせたので私個人としては十分満足でしたね。

あぁー、次は鍋でもやるかなぁ、またどっか人ん家に転がり込んでwww。




なんかこれだけだと、全くオタッキーな内容じゃないなー、てっことでもうちょっと書きますw。


実は「たこ焼きパーティー」をやる前に友人と「GUILTY GEAR XX AC」という格ゲーをやっていたんですが、 この中のポチョムキンというキャラがいまして。

そしてこのキャラにはスライドヘッドという糞技がありまして。直前ガード(それなりに難しいガード)を駆使しなければ抜けられないような攻めをしてきまして・・・。

私のようなヘボプレイヤーにその攻めを抜けられるようなスキルは無くて、結局一回も勝てなかった訳ですよ!

えぇい、ちくしょう!なんだあの糞キャラは!ハメだよハメ!あれハメだよ!

友人Nよ!自分の力で勝ったのではないぞ!そのMS(筋肉ダルマ)の性能のおかげだということを忘れるな!

・・・やっぱりACは若干修正の余地があるのは否めないんじゃないかなー;。おもしろいんだけど。




・・・と、一通り負け惜しみも言ったし、ラルさんの名言も言えたし、今日はこの辺にしときます。

明日は、私のオススメ漫画をひとつ紹介したいと思います。お楽しみに。ノシ

自己紹介 

どーも、おはこんばんちわなら。もとい、初めまして。
このサイトは私、Julyの日常を綴ったり、「コレはおもしろい!」と思った
作品を紹介していくブログです。


ではまず軽く自己紹介をば。

とりあえず、私はそれなりにオタクです。これから更新していく内容もそれなりにオタっぽくなると思いますがご了承くださいw。
趣味はゲーム、アニメ、漫画などの、おもしろい作品を見つけることです!
それらを探すためによくネットもやっていますね。
このサイトを見てくれている方も「コレオススメだよ!」ってのがあればぜひ私に教えてください!


上に書いてある通りこのサイトでは、私がおもしろいと思った作品をどんどん紹介していきたいと考えています。
ジャンルは幅狭いですがw、私のサイトを見る事で、さまざまな作品を知る小さなきっかけにでもなってもらえれば嬉しいですね!


とりあえずぼつぼつ更新していく予定なので良ければちょくちょく見に来てください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。